Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

雑学/美容TRIBIA/BEAUTY

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

かしこく乗り切ろう!風邪・インフルエンザ徹底予防対策

カテゴリー:雑学/美容

かしこく乗り切ろう!風邪・インフルエンザ徹底予防対策

偏食を避け、バランスよく栄養を摂ることが大切。特にビタミンCは健康維持に欠かせない栄養素なので積極的に摂りたいものです。

■今日から実践!5つの対策

風邪の病原は非常に多く、ワクチンを作ることが事実上不可能なため、「風邪の特効薬を発見するとノーベル賞がもらえる」とまでいわれています。それほどやっかいな風邪・インフルエンザに立ち向かうには、日頃から免疫力を高める生活習慣を身につけることが何よりも大切です。

◎対策1:十分な睡眠

風邪のひき始めに休む時間を惜しんで、こじらせてしまうのはよくあること。睡眠は、免疫細胞の働きを促進し、風邪ウイルスを退治して、回復を早めてくれます。無理をして睡眠時間を削ったり、休息をきちんととらないと、風邪にかかりやすくなりますので、普段から質のよい睡眠をとって風邪を予防しましょう。

◎対策2:バランスのとれた食事

偏食を避け、バランスよく栄養を摂ることが大切。特にビタミンCは健康維持に欠かせない栄養素なので積極的に摂りたいものです。この他、エネルギー産生に必要なビタミンB群、鼻やのどの粘膜を強化する働きのあるビタミンA、アミノ酸が豊富な動物性タンパク質も効果的です。

帰宅時や食事前だけでなく、電車のつり革やドアノブなどを触った後もしっかり手洗いを。

◎対策3:温度・湿度のコントロール

エアコンに頼って暖かく快適に過ごしていると、寒さに対する抵抗力が弱まる上、室内の乾燥も進み、ウイルスも発生しやすくなります。ウイルスは高温・多湿に弱いので、設定温度は20~25℃にし、加湿器などで湿度を上げる工夫を。湿度50%でウイルスの生存率は約3%とも言われます。

◎対策4:できるだけ鼻呼吸を

鼻咽喉にはウイルス探知の働きがあり、外部からウイルスや細菌が侵入した際、センサーが働きウイルスと闘う免疫物質の増加を促す信号が発信されます。また、鼻の粘膜や鼻毛がフィルターの役割をはたし、細菌やウイルスの侵入を防ぐ効果も。口呼吸の場合、この鼻咽喉を通過しないため、免疫力が弱まりやすいのです。

◎対策5:正しい手洗い

風邪やインフルエンザは"手"を介して感染するとも言われます。帰宅時や食事前だけでなく、電車のつり革やドアノブなどを触った後もしっかり手洗いを。汚れが残りやすい箇所は特に丁寧に洗いましょう。

Category : 雑学/美容

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

注目のキーワード

この記事を読んだひとはこんな記事も読んでいます