Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

雑学/健康・ダイエットTRIBIA/HEALTH-DIET

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

夜遅くに食べるとやっぱり太る?ダイエットと「時間」の関係

カテゴリー:雑学/健康・ダイエット

夜遅くに食べるとやっぱり太る?ダイエットと「時間」の関係

BMAL1と呼ばれるたんぱく質が夜10時頃を過ぎると体内にはエネルギーを脂肪分として蓄えるとか

「夜食は太る」「寝る前に食べると太る」というような話は、誰でも一度は聞いたり、経験したことがあるのではないでしょうか?テレビのトーク番組を見ていたら、司会者がある女優さんにダイエット法について質問していました。するとその女優さんもやはり、「夜9時以降は食べないようにしています。」

そう、夜遅い時間に食べると太りやすいというのは、もはや常識。食べ物は朝や昼間よりも夜遅い時間に食べた方が、より太りやすくなります。そして、同じ物を食べても、食べる時間帯によって体に及ぼす影響は違ってくるのです。

夜遅くに食べてすぐに寝ると、食後の消費エネルギー量が少ないために太るというのも原因のひとつですが、朝より夜の方が太りやすい体質になっているのも原因です。この「太りやすい」体質を作っているのが、"BMAL1(ビーマルワン)"と呼ばれるたんぱく質。夜10時頃を過ぎると体内にはエネルギーを脂肪分として蓄えるため、BMAL1が急増して「太りやすい状態」になることが分かっています。

このBMAL1は、「夜に増加して、朝日を浴びることで減少する」という特徴があります。

どうしても食べたいものがあるときは、夜はガマンして翌朝に食べるように

つまり、BMAL1が少ない午前中は、しっかり食べても太りにくく、BMAL1が増加する夜は、少し食べただけで太りやすくなると言えます。
また、朝方に食べた場合、その摂取エネルギーを使うチャンスは夜まであるわけですから、夜に食べる場合よりはずっと体脂肪になりにくいと言えるでしょう。ですので、朝食を抜いて、夜遅い時間にがっつり食事をすることが当たり前になっている人は、1日のうちで最も太りやすい時間に食事をしていることになります。

ダイエットを成功させるには、ある程度の食事制限が必要になってくるでしょう。

「すきなだけ食べても大丈夫...」なんていう都合の良いダイエットは、残念ながら"無い"と考えるのが妥当です。

しかし、食欲は人間の欲求の中でも特に大きなものの一つ。できるだけ好きな物をガマンしないで太らない方法、それは、朝食べること。どうしても食べたいものがあるときは、夜はガマンして翌朝に食べるようにしてみてください。

ただし、人間の体には、一日のリズムをコントロールする"体内時計"が存在します。体内時計は、「昼間=活動する時間」「夜=体を休め、栄養を取り入れる時間」というようなリズムで動いているのです。ですので、何よりもまずは体内時計を整えましょう。

今回のまとめ

「同じ物でも朝食べると太りにくい」というのは、あくまでも体内時計が正常に働いていてこそ有効な方法です。不規則な生活で体内時計が狂っていたら、太りにくい時間を見極める事もできません。
やはりダイエットを成功させるためには規則正しい生活が大事、ということですね!

Category : 雑学/健康・ダイエット

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

注目のキーワード

この記事を読んだひとはこんな記事も読んでいます