Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

雑学/美容TRIBIA/BEAUTY

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

髪や頭皮にあったシャンプーを選びましょう ~シャンプーの洗浄成分いろいろ~

カテゴリー:雑学/美容

髪や頭皮にあったシャンプーを選びましょう ~シャンプーの洗浄成分いろいろ~

頭皮や髪に優しいのがアミノ酸系シャンプーです。汚れを落としながら、必要な皮脂は残してくれます。

ドラッグストアやスーパーなどには数多くのシャンプーが並んでいます。どれを選べばよいか迷ってしまいますよね?そんな時は、シャンプーの主要成分である「洗浄成分」に着目してみてはいかがでしょうか。

洗浄成分の中でも、最も一般的な高級アルコール系シャンプーは、洗浄力が強く、肌の弱い方には不向きです。
一方、洗浄力ではやや劣るものの、頭皮や髪に優しいのがアミノ酸系シャンプーです。汚れを落としながら、必要な皮脂は残してくれます。値段がやや高めですが、頭皮や髪をいたわりたい方にはおすすめです。

また、どうもシャンプーが合わないと感じているようでしたら、下記の洗浄成分を参考に、シャンプーを変えてみるのもよいでしょう。

美しい髪を保つのためには、自分に合った洗浄成分のシャンプーを選び、何よりも大切なのは頭皮をしっかり洗うこと。

◆洗浄成分「高級アルコール系」
代表的な成分:ラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Naなど(名前に「硫酸」がつく成分)
特徴と問題点:安価で泡立ちは良いが、脱脂力、タンパク質変性作用が強い。

◆洗浄成分「石けん系」
代表的な成分:カリ石ケン素地
特徴と問題点:洗浄力は高いが、アルカリ性で髪へのダメージが大きい。

◆洗浄成分「アミノ酸系」
代表的な成分:ココイルグルタミン酸TEA、ココイルアラニンTEA、ラウラミノプロピオン酸Na
特徴と問題点:高価で泡立ちは劣るものの刺激が少なく、頭皮に優しい。洗浄成分そのものに保湿力がある。

■正しいシャンプーしていますか?
美しい髪を保つのためには、自分に合った洗浄成分のシャンプーを選び、何よりも大切なのは頭皮をしっかり洗うこと。
まず目の粗いブラシでよくとかし、ほこりを落としたら予洗いをします。シャワーヘッドを地肌に付け、頭皮からしっかり洗いましょう。
この予洗いで、髪と頭皮の汚れはほとんど落とせるといいます。水気を切ったらシャンプー液を付けて、本洗いしてみてください。泡立ちもよく、髪も頭皮もしっかり洗えます。

Category : 雑学/美容

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

注目のキーワード

この記事を読んだひとはこんな記事も読んでいます