Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

ニュースNEWS

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

長寿日本一の沖縄が首位から急転落!沖縄県民を取り巻く食環境の実態

カテゴリー:ニュース / 雑学/健康・ダイエット

長寿日本一の沖縄が首位から急転落!沖縄県民を取り巻く食環境の実態

ファーストフード店が日本に初めてできたのも沖縄県。学生は1週間に2,3回はファーストフードを食べている実態が!

食の欧米化が急速進行
日本一の長寿県といえば沖縄。しかし近年、異変が起きています。
2005年に厚生労働省が発表した都道府県別の平均寿命では、沖縄の女性は1位を守り続けているものの、男性が1985年の1位から一気に25位にまで転落したのです!
その大きな原因が肥満者の増加です。例えば男性の平均寿命の順位が大幅に下落しつつあった1998年の肥満者の割合を見ると、男女とも平均より高い水準を示しており、20代、40代、50代の男性、そして40代、50代の女性が全国平均の2倍にもなっています。
戦後、沖縄はアメリカの占領期を経て、それまでの伝統的な食文化は一変し、「食の欧米化」が進みました。この「食の欧米化」の影響が沖縄の平均寿命を下げていると言われています。
ファーストフード店が日本に初めてできたのも沖縄県で、学生を対象にした調査によると、沖縄生まれの学生は1週間に2,3回はファーストフードを食べていますが、本土から来た学生はそれほど頻繁には食べていませんでした。


■モータリゼーション化で運動不足に

沖縄県福祉保険部健康増進課、沖縄県衛生研究所:26ショック!沖縄県の平均寿命と死亡状況-平成16年地域保険推進特別対策事業-より作成

肥満が増えたもう一つの理由は、急速に広がった車社会の影響です。
沖縄には鉄道がありません。そのため、移動手段は、徒歩か車。暑いなか歩くというのは大変ですから、どんどん車社会に移行していきました。
現在ではおよそ人口2人に1台の割合で車を保有しており、成人のほとんどが車を持っているといっても過言ではありません。
また近年では、昔からあった個人営業の八百屋さん、肉屋さんなどがどんどんなくなってしまい、新しくできたスーパーに車で移動して買いものをするような生活に変化してきました。つまり、車社会の進行が運動不足に拍車をかけているわけです。さらにそのスーパーの中でハンバーガーをはじめとするファーストフードを食べている県民の姿を見ることも少なくありません。
■全国を上回る糖尿病の広がり
沖縄県に肥満が多いことは厚生労働省の調査でもわかっています。
BMIという肥満の度合いを示す指標でみると、男性でも女性でも沖縄県が全国1位、また男性の5割近くが肥満と驚きのデータがあります。
この結果は、沖縄県の糖尿病患者数にもあらわれています。
1991年にはほぼ4%であった2型糖尿病患者の割合が、2004年までの14年間で8%程度に倍増しているのです。

今回のまとめ

生活習慣の乱れが寿命を縮める

食生活の欧米化、運動不足による生活習慣の乱れ、それらの結果としての肥満。その肥満から引き起こされる生活習慣の増大、さらには死亡率の上昇...。

沖縄問題は肥満の恐ろしさを顕著に物語っているといえるでしょう。

「肥満は恐ろしい...」

Category : ニュース / 雑学/健康・ダイエット

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

注目のキーワード

この記事を読んだひとはこんな記事も読んでいます