Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

雑学/美容TRIBIA/BEAUTY

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

キウイたった1個でビタミンC1日の摂取目安の7割が摂れる!

カテゴリー:雑学/美容

キウイたった1個でビタミンC1日の摂取目安の7割が摂れる!

葉酸が体内で働く際にはビタミンCが必要となりますが、キウイならこの両方を含んでいるため、妊娠中のフルーツにはキウイがオススメです。

キウイというと、ニュージーランド産などの輸入物が年中出回っているような印象がありますが、国産のキウイは11月~12月頃が旬です。
種類によって旬の時期は少し異なりますが、大抵がこのシーズン。

キウイは酸っぱい印象ばかりが強く、以前はあまり好んで食べることはありませんでしたが、熟した旬の国産キウイを食べてみたら、こんなに甘くておいしいものだったのかと驚いたものです。
しかも栄養価が非常に高く、1個(100g前後)あたり53kcalと低カロリーかつ、女性に欠かせない成分がたっぷり詰まっています。

【フルーツ界トップクラスのビタミンC含有量】

100g中70mg前後(品種によって多少誤差あり)もの含有量で、なんとみかんの倍以上!
成人女性が1日に摂取すべきビタミンC量の70%を摂ることができます。

ビタミンCは風邪予防に良いことで広く知られているように、寒い時期にこそ積極的に摂りたい成分です。
美容面では、コラーゲンの生成促進や美白、エイジングケアなど、肌を美しく保つことに役立ちます。
他に、ホルモン分泌の調整、抗ストレス、疲労の軽減などの働きもあります。体の中に蓄積させることができないため、毎日摂取するべき栄養素です。

【ビタミンEでエイジングケア】
100g中1.3mgとフルーツの中では多く含まれています。
ビタミンEには強い抗酸化作用があり、美肌やエイジングケアに関心が高い人が積極的に取り入れている成分です。
末梢血管を広げ血行を良くする働きもあり、代謝を良くし、血行障害からくる肩こり、頭痛、冷え性等の症状を改善する効果もあります。
キウイに豊富に含まれるビタミンCと一緒に摂取することで、抗酸化作用の相乗効果があります。

【妊娠中に欠かせない葉酸も!】
100gあたり36μgの葉酸が含まれています。
ビタミンB群の1種で、体の細胞が作られる際に必須の栄養素です。また、鉄分とともに血液を作る材料となりますので、貧血の予防や改善には葉酸が必要です。
胎児の正常な発育にも欠かせません。
葉酸が体内で働く際にはビタミンCが必要となりますが、キウイならこの両方を含んでいるため、妊娠中のフルーツにはキウイがオススメです。

成人女性が1日に摂取すべきビタミンC量の70%を摂ることができます。ビタミンCは風邪予防に良いことで広く知られているように、寒い時期にこそ積極的に摂りたい成分です。

【カリウムでむくみ解消】
カリウムはフルーツ全般に含まれていますが、その中でも100gあたり290mgと、バナナ、メロンに次いで多く含まれています。
カリウムを十分に摂ることで体内の塩分バランスが整えられ、余計な塩分を排出して体の塩分濃度や水分量を調整する働きがありますので、むくみの解消に効果があります。

【お腹すっきり効果の食物繊維】
第六の栄養素として注目されている食物繊維。カリウム同様、フルーツ全般に食物繊維は豊富な傾向がありますが、キウイは100gあたり2.5gと含有量はかなり多いほうです。
食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があり、キウイは両方をバランスよく含んでおり、腸内環境を整え便通をスムーズにする効果があります。
他に、デトックス効果、ダイエット効果がよく知られています。

【酵素】
キウイには「アクチニジン」というタンパク質分解酵素が含まれています。肉や魚などのタンパク質を分解し、消化吸収をサポートして胃腸への負担を軽減する働きをします。肉料理の下ごしらえに生のキウイを使うと、お肉が柔らかくなる効果もあります。

【有機酸】
キウイの酸味成分はクエン酸、キナ酸、リンゴ酸などの有機酸です。体内のエネルギー代謝を円滑にする、疲労回復、鉄やカルシウムなどミネラルの吸収促進、血行の改善などの働きがあります。

■おいしいキウイの選び方

店頭で熟したキウイを選ぶ際には、上下の軸の部分を指先で挟むように持ち、柔らかさを感じるものが食べごろです。
傷のあるものはその部分から傷みやすくなるので、避けたほうが良いでしょう。
固い物を購入し、自宅で追熟させることもできます。追熟の方法は、そのまま室内に置いておくほか、バナナやリンゴなど「エチレンガス」という植物ホルモンを出すフルーツと一緒に袋に入れておくと、追熟を早めることができます。

今回のまとめ

キウイに酸っぱいイメージを持つ人は多いと思いますが、熟したものをぜひ食べてみてくださいね。
たったの1個でしっかりビタミンCチャージができるので、美肌と風邪予防の両方に役立ちます。

Category : 雑学/美容

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

注目のキーワード

この記事を読んだひとはこんな記事も読んでいます