Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

リサーチRESEARCH

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

太っている人とやせている人の違い、実際のところはどう?

カテゴリー:リサーチ / 雑学/健康・ダイエット

太っている人とやせている人の違い、実際のところはどう?

太っている人とやせている人では食事も「普通」の基準が大違い

よく、太っている人は「あまり食べてないのに太る」と言い、やせている人は逆に「よく食べる」と言っているのを耳にしませんか?本当にそうなの!?と思ってしまいますが、これはあくまでも個人の主観による"自己申告"。実際のところはどうなのでしょうか?
確かに「やせの大食い」は存在しますが、比率でいえば少数派。ですので、やせている人の「よく食べる」を鵜呑みにしてマネしていては、太る可能性が高いです。では一体どういうことか?
それは、"普通の量"の基準が、太っている人とやせている人では異なるということ。太っている人から見れば、やせている人の言う"普通の量"は少なく、太っている人の"普通の量"は、やせている人からすると、明らかに多いのです。
また、
●3度の食事の量はそれほど多くなくても、間食が多い
●食事の後でも何か食べる
●お腹が空いていなくても食べる
●砂糖の入ったコーヒーや紅茶、ジュースなど甘い飲み物を一日に何杯も飲む
●菓子パンやインスタント食品を食べる頻度が高い
などの生活習慣がある人は太りやすく、やせている人ほどこの傾向は低いです。確かにこんな生活習慣ではダイエットだけでなく健康にも良くなさそう...。

なんとなくコンビニに寄ってしまうのも太りやすい生活習慣のひとつ

では、太っている人とやせている人では、食べ方に違いはあるのでしょうか?
これは誰が見てもすぐに分かるほど、食事のときにはっきりと現れます。
太っている人の特徴といえば、まず「一口で食べる量が多いこと」です。大食いクイーンのギャル曽根ちゃんも大口でかなりの量をほうばっていますよね?(彼女はやせの大食いですが)太っている人は、口を大きく開けて、食べ物を口いっぱいにほおばるのです。
しかも、噛む回数が少ない。
噛みながら次の食べ物に手を伸ばす。よって食事のスピードも速い。そういう食べ方をしているから太ってしまいます。満腹を感じるまでには食べ物を口に入れてから15分程度は時間がかかりますので、早食いで量も多くなる食べ方をしていると、大幅なカロリーオーバーになっているのです。
一方で、やせている人の食事は、一口で食べる量が少ないのが特徴です。
まるで鳥がエサをついばむように、チビチビと食べています。
しかも、太っている人に比べ噛む回数が多いです。そのため食事を食べ終わるまでに、時間がかかります。
しかし、これがダイエットには良い影響をもたらします。一口が少ないですから時間はかかりますが、食べすぎを防ぐ効果をもたらしてくれます。また、よく噛むことで唾液もたくさん分泌され、消化がよくなります。
更に、よく噛むことで唾液もたくさん分泌されるので、甘みを感じやすくなり、満足感もアップ!と良いことづくしなのです。

Category : リサーチ / 雑学/健康・ダイエット

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

注目のキーワード

この記事を読んだひとはこんな記事も読んでいます