Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

海外OVERSEAS

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

ヘルシー&ビューティーに効果あり!?ニューヨークでは「ローフード」が話題

カテゴリー:海外 / 雑学/美容

ヘルシー&ビューティーに効果あり!?ニューヨークでは「ローフード」が話題

国民のなんと60%以上が肥満といわれるアメリカ

世界の国の中でも「肥満大国」といったらやっぱりアメリカ。国民のなんと60%以上が肥満だというから驚きです。
その主な原因は、ハンバーガーやピザ、スナック菓子やアイスクリームなど、いかにもアメリカ的な食生活によるもので、明らかに脂質、動物性タンパク質の摂りすぎの人が多いようです。
ハンバーガーも日本のハンバーガーの3倍の重さはあるのですから、カロリーも軽く3倍はあります。あの体格でもカロリーオーバーになるのも当たりまえ(汗)
そんなアメリカ。
肥満が社会問題にもなるほどですから、新しいダイエット法が次々に登場しています。
数年ほど前からニューヨークのセレブやファッション関係者の中でヘルシー&ビューティー食として人気なのが「ローフード」。
ニューヨークではローフード専門レストランが続々オープンし、日本でも大ヒットしたドラマ「SEX AND THE CITY」でも主人公たちが着飾ってローフード専門レストランへ食事に出かけるシーンが登場するほど。
■ニューヨーカーにも大注目されている「ローフード」とは一体どんなもの?

食物が持っている酵素やビタミン、ミネラルなど破壊されることなく効率よく摂取できるローフード

ローフード(英語:raw food)とは、その名の通り、加工されていない生の食材(多くは有機栽培)を用いた食品、あるいは食材を極力生で摂取する食生活のこと。
いわゆるベジタリアンと混同してしまいそうですが、ローフードの定義は「生」であること。肉や魚、その他の動物性食品を食べてもOKです。
なぜ生にこだわるのかと言うと、食物が持っている酵素やビタミン、ミネラルなどは加熱によって損なわれがちですが、生で食べることによって、これらが破壊されることなく効率よく摂取できるとされているから。
効率よく摂取することによって、ダイエット効果はもちろんのこと、体の抵抗力がアップする、肌や髪の調子が良くなる、不眠症、便秘、むくみ、関節の痛み、ホルモンのアンバランスなど、常習的な体の不調が解消されると言われています。
また、酵素が破壊されないとされている摂氏46度以下であれば加熱調理も可。
このように、ローフードの支持者は、加熱しない食物を多く摂取することでダイエットや病気の予防、治療効果があると信じているようです。
ただし、実践するには注意が必要です。生肉や魚介類には食中毒の恐れがありますし、加熱調理することで、効果や吸収力が増加するビタミンや抗酸化物質もあります。

今回のまとめ

あまりストイックになりすぎると、逆に不足してしまう栄養素もあるので、実践するのであれば、生野菜のサラダや漬け物を添えるなど、普段の食事にプラスαするぐらいの感覚で、ほどよく取り入れるのがポイントですね。

Category : 海外 / 雑学/美容

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

注目のキーワード

この記事を読んだひとはこんな記事も読んでいます