Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

雑学/健康・ダイエットTRIBIA/HEALTH-DIET

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

11月20日はピザの日 トマトソースとチーズの美容効果に期待!

カテゴリー:雑学/健康・ダイエット / 雑学/美容

11月20日はピザの日 トマトソースとチーズの美容効果に期待!

イタリア国旗の白(モッツァレラチーズ)、赤(トマトソース)、緑(バジル)を使ったピザをマルゲリータ王妃のために作ったことがきっかけで生まれた「ピッツア・マルゲリータ」。

11月20日はピザの日です。

トマトソース、モッツァレラチーズ、バジルで構成された、誰もが知るベーシックなピザである「ピッツア・マルゲリータ」の名前の由来となったイタリア王妃マルゲリータの誕生日が11月20日であることから、この日がピザの日に制定されました。

19世紀にイタリアを統一したサヴォイ家の王妃マルゲリータが、ナポリピッツァで知られるイタリア南部のナポリを訪れた際に、ピザ職人がイタリア国旗の白(モッツァレラチーズ)、赤(トマトソース)、緑(バジル)を使ったピザをこの王妃のために作りました。王妃はこれをとても気に入り、これが「ピッツア・マルゲリータ」の始まりとなりました。

■ピザのトマトソースとチーズに美容効果が!

ピザは日本でも大人気のメニューです。
でもチーズたっぷり、炭水化物ガッツリで、ダイエット中には控えたほうが良さそうな印象がありますよね。しかしその心配が必要なのは、デリバリーでよく見かけるトッピング満載、質の悪い油が多用されたピザであって、レストランで食べるようなシンプルなイタリアンピザはむしろバランスが良いと言っても過言ではありません。ダイエット中にピザが食べたくなったらデリバリーのピザではなく、レストランで食べるか自作することをオススメします。

イタリアンピザを構成するのは、生地、トマトソース、チーズの3つが基本となっています。本格的なお店ではチーズを使わない「マリナーラ」や、トマトソースがなく4種のチーズで構成された「クワトロフォルマッジォ」というピザなどもありますが、ここではプレーンに焦点を絞ってみましょう。

●生地
小麦粉がベースとなっているので、言わずもがな炭水化物の塊です。しかしながら、現在は炭水化物抜きダイエット全盛とは言え、1日に必要なエネルギーの約6割は炭水化物から摂取することが日本人にとって最適だと言われています。適量を食べる分には全く問題ありませんし、極端に減らし不足してしまうと疲労感、集中力の低下、口臭や体臭が強くなる(ダイエット臭=ケトン臭)などの症状が現れます。やせても臭くなってしまったら、魅力は半減以下です。

本場イタリアのピザは、日本のデリバリーでよく見かけるようなアメリカンピザとは全く異なり、余計なものの入っていないシンプルなものがメイン。太る食べ物というよりはむしろ、一食でバランスの取れたメニューと言っても過言ではありません。

●トマトソース
生のトマトが苦手な人も、トマトソースなら大丈夫だという人も少なくないようです。
トマトにはβカロテン(体内でビタミンAに変換)、ビタミンC、ビタミンEが含まれ、これらはビタミンACE(エース)と呼ばれていて、同時に摂取することで互いに相乗効果を生み、美肌ケアや体のエイジングケアに効果的です。
また、トマトの赤い色素は「リコピン」と呼ばれるフラボノイドの一種でβカロテンの倍以上の抗酸化作用を持ち、生活習慣病の予防に期待ができる栄養素として近年非常に注目されています。このほか、トマトには余計な塩分を排出する作用を持つカリウム、クエン酸、リンゴ酸といった様々な栄養分が豊富に含有されており、ヨーロッパでは昔から「トマトが赤くなると医者が青くなる」という諺(ことわざ)があるのも納得です。

アメリカのハーバード大学による研究では、リコピンが吸収されやすいトマトソースを使った料理は、病気の予防にも効果的だという報告があります。

●チーズ
乳脂肪が多いためダイエッターには敬遠されがちなチーズですが、同時に高栄養価の食品でもあります。もともと栄養価の高い牛乳を原料とするチーズは、牛乳の栄養成分が濃縮されています。チーズ100gを作るためには、牛乳は10倍の1000mlもの量が必要なのです。日本人が慢性的に不足しがちな栄養素としてカルシウムが挙げられますが、チーズはカルシウムを多く含み、その吸収率も優れています。またチーズにはビタミンAやビタミンB2が豊富に含まれています。

ビタミンAは皮膚や粘膜を健康に保つ働きがあり、ビタミンB2は摂取した脂肪を燃焼させ、体内に蓄積させない役割を持っています。

しかも牛乳を飲むとお腹がゴロゴロしてしまう人でも、同じ乳製品であるチーズの場合では、その心配はありません。お腹の調子が悪くなるのは、牛乳に含まれている乳糖によるもの(乳糖不耐症)。チーズには乳糖が少ないため、そうした状態にはなりません。
このようにチーズにはカルシウムをはじめ、ビタミン、ミネラル、タンパク質、脂肪など、身体を維持するうえで欠かすことのできない栄養素のほとんどを含む高栄養食品です。

●オリーブオイル
ピザを焼く際にかけるだけでなく、生地にも使用されています。
油はダイエットの天敵だと思われがちですが、オリーブオイルから始まりココナッツオイルやアマニ油などの台頭により、最近では体に良い油を摂ることが美容やダイエットに良いという認識が広まってきていますよね。
オリーブオイルはオリーブの実から搾り取る、言わば「フレッシュジュース」のようなものです。血中コレステロールを減らすことで注目されているオレイン酸をはじめ、ビタミンE、βカロテン、ポリフェノールなど、美容と健康に嬉しい成分を含んでいるので、体に良い油として日本人の食卓にもすっかり定着していますね。
体に対して抗酸化作用があり、生活習慣病を予防するだけでなく、オイル自体が酸化しにくい特徴を持っているため、加熱調理に向いています。

Category : 雑学/健康・ダイエット / 雑学/美容

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

注目のキーワード

この記事を読んだひとはこんな記事も読んでいます