Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

ニュースNEWS

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

違法薬物を含む海外からの”やせ薬”の恐怖

カテゴリー:ニュース / 海外 / 雑学/健康・ダイエット

違法薬物を含む海外からの”やせ薬”の恐怖

海外のマーケットでは簡単にやせ薬が手に入ってしまう

「好きなだけ食べても大丈夫!」
「食事制限なしでマイナス○kg!」
飲むだけでやせるという'やせ薬'の広告でよく見かけるこんな宣伝文句。本当に効くのかしら?と半信半疑ながらも、楽してやせられるというなら、やっぱり気になりますよね。でもそんな都合のいいもの、体に害はないのでしょうか?
つい先日も、タイ製のやせ薬を服用した女性が不整脈などで亡くなったというニュースを耳にしました。
体型を気にする女性の心をくすぐるキャッチフレーズと、インターネットなどで手に入る手軽さから、外国製のやせ薬が人気を集めているようです。
しかしその一方、国内で未承認の医薬品成分や、向精神薬成分が含まれていたりするなどの危険性をはらんでいます。
こうしたやせ薬は、有効性や安全性が国内で確認されていないため、服用者の体調や持病、他の服用薬などの関係で、重い健康被害が出る可能性があります。
実際、健康被害が後を絶たず、厚労省の担当者は外国製やせ薬の安易な利用に警鐘を鳴らしています。

有効性や安全性が国内で確認されていないため、服用者の体調や持病、他の服用薬などの関係で、重い健康被害が出る可能性があります

厚労省のホームページなどでも、健康被害の例を細かく公表し、危険性の啓発に努めていますが、個人輸入ということになると、あくまでも利用者自身の自粛に頼るしかない、という状況のようです。
しかしながら、ネット上には今も多くの外国製やせ薬の宣伝が並んでいます。
この人気の背景としては、ネットで簡単に購入することができるため、利用者は抵抗感なくビタミン剤感覚で気軽に使っていること、また、日本の薬は広告規制が厳しく、あまり効果を大げさに表現できませんので、強い効果を宣伝する外国の薬に、消費者が飛びついてしまうことなどが挙げられます。また、売る側にとっては簡単に稼げるおいしい商売であることから、悪質な販売者も多いようです。
日本は覚醒剤など違法薬物の取り締まりに比べ、医薬品の個人輸入はチェック機能が整っていないため、ほとんど野放しの状態です。個人輸入される外国製品に、安全性や有効性は保障されていません。
もし体に健康被害が出たとしても、「個人の責任」となってしまうのです。

今回のまとめ

こうしたやせ薬に安易に手を出すことは非常にリスクが大きいです。薬に頼らず、何よりもまずは「ダイエットの正しい知識」を身につけることが、ダイエットの近道といえるでしょう。

Category : ニュース / 海外 / 雑学/健康・ダイエット

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

注目のキーワード

この記事を読んだひとはこんな記事も読んでいます