MICRODIET.netとは?サイトマップ

RSSMICRODIET Online

microdiet.netは、女性のキレイを応援するダイエット・美容のニュースサイトです。

ダイエット・健康・美容のアレ・コレがわかるマイクロダイエットネット

雑学/美容


キャベツの葉2、3枚で1日分のビタミンC補給が!

3~5月が旬の春キャベツはまさに今が食べどきです。丸い形で巻きがゆるいのが特徴で、瑞々しく食感も柔らかいので、サラダなどの生食に向いています。

3~5月が旬の春キャベツはまさに今が食べどき。

丸い形で巻きがゆるいのが特徴で、瑞々しく食感も柔らかいので、サラダなどの生食に向いています。

1年を通して出回っているキャベツですが、春キャベツといわゆる普通のキャベツ(冬キャベツ)は実は別の品種。

冬キャベツは寒玉ともいわれ少し扁平で固くしまり、葉もしっかりしているので、特に煮込み料理や炒め物など、火を通す調理によく合います。

夏から秋によく見かける高原キャベツ(夏秋キャベツ)は、基本的には冬キャベツと同品種。高原など冷涼な気候の土地で栽培されます。

キャベツのビタミンC含有量がすごい!

ビタミンCは、免疫力を高めたり、美白作用、またコラーゲンを生成する上で不可欠で、美容に必須の栄養素です。
キャベツにはビタミンCが100g中41mg含まれていて、キャベツの葉を2、3枚食べるだけで、1日に必要な所要量を満たすことができてしまうんです!

これはレモン1/2個分とほぼ同じ量です。
仮に必要以上に摂取しても、余分な量はほとんど尿から排出されますので、摂りすぎても心配はありません。
これは水に溶けやすいビタミンCの特徴です。

キャベツには、100g中41mg含まれていて、キャベツの葉を2、3枚食べるだけで、1日に必要な所要量を満たすことができてしまうんです!レモン1/2個分とほぼ同じ量です。

そして忘れてはならないのが、ビタミンU
別名キャベジンと呼ばれ、キャベツを始めとするアブラナ科の野菜に多く含まれ、胃壁を守り、肝機能アップや活性酸素除去の働きをします。胃薬の主成分にも使われる健康成分なのです。

キャベツの葉の内側、外側共にビタミンやミネラル、アミノ酸が含まれていますが、中心に近い方にはビタミンCが多く含まれ、外側の緑色が強い部分にカロテンが多く含まれています。

つまりキャベツに含まれる栄養をバランスよく摂るためには、一枚ずつ外側からはがして使うよりも、包丁でざっくりと切って使う方が効率的です。

春キャベツの選び方

キャベツは種類によって選び方が違ってきます。
春キャベツと夏秋キャベツは、弾力があり、あまり葉の詰まっていないふんわりと巻いているものを選びます。

また、外葉につやがあって芯の切り口が小さめで葉脈が細めのものを選びましょう。
冬キャベツは逆に、固く、しっかりと巻いているものを選びましょう。

キャベツに豊富に含まれるビタミンC、Uともに水溶性ビタミンであることを考えると、やわらかい春キャベツこそ、生で食べるのがおすすめです。
千切りにして塩もみしたり、サラダ、甘酢漬け、ピクルスなどにしてはいかがでしょう。

その際、水にさらすのはNG。

ビタミンが流出するだけでなく、味わいも抜け出てしまいます。
やわらかな春キャベツは生食だけでなく、さっと火を通してもおいしいです。

かさも減るので量をたくさん食べることができます。加熱には電子レンジがおすすめです。
水を使わないのでビタミンの流出がなく、加熱による損失も少なくてすみます。

保存は、丸ごとなら新聞紙に包んで冷暗所、または保存袋などに入れて冷蔵庫の野菜室で。
いずれも芯を下にしましょう。
切ったものはラップに包んで冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。

今回のまとめ

キャベツがこんなにもビタミンCが豊富だったとは驚きです。食物繊維も豊富ですし、ダイエットにも美容にもおすすめの野菜です。

Category : 雑学/美容

カテゴリTOPへ戻る

TOPページへ戻る

マイクロダイエット公式

サニーヘルス公式オンラインショッピング

カテゴリー

雑学/
健康・ダイエット

ハロウィンといえばかぼちゃ!丸ごと食べて美肌や風邪予防に

掲載日:2018.10.19

雑学/美容

今からでも遅くない!O脚を直して美脚&脚長に

掲載日:2017.02.06

ニュース

マイクロダイエットリゾット&パスタシリーズニューアル

掲載日:2013.12.16


人気記事ランキング

  1. 低糖質・高タンパクの煮干しダイエッ

    カタクチイワシなどの小魚を煮て干す工程を経て作られる、煮干し。 出汁用やおつまみ

  2. 食事代わりにお菓子を食べている人は

    やせたい。でもお菓子やスイーツがどうしても食べたい...じゃあ、いっそのこと食事

  3. ヨーグルトは夜がオススメ!夜ヨーグ

    ヨーグルトには乳酸菌などの善玉菌がたっぷり含まれています。 善玉菌の働きは、悪玉

  4. 「もち麦」がメタボに有効と話題に!

    「もち麦」のダイエットバワーが今注目を集めています。 もち麦とは大麦の一種で、米

  5. ダイエットに使い分けたい「水溶性食

    五大栄養素と呼ばれている、①タンパク質、②脂質、③糖質、④ビタミン、⑤ミネラルの

人気記事ランキング

  1. 太るサラダとダイエット向きサラダ 

    美容や健康、ダイエットなどのために、積極的にサラダを食べる人は多いと思いますが、

  2. 野菜ジュースを飲めば、野菜を食べる

    美容や健康に関心があっても、忙しくてなかなか十分な野菜を食べられない。そんな現代

  3. ダイエット中に太らないアイスの選び

    アイスの美味しい季節となってまいりました! でも冷たくて甘いアイスには、多量の砂

  4. 生食すれば医者いらず!大根おろしの

    昔から「大根おろしに医者いらず」という言葉があるように、大根おろしは様々な面から

  5. 冬が旬の根菜類には体を温める作用が

    食品には体を温めるもの・冷やすものがあります。 体を温めてくれる食品は、にんじん

  1. 体脂肪を燃焼させる!?「ケトン体ダ
  2. 女優やモデルも「白湯」の虜に!飲む
  3. 栄養なんてある?と思われがちな「ジ
  4. 体に良い油・悪い油、種類を知ってキ
  5. 「固太り」ってどうしたらいいの?原
  6. 1日10分で脂肪燃焼!なわとびダイ
  7. 「やせる」と話題沸騰中のサバ缶、食
  8. もやしダイエットは低カロリーで栄養
  9. 長寿日本一の沖縄が首位から急転落!
  10. バターとマーガリンどっちを選ぶべき


サニーヘルス公式オンラインショッピング

サニーヘルス 口コミ・レビュー

みんなの体験談

画像で記事を探す









カロリーセーブスーパー公式サイトはこちら

ダイエット体験談



[PR]

話題のダイエット方法ならe-dietnavi「イーダイエットナビ」

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

SSL グローバルサインのサイトシール

(C) Copyright 2018 Sunny Health. All Rights Reserved.