Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

雑学/健康・ダイエットTRIBIA/HEALTH-DIET

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

正しい間食はダイエットの味方

カテゴリー:雑学/健康・ダイエット

正しい間食はダイエットの味方

ドライフルーツとナッツともに共通する注意すべき点として、食べ過ぎると、カロリーオーバーになってしまうということが挙げられます。しかしどちらも栄養価の高い食品。上手に取り入れて「キレイやせ」を目指してみては?

ダイエット中の間食はご法度!と思われがちですが、絶対にNGというわけではありません。
無理にガマンしてはストレスがたまってしまうし、その反動でドカ食いなんてこともありえます。

問題は、何を食べるか。

そこで、ダイエット中の間食におすすめなのが、ナッツとドライフルーツです。
テレビなどで目にしたことがある人も多いと思うのですが、ミス・ユニバース・ジャパン公式栄養コンサルタントのエリカ・アンギャルさんの著書「世界一の美女になるダイエット」でも、このことが語られています。
さてさて、本当のところはどうでしょうか??

ドライフルーツと生のフルーツ、栄養的にはどう違う?

ドライフルーツという名の通り、フルーツを乾燥させた状態の食べ物ですが、水分が抜け成分が凝縮し、生で食べるより効率よく栄養を摂ることができます。
りんごやマンゴー、レーズンなど、さまざまな種類がありますが、共通している特徴としては、鉄分、カルシウムなどのミネラル分が豊富なことと、食物繊維がふんだんに含まれていることが挙げられます。これらのおかげで、便秘解消や貧血予防など、ダイエット時のお悩み解決に役立ちます。

また、皮ごと食べられることも特徴のひとつ。皮には食物繊維が多く含まれ、またその色素には、植物が太陽の紫外線等から身を守るために自ら作り出した抗酸化物質も含まれているため、活性酸素に対抗して私たちのカラダを守る役目をしてくれます。

そしてなにより嬉しいのは、ドライフルーツは甘みが強く、しかも腹持ちがよく満足感があること。
成分が凝縮されているため、生の状態よりも甘く感じ、果糖(フルーツに含まれる糖分)は、砂糖に比べて緩やかに血糖値が上がるため、腹持ちがよいのです。また、よく噛んで食べる必要があるため、早食いや食べ過ぎを防ぐ効果も。紅茶やハーブティーなど、温かい飲み物と一緒に摂れば、胃の中で膨らみやすく少量でも満足できます。

テレビなどで目にしたことがある人も多いと思うのですが、ミス・ユニバース・ジャパン公式栄養コンサルタントのエリカ・アンギャルさんの著書「世界一の美女になるダイエット」でも、ドライフルーツとナッツが間食に良いと語られています。

脂質が高いナッツ類が、なぜダイエットに良い?

ダイエット中の間食にぴったりな食品として、ドライフルーツと並んで挙げられることの多い、ナッツ類。中でも、入手しやすいアーモンドがおすすめです。
繊維質、タンパク質、抗酸化物質が豊富に含まれており、腹もちもよいので、ダイエットに最適。5~6粒ほどが間食として摂るには適量で、一見少ないようですが、案外これだけで満足できる量です。

栄養面では、アンチエイジングに役立つビタミンを100g中約31mg含み、あらゆる食品の中でも、含有率No.1とさえ言われています。また、オレイン酸、食物繊維、ミネラル類、ビタミンB2など10種類以上の良質の栄養素がギュッと詰まっているという、高栄養食品。
更には、アーモンドに豊富な不溶性食物繊維は腸の働きを活発にし、腸内環境を整え、有害物質やコレステロールをはじめとした余分な脂肪分の吸収を制御する作用があります。

そして、いつでもどこでも手軽につまめることも良いところ。小さいタッパーなどに入れて持ち歩けば、仕事の合間でも、外出中でも、ちょっと小腹が空いたときに手軽に食べられます。これは、スーパーモデルも実践しているワザだとか。

ただし、できれば無塩のローストタイプ(ノンオイル)を選びましょう。はじめは、少し物足りないかもしれませんが、すぐにアーモンドそのものの味で満足できるようになります。

ドライフルーツとナッツともに共通する注意すべき点として、食べ過ぎると、カロリーオーバーになってしまうということが挙げられます。しかしながら、どちらも栄養価が高い食品であるがゆえですので、そんなところも、ちょっとつまむ程度がちょうどいい「間食」に最適な食品だとも言えますね。

今回のまとめ

小腹が減ったときにスナック菓子やクッキー、チョコレートなどのお菓子ではなく、ナッツやドライフルーツを選ぶことは、賢いセレクト。適量を食べれば、カラダもココロも満たされ、ダイエットのモチベーションもアップすること間違いなし!

Category : 雑学/健康・ダイエット

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

注目のキーワード

この記事を読んだひとはこんな記事も読んでいます