ニュースNEWS

Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする
Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

11月東京タワーをはじめ全国の有名スポットがブルーにライトアップされる理由

シンボルカラーのブルーにライトアップされた東京タワー。全国の観光スポットでもライトアップイベントが実施されます。
シンボルカラーのブルーにライトアップされた東京タワー。全国の観光スポットでもライトアップイベントが実施されます。

11月12日~14日にかけて、東京タワーをはじめ全国の有名観光スポットがブルーにライトアップされます。
この日は「世界糖尿病デー」に指定されています。

初めて耳にする人も多いこの世界糖尿病デーですが、指定されたのは2006年。

IDF(国際糖尿病連合)が要請していた「糖尿病の全世界的脅威を認知する決議」が国連総会で全会一致で可決され、糖尿病に深く関わるホルモン「インスリン」の発見者であるバンティング博士の誕生日である11月14日が「世界糖尿病デー」に指定されました。

世界糖尿病デーには世界各地で糖尿病の予防、治療、療養を喚起する啓発運動を推進する様々なイベントが開催され、日本においても東京タワーや通天閣をはじめとする全国の観光スポットなどでシンボルカラーであるブルーにライトアップするイベントなどが行われます。

イベント場所はこちら
http://www.wddj.jp/05_j_light_list_2011list.html

糖尿病は身近な脅威

糖尿病とは無縁だと考える人も少なくないかもしれませんが、現在、世界の成人人口の約5~6%、2億4600万人が糖尿病を抱えていて、2025年にはなんと約65%増(2007年比)の3億8, 000万人にも達すると予想されているそうです。
糖尿病が深刻な病気である認識は一般的には高くはありませんが、年間に世界で380万人以上が糖尿病の引き起こす合併症などが原因で死亡しています。これは、10秒に1人が糖尿病関連で命を落としている計算であることからも、この病の恐ろしさがうかがえます。

日本では、40歳以上の3人に1 人が糖尿病または糖尿病予備群であることが、平成18年国民健康・栄養調査速報で発表されました。そして糖尿病関連で亡くなる人は、年間約1万4千人(厚生労働省 平成19年人口動態統計)にも上ります。そして、糖尿病の疑いが強い人は約890万人ですが、そのうちほとんど治療を受けたことがない人が約4割もいるそうです。なぜそれほど治療を受ける人が少ないのか、その要因は、糖尿病には痛みなどの自覚症状が少ないことから、そのまま治療を受けないケースが多いからではないかと推測されています。

 

肥満を軽く考えそのまま放置し続けると、糖尿病になってしまう人が少なくありません。

糖尿病の原因

 

糖尿病になるリスクが圧倒的に高いのは、やはり肥満です。
2型糖尿病※が発症する原因は完全には明らかになっていませんが、遺伝的に糖尿病になりやすい体質の人が、糖尿病になりやすいような生活を送ることによって発症すると考えられています。

肥満になると、耐糖能(血糖を処理する能力)障害などの、軽い糖尿病状態になる人が増えますが、初期のうちに肥満を解消すれば、また正常に戻ることができます。しかし、肥満を軽く考えそのまま放置し続けると、糖尿病になってしまう人が少なくありません。そして自覚症状が現れるころには、合併症を引き起こすなど、重症化してしまっているのです。

肥満の基準

肥満の基準にはBMI(ボディー マス インデックス)という数値が広く使われています。
この数値が25以上となると「肥満」とされています。

計算方法
BMI=体重÷身長(m)÷身長(m)


身長160cm、体重60kgの場合
60(kg)÷1.6(m)÷1.6(m)=BMI 23.43 となるので、「普通体重」に当てはまります。

18.5未満・・・低体重
18.5以上25未満・・・普通体重
25以上・・・肥満

※    糖尿病には2種類あり、1型と2型があります。生活習慣病と呼ばれる糖尿病は2型糖尿病です。

厚生労働省 糖尿病ホームページ
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/kenkou/seikatu/tounyou/index.html
世界糖尿病デー
http://www.wddj.jp/

今回のまとめ

糖尿病は生活習慣病です。自らの生活を見直すことで、糖尿病や心臓病などさまざまな生活習慣病の予防にもつながります。
他人事と考え放っておいたら大変な事態になってしまうかもしれません。

Category : ニュース / 雑学/健康・ダイエット

注目のキーワード

この記事を読んだひとはこんな記事も読んでいます