Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

ニュースNEWS

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

2011年の恵方は南南東!恵方巻きに込められた意味とは?

カテゴリー:ニュース / 雑学/健康・ダイエット

2011年の恵方は南南東!恵方巻きに込められた意味とは?

節分といえば豆まきをまず頭に浮かべる人が多いと思いますが、ここ何年かは、豆まきよりも恵方巻が台頭している感がありますよね。

もうすぐ節分。節分といえば豆まきをまず頭に浮かべる人が多いと思いますが、ここ何年かは、豆まきよりも恵方巻が台頭している感がありますよね。

全国的な恵方巻きの広がりによってバレンタインデーの広告も節分の後からになったとか。

それはともかく、そもそも恵方巻き=太巻き寿司のはずが、それだけでなく「巻き」つながりでロールケーキまで恵方巻きとして便乗して売られていたりします。

近頃の節分といえばそうした風情のものとなっていますが、ここでまず「節分の日」について。

節分とは「季節を分ける」ことを意味し、立春・立夏・立秋・立冬それぞれの前日を指します。中でも、新年の始まりに相当する「立春」の前日にあたる節分がもっとも重要視されたため、現在の形として残ったといわれ、一年の災いを払うための厄落としが年中行事として行われてきました。

そして恵方巻き。

節分に食べると縁起が良いとされる太巻き寿司のことで、別称として「丸かぶり寿司」「恵方寿司」「招福巻」「幸運巻」「開運巻き寿司」などと地方によって表現されることもあるそうです。

季節の変わり目には邪気が入りやすいと考えられており、その邪気を払うために行うのが豆まきです。

恵方巻きが全国的に席巻し始めたのは、2000年台前半頃からで、それ以前は大阪を中心とした風習でした。

起源・発祥は諸説存在し、信憑性も定かではないようですが、「切らずに長いまま太巻きを食べることで縁を切らない、福を巻く」と言った意味が込められている地域や、「江戸時代末期から明治時代初期において、大阪の商人による商売繁盛の祈願事、縁起担ぎとして始まった」という説などがあります。

いずれの説も、恵方巻きとは、「福が訪れますように」という願いが込められた存在です。

恵方巻きの食べ方

節分の夜にその年の恵方に向かって目を閉じて一言も喋らず、願い事を思い浮かべながら太巻きを丸かじり(丸かぶり)するのが習わしとされています。
商売繁盛や無病息災を願って、七福神にちなみ、かんぴょう、きゅうり、椎茸、卵焼き、うなぎ、かまぼこ、でんぶなどの7種類の具を入れることで、福を巻き込む意味があるとする説もあるとか。

恵方巻きのほか、節分の行事としてはこのようなものがあります。

●豆まき
季節の変わり目には邪気が入りやすいと考えられており、その邪気を払うために行うのが豆まきです。

●豆を食べる
豆まきが終わったら、1年の厄除けを願い豆を食べます。場所によっては大豆ではなく、落花生のところもあるそう。

●イワシの頭とヒイラギを戸口に挿す
焼いたイワシの頭の悪臭と、ヒイラギのとげで鬼を追い払うという風習。現在では、焼いたイワシを恵方巻きとともに食べる家庭が多いようです。

Category : ニュース / 雑学/健康・ダイエット

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

注目のキーワード

この記事を読んだひとはこんな記事も読んでいます