雑学/美容TRIBIA/BEAUTY

Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする
Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

手指の割れ&ガサガサかかと対策②

かかとの皮膚が厚くなると、乾燥で割れやすくなります。
かかとの皮膚が厚くなると、乾燥で割れやすくなります。

厄介な肌トラブルを解消し、快適なウィンターライフを

●かかと対策
【角質ケア&保湿】

かかとの皮膚が厚くなると、乾燥で割れやすくなります。入浴などで皮膚が柔らかくなったとき、余分な角質を軽石で落としましょう。

入浴後は、ワセリンや尿素入りの保湿クリームを塗ってソックスを履き、保湿状態を長時間保つことが大切です。

 

入浴などで皮膚が柔らかくなったとき、余分な角質を軽石で落としましょう。

●それでも手足の荒れが治らないときは

1)手指のひび割れやあかぎれ、かかとの荒れを治療する外用薬が市販されています。薬局などで相談してみるとよいでしょう。

2)ケアしても手荒れが良くならないときは、皮膚科で治療しましょう。爪の周りなどがかゆくなり、皮がむける場合、成人型アトピー性皮膚炎の可能性もあります。

3)かかとのひび割れの原因が、乾燥ではなく水虫という可能性もあります。かゆみを伴わなくても、直りが悪く、足裏全体が厚くなって皮がむけるようでしたら、皮膚科で診てもらう必要があるかもしれません。

今回のまとめ

どうして角質はできるのでしょうか?
ひざやひじは他の肌と比べて毛穴や皮脂腺の数が少なく、汗や皮脂があまり出ないうえに、ほおづえをついたりひざを床につけたりと、日常の動作の中で刺激を受けやすいため、皮膚の防御作用により角質が厚くなる傾向に。結果、ガサガサしたり、ゴワついたり、黒ずみが出やすくなるというわけです。

前回の記事と合わせて、ひび割れ対策、角質ケアをしっかりしてくださいね。

Category : 雑学/美容

注目のキーワード

この記事を読んだひとはこんな記事も読んでいます