雑学/健康・ダイエットTRIBIA/HEALTH-DIET

Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする
Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

やせたい人は鏡を見よう

鏡というものは、ただ単にそこにあるものを映すだけでなく、人の意識や気持ちに変化を与える道具でもあります。
鏡というものは、ただ単にそこにあるものを映すだけでなく、人の意識や気持ちに変化を与える道具でもあります。

あなたは一日に何回ほど鏡で自分の姿を見ていますか?
そして、自分の部屋や会社のデスクなど、いつも目の付くところに鏡はありますか?

鏡というものは、ただ単にそこにあるものを映すだけでなく、人の意識や気持ちに変化を与える道具でもあります。

モデルやボディビルダーの方は鏡を上手に利用しています。自分の姿を鏡に映して、なりたい自分をイメージするそうです。これは、一見自分が大好きなナルシストっぽい行動に見えます。しかしそうではなく、イメージトレーニングの一種なのです。

人間、見えない部分はそれほど気になりませんし、目の当たりにすれば、気になり始めます。何かのきっかけで、普段は見ることのない自分の後ろ姿を見て、「こんなに太ってたの?!」と愕然とする人が多いのも事実。他人から見た自分を目の当たりにすることで、美容に目覚めたり、ダイエットのきっかけになったりもします。

仕事中、気がつかないうちに口が開きっぱなしだったり、眉間にシワがよっていたり、口角が下がっていたりということがあると思いますが、鏡がないとなかなか気が付きにくいものです。口角を上げれば怖そうな人、いつも機嫌が悪そう、など、マイナスイメージを持たれることも少ないでしょう。鏡を見えるところに置くだけで、ボディラインだけでなく、表情や肌の状態までよくわかります。

鏡を見て、まず、自分のカラダの現状を認識するところから始めましょう。

ダイエットの決意が固まります。鏡に自分の姿を映すことで、もうちょっとお腹が引っ込めばいいのに、など、改善点が見つかり、努力しようと心がけるきっかけになります。

鏡の大きさは、上半身だけの小さいものよりも、全身が映る鏡であれば、さらに効果はアップ。
ボディラインをまじまじと見ることがあまりなかったという人こそ、この「鏡ダイエット」の効果は期待できます。
毎日自分のカラダを鏡でチェックし始めると、ちょっとした変化にも、すぐに気が付くことができるようになります。あるモデルさんは、「朝起きて、鏡を見ただけでその日の体重が分かる」と言っているぐらいです。

OLさんであれば、自宅だけでなく、会社のデスクにも小さな鏡を置きましょう。
仕事中、気がつかないうちに口が開きっぱなしだったり、眉間にシワがよっていたり、口角が下がっていたりということがあると思いますが、鏡がないとなかなか気が付きにくいものです。

口角を上げれば怖そうな人、いつも機嫌が悪そう、など、マイナスイメージを持たれることも少ないでしょう。鏡を見えるところに置くだけで、ボディラインだけでなく、表情や肌の状態までよくわかります。

鏡を置いて、ただヘコむだけではダメです。目的は現状を把握すること。ウエストにくびれが欲しい、とか、もっと締まった二の腕にしたいなど、「ステキな自分」をイメージすることから始めてみてくださいね。

今回のまとめ

鏡に全身を映してみて、まずはヘコむ場合もあると思いますが、落ち込むのが目的ではありません。ダイエット成功後のなりたい自分をイメージしてみましょう!毎日続けることで、イメージに近づけるように頑張れることと思います!!

Category : 雑学/健康・ダイエット / 雑学/美容

注目のキーワード

この記事を読んだひとはこんな記事も読んでいます