Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

雑学/美容TRIBIA/BEAUTY

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

年末年始の”飲みすぎ食べすぎ”これで解決!

カテゴリー:雑学/美容

年末年始の”飲みすぎ食べすぎ”これで解決!

厚生労働省は「節度ある適度な飲酒」の中で、1日平均、純アルコールで 20g程度を適量としています。

12月は忘年会シーズン。友達や職場の仲間と飲む機会も増えがち。そこで、二日酔いやおつまみ太りにならないためのとっておきの対策を紹介しましょう。


■ご存じですか?節度ある飲酒の量

厚生労働省は「節度ある適度な飲酒」の中で、1日平均、純アルコールで 20g程度を適量としています。「そんなの決まってたの?」と思う方がほとんどでしょう。実際、アルコールを代謝する能力には個人差があり、体調によっても酔い具合は変わるといわれています。

 

悪酔いや二日酔い予防「飲み方編」

飲んだアルコールは肝臓で分解され、体外に排出されます。この働きが代謝ですが、実は水は排出をスムーズにして肝臓の代謝を助ける働きがあるのです。悪酔いや二日酔いの予防には、お酒と一緒にお水やウーロン茶などのノンアルコール飲料を飲むのがおすすめです。

悪酔いや二日酔い予防「食べ方編」

おつまみを食べるときも、代謝を助ける栄養が豊富な枝豆やサラダなど野菜中心に、バランスのよい低カロリー食を意識しましょう。油ものは消化に時間がかかるため、肝臓にも負担がかかり、二日酔いになりやすいのです。また、余ったカロリーは肝臓に中性脂肪としてストックされるので、肥満や脂肪肝の危険も。

 

おつまみを食べるときも、代謝を助ける栄養が豊富な枝豆やサラダなど野菜中心に、バランスのよい低カロリー食を意識しましょう。

◎おつまみのポイント1:揚げ物を食べる時は、衣をチェック!

同じ食材の揚げ物でも衣のつけ方でカロリーは変わります。最も低カロリーなのは素揚げ。次に天ぷら、フライ。衣が厚いほど油をたくさん吸うのでカロリーが高くなります。

◎おつまみのポイント2:同じ調理法でも切り方でカロリーオフ!

炭水化物を油で揚げたポテトフライは、とても高カロリー。さらに塩味が後を引くので、つい食べすぎてしまいがち。細切りになるほど油を吸う面積が増え、カロリーアップするので要注意

◎おつまみのポイント3:サラダのポイントはドレッシングにあり!<

サラダにはノンオイルドレッシングがベストです。オイルの入ったタイプなら量に注意し、少量ずつ様子を見ながら使いましょう。マヨネーズ系は避けた方がベターです。

■お酒を飲む時に心がけたい3カ条
1)お水をたっぷり飲む。
2)空腹のまま飲まない。
3)おつまみは賢くチョイス。

 

Category : 雑学/美容

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

注目のキーワード

この記事を読んだひとはこんな記事も読んでいます