雑学/健康・ダイエットTRIBIA/HEALTH-DIET

Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする
Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

太る食べ方と太らない食べ方の違いは?

テレビを見ながら、仕事をしながら、など食事に意識をあまり向けずに一気に早食い、という食べ方はまさに太る食べ方で、「早食いは太る」という世間一般の常識は、本当なのです。
テレビを見ながら、仕事をしながら、など食事に意識をあまり向けずに一気に早食い、という食べ方はまさに太る食べ方で、「早食いは太る」という世間一般の常識は、本当なのです。

「よく噛んでゆっくり食べなさい」

誰もがお母さんに言われたことがあるであろうこのセリフ。
実はこの食べ方は、太りにくい食べ方でもあるのです。逆に、太る食べ方は、「ながら早食い」。

テレビを見ながら、仕事をしながら、など食事に意識をあまり向けずに一気に早食い、という食べ方はまさに太る食べ方で、「早食いは太る」という世間一般の常識は、本当なのです。

「満腹になった」という信号が脳に届くのは、食べ始めて15分~20分後と言われています。この信号が届く時間には個人差があって、太りやすい人は信号が届くまでに普通より長い時間がかかるそうです。これにより、早食いすると、つい量を食べ過ぎてしまうというのがこれまでの定説。確かにそれも事実なのですが、早食いの人が太りやすいのは、それだけが原因ではありません。

早食いで一気に食べてしまうと、その分、血糖値が急激に上昇します。すると、血糖値の上昇を抑えるためにすい臓からインスリンが分泌されます。インスリンには脂肪を作り、脂肪細胞の分解を抑制する働きがあるので、過剰に分泌されすぎると肥満の原因ともなってしまいます。
よって、早食いはただ単に食べ過ぎてしまうというだけではなく、その行為そのものが肥満の要因になるとも言えるのです。

まずは、味噌汁などの汁ものをゆっくりと食べ、空腹を落ち着かせてからサラダを食べ、その後にお肉やご飯を食べるようにすれば、「空腹の勢いで食べすぎてしまった!」ということを防ぐことができます。

実際、糖尿病の治療においても「よく噛んで、ゆっくり食べる」という指導があるそうです。早食いをしないためには、とにかく「よく噛むこと」です。食べ物の硬さはさまざまなので、一概には言えませんが、理想の咀嚼回数は、一口につき30回程度。食べものが唾液と混ざり、おかゆのようになる程度を目安にしましょう。

また、ゆっくり食べるための工夫としては

○品数を増やす
○食べ物を口に入れたら一旦お箸を置く
○料理をアツアツの状態で食卓に並べ、フーフーと冷ましながら食べる
○噛みごたえのある食品を料理に使う(野菜、海藻、きのこなど)
○食物繊維の多い野菜を取り入れる
○外食の時は、丼ものやカレーなど、一皿で済んでしまうものは避け、品数の多い和定食などを選ぶようにする
○そばやラーメンなどのすすり食べや、汁物やお茶などの水分と一緒に流し込む流し食べはやめる
○料理するときは、細かく切らず、できるだけ大きめにきる。
○ゆったりした気分で会話を楽しみながら食べる。

などがあります。

それから、ゆっくりよく噛んで食べる以外に、ご飯を食べる順番にも気を配ってみましょう。

例えば、ご飯、豚のしょうが焼き、サラダ、味噌汁、という献立の場合、お腹が空いた状態でご飯やお肉を先に食べると、どうしてもご飯をおかわりしたくなります。
まずは、味噌汁などの汁ものをゆっくりと食べ、空腹を落ち着かせてからサラダを食べ、その後にお肉やご飯を食べるようにすれば、「空腹の勢いで食べすぎてしまった!」ということを防ぐことができます。
同じ量でも食べる順番や食べるスピードで満足感は違ってきます。今日から早速実践してみませんか?

今回のまとめ

早食いはマナーとしても美しくないだけではなく、カラダにとってもよくありません。
早食いは、習慣と化してしまっている場合がほとんどです。気をつければ、比較的簡単に改めることができるので、さっそく今日からでも実践してみましょう。

Category : 雑学/健康・ダイエット

注目のキーワード

この記事を読んだひとはこんな記事も読んでいます