雑学/美容TRIBIA/BEAUTY

Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする
Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

睡眠美容でいい女。眠りが育てる美人肌

睡眠をとることで、肌が昼間受けた様々なダメージの修復を図り、新しい細胞が作られると言われています。いきいきとした肌を保つには、睡眠が重要な要素の一つなのです
睡眠をとることで、肌が昼間受けた様々なダメージの修復を図り、新しい細胞が作られると言われています。いきいきとした肌を保つには、睡眠が重要な要素の一つなのです

昨年から美容業界ではキーワードとなっている"睡眠美容"。
そもそも睡眠美容とはどういうことか、プラセンタ・コラーゲン美容ドリンク開発の阿部さんに伺いました。

睡眠美容とは、睡眠をとることで、肌が昼間受けた様々なダメージ(紫外線・ストレス・汚れた空気)の修復を図り、新しい細胞が作られると言われています。いきいきとした肌を保つには、睡眠が重要な要素の一つなのです。
睡眠をとるだけで肌が回復するのですか?だったら週末はゴロゴロしちゃおうかな。
いやいや、ただ睡眠をとるだけでは、十分な効果は期待できません。効果を出すために幾つかの成分を十分に摂取しておく必要があります。
その一例が、「たんぱく質」と「ビタミンC」です。
『たんぱく質はきれいの根源』
肌組織を作っている栄養素は「たんぱく質」なのです。
肌のハリに欠かせないコラーゲンやエラスチンだって、たんぱく質の一種です。
「アミノ酸」もたんぱく質を構成している成分です。
さまざまな成分が「美容にいい」と言われていますが、根源となるのは、「たんぱく質」なのです。
また、たんぱく質は人の体に重要な成分のひとつです。
運動した後、筋肉痛になることってよくありますね。
これはいわば筋肉の組織が壊れ、傷ついている状態。
それを修復するために必要なのが、体が食べ物などから取り入れたたんぱく質なのです。
筋肉痛ほど激しいものではなくても、人が活動するとき、体の中でたんぱく質はこまめに使われています。
人が活動をしている間、たんぱく質は体の活動や筋肉の維持・修復使われていると理論上は考えられています。
なので、睡眠前にもたんぱく質をとることで、体の活動や筋肉の修復だけではなくお肌の修復にも効率的に使われる、ということになるのですね。

なるほどー、わかりやすいです。
たんぱく質の多い魚や肉、卵、大豆食品を寝る前にたくさん食べればいいのですね!

理論的には正しいですが、たんぱく質を寝る前に取ろうと思っても、例えばステーキやオムレツなんてカロリーが高すぎて食べられませんよね。ヘルシーなイメージのお豆腐ですら100gあたり72kcalあります。
比較的カロリーを気にせずたんぱく質をとるには、美容ドリンクを利用するのが一番でしょう。


体に取り込んだ後に紫外線を浴びてしまうとビタミンCは失われやすくなります。美容のためには、寝る前にビタミンCをたくさん取り込んだほうが効果的です

『美容に重要な栄養素の"ビタミンC"』
美容に重要な栄養素といわれるビタミンCの働きは、摂取したコラーゲンが体に吸収され、皮膚にいきわたるとき、その作用を助ける成分といわれています。
このビタミンCは紫外線に弱く、外の光や紫外線にさらされると分解されてしまいます。茶褐色のビンに入ったビタミンドリンクや美容ドリンクが多いですが、それは大敵である「光」を通さないためなのです。
体も同じこと。 体に取り込んだ後に紫外線を浴びてしまうとビタミンCは失われやすくなります。ということは、美容のためには、寝る前にビタミンCをたくさん取り込んだほうが、コラーゲン生成には有効というわけです。
こんな不安定なビタミンCが安定的に、体の中で働いてくれるようサポートする物質があります。それがビタミンP(ヘスペリジン)です。
ビタミンPは身近な食品としてはみかんにたくさん含まれています。
みかんといっても皮に多く含まれているのでこれをたくさん食べたりできませんよね。
寝る前に"たんぱく質""ビタミンC""ビタミンP"をとるためにはかなりたくさんの食事を取らなければならないですね。そんなに食べると体重が心配になってしまいます。
それを補うために、美容ドリンク「美Aid」は開発されたといっても過言ではありません。
美容ドリンクの「美Aid」は、コラーゲンやプラセンタといった成分ばかりが注目されていますが、良質なたんぱく質はもちろん、ビタミンC、ビタミンPも十分に含まれています。
そして寝る前に飲んでできるだけお腹にためこまないためにあえて少なめの30ml(ミリリットル)という量にしています。
寝る前に取り込んだコラーゲンなどの「たんぱく質」が効率的に吸収され、さらにそれらがお肌のために使われるように「ビタミンC」「ビタミンP」を配合。化粧品では届かない皮膚の深い部分の真皮(しんぴ)に働きかけ、いきいきとしたお肌を保つことができるのです。
美容ドリンクは、一日の中でいつ飲んでも効果は発揮できますが、最も効果的にするには、寝る前が一番いいということです。
せっかく飲むドリンクだから、少しでも体によく作用してくれる飲み方を工夫したいものですね。 おやすみ前の1本が、明日のきれいを約束してくれるでしょう。
biaid_mdnet.jpg

今回のまとめ

一日ごとに春めいてきて、気持ちも軽やかになる時期。なのに、お肌のほうは季節の変わり目でトラブルが起きやすくて……。そんなとき頼りになるのが、さっと飲めちゃう美容ドリンク。できるだけその効果を実感するならおやすみ前がベストなタイミングなんですね。

Category : 雑学/美容

注目のキーワード

この記事を読んだひとはこんな記事も読んでいます