ニュースNEWS

Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする
Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

ガセリ菌SP株を含むヨーグルトに脂肪を減らす効果

ヨーグルトなら、朝食に取り入れるのも簡単。明日からでも始められます。
ヨーグルトなら、朝食に取り入れるのも簡単。明日からでも始められます。

便秘解消や、ダイエットや健康に良さそう、などなど、とにかくヘルシーで良いイメージしか浮かばないヨーグルトですが、さらに嬉しい効果があることが発表されています!

ダイエットの豆知識

雪印乳業と日本ミルクコミュニティ、磯子中央病院、九州大学らの研究グループは、日本人の腸内からとった乳酸菌、「ラクトバチルス・ガセリSBT2055株」(ガセリ菌SP株)の摂取で、内臓脂肪が低減することを臨床試験で確認、日本乳酸菌学会で発表しました。

「ガセリ菌」とは、乳酸菌の一種。

日本人の小腸にはガセリ菌、大腸にはビフィズス菌という善玉菌がそれぞれ多く住んでいて、腸内の悪玉菌の増殖を抑えています。

乳酸菌やビフィズス菌は多くの種類がありますが、生きたまま人の腸に定着する菌株はガセリ菌SP株とビフィズス菌SP株。また口から摂取したガセリ菌SP株は、人の腸内に最大90日と長期間に渡って留まり、高い定着性を持つことが確認されています。

注目すべき点は、皮下脂肪より内臓脂肪の減少率が高かったこと。 この研究結果は、科学雑誌『ヨーロピアン・ジャーナル・オブ・クリニカル・ニュートリション』でも発表されたそうです。

臨床試験では、BMI※24.2~30.7と肥満傾向のある33~63歳の87人の男女を2グループに分け、片方の群にはガセリ菌SP株を含むヨーグルトを、もう片方の群にはガセリ菌SP株を含まないヨーグルトを、それぞれ1日2個(1個100g、1日量で200g)、12週間摂取。食べる時刻やタイミング、回数などについては被験者の自由とされていました。

結果、ガセリ菌SP株を含むヨーグルトを食べたグループでは、内臓脂肪面積が摂取前と比べて4.6%減、皮下脂肪面積が同3.3%減と、どちらも減少しました。

体重、BMI、ウエストサイズ、ヒップサイズについても、いずれも減少。注目すべき点は、皮下脂肪より内臓脂肪の減少率が高かったこと。
この研究結果は、科学雑誌『ヨーロピアン・ジャーナル・オブ・クリニカル・ニュートリション』でも発表されたそうです。

ガセリ菌SP株やビフィズス菌SP株の入ったヨーグルトはスーパーなどで簡単に手に入りますので、生活に取り入れてみては?

脂肪減少だけでなく、腸内環境を整えることで美肌や健康づくりにもつながります。

※BMI・・・体型の指標となる数値。25以上が肥満とされている。

今回のまとめ

もちろんヨーグルトだけで目標体重まで減量することは難しいかもしれませんが、この結果を見たら買いに走りたくなってしまいます(笑)

Category : ニュース / 雑学/健康・ダイエット

注目のキーワード

この記事を読んだひとはこんな記事も読んでいます