雑学/健康・ダイエットTRIBIA/HEALTH-DIET

Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする
Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

体重計に囚われないダイエットを!

ダイエットといえばやっぱり“体重”がキーワードなのでしょうか?いいえ、体重はただの指標にすぎません。
ダイエットといえばやっぱり“体重”がキーワードなのでしょうか?いいえ、体重はただの指標にすぎません。

世の中、ダイエッターはたくさんいます。特に女性は、大多数の方が自分の体型に関心を持っていますよね。
そしてダイエットといえばやっぱり“体重”がキーワードなのでしょうか?

いいえ、体重はただの指標にすぎません。

どうしてやせたいのか?という点に焦点を当てると、「体型維持」や「スタイルが良くなりたい」「ウエストなどの部分やせ」などがアンケート結果の上位にランクインしています。

参考記事「あなたはどうして痩せたいのですか? みんなの減量目的は?」

つまり体重そのものではなく、「外見的な変化」がキーワードです。
ダイエッターの中には、毎日体重を測る人も多いと思いますが、そこにこだわりすぎるのはあまりオススメしません!キレイになるのに、体重計は必要ないと言っても過言ではないかも?!

スタイルが良く見える人とそうでない人

例えば、同じ身長・体重のAさんとBさんがいたとします。

Aさんは見た目もすっきりしていて、バストラインやクビレなどもはっきりしています。

一方、BさんはAさんに比べて全体的にポッチャリしているように見えるし、カラダにメリハリがありません。
「身長と体重が一緒なのに、なぜ?」という意見もありそうですが、これには理由があります。

体内にある筋肉と脂肪の割合がこの結果を生んでいます。筋肉は脂肪に比べて1.2倍程度重いとされていますが、カラダを引き締め、さらに代謝をアップしてくれます。逆に脂肪が多いと、メリハリはなくなるし代謝もダウン!1.2倍分軽いわけですから、同じ体重ならサイズも比例して大きくなってしまうということなのです。

その日食べたものをきちんと記録し、食べ過ぎたなと思ったら身体を動かすなど消費カロリーを増やし、きちんと自己管理することが大切。

体重計に乗らないダイエットとは?

食べ過ぎた翌朝や2,3日後ぐらいには体重が一時的に増えていますが、全て脂肪になってカラダに蓄積してしまったわけではありませんので、そこで一喜一憂する必要はなし!

摂取した栄養素は脳や筋肉、内臓などを働かせるエネルギーとなったり、筋肉や骨、皮膚など様々な細胞を作る材料として使われるので、全てが体重を増やす原因とはなりません。余剰分だけが脂肪となり貯蔵されますが、それが見た目でわかる程の量になるには、ある程度のタイムラグがあるのです。

ですので、1日、2日たくさん食べてしまっても、すぐに見た目の変化(太ること)はありません。
そのことに安心して食べ続ければ数日後から1~2週間後に、見た目の変化として現れます。

太るのは、ある程度時間がかかるのです。

体重を測らずにダイエットするなら、その日食べたものをきちんと記録し、食べ過ぎたなと思ったら身体を動かすなど消費カロリーを増やし、きちんと自己管理することが大切。そうすれば、頻繁に体重計に乗らなくても、いきなり体重が増えることはないでしょう。

今回のまとめ

ただ食べる量を減らして体重が落ちたとしても、バストが小さくなってしまったり、肌のハリがなくなったり、さらには無理がたたってリバウンドしてしまったり・・・なんてことになったら、当初の目的だったはずの「キレイになりたい」は達成できません。体重という数値だけに囚われるのはおすすめしません!

Category : 雑学/健康・ダイエット

注目のキーワード

この記事を読んだひとはこんな記事も読んでいます