Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

雑学/健康・ダイエットTRIBIA/HEALTH-DIET

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

脱アメリカンフードで10kgダイエット、元アメリカ大統領が健康体に

カテゴリー:雑学/健康・ダイエット

脱アメリカンフードで10kgダイエット、元アメリカ大統領が健康体に

12個入りのドーナツ1箱を買い込み、側近が止めるまで食べ続けたというエピソードもあるほどのアメリカンフード好きで知られていたクリントン氏。

ハンバーガーやドーナツが大好物だった現役時代から、肉も乳製品も一切取らない食生活へ。

アメリカのビル・クリントン元大統領はダイエットの成功で体重が約10キロ減り、健康状態はかつてないほど良好だという報道がありました。

クリントン氏の食欲は1993年の大統領就任前から有名だった話。
ステーキやバーベキュー、フライドポテトなど「いかにも」な食べ物が大好きで、何でもよく食べたそう。
地方での選挙運動中に12個入りのドーナツ1箱を買い込み、側近が止めるまで食べ続けたというエピソードもあるほどのアメリカンフード好き。

こんな食生活では体に悪いことは歴然。
当然これを心配したヒラリー夫人は、クリントン氏に健康的な食生活を勧めるべきだと思い立ち、現在予防医学研究所(カリフォルニア州サウサリート)の所長を務めるディーン・オーニッシュ博士にホワイトハウス料理人への指導を依頼しました。

「元大統領は不健康な食べ物がお好きだったので、大豆バーガーや野菜と豆腐のいため物、サケの野菜添えといったメニューを取り入れた」と、同博士は語っています。

こうして食事内容の改善を試みたにもかかわらず、クリントン氏の体重は増え続け、99年の健康診断では2年間で8キロも増量したそうです。

その時クリントン氏の体内では、深刻な問題が進行していました。

退任から約4年後の2004年、58歳のクリントン氏は胸が締め付けられるような症状を訴え、バイパス手術を受けました。
さらにその後も冠動脈を広げる手術を受けています。

ドーナツやジャンクフードなどアメリカ的な食べ物が好きだった彼が、今では「野菜や果物、豆類などをおいしく食べている」と発言。

オーニッシュ博士はこの直後に同氏に会って、元大統領は遺伝的な体質で心疾患が進行しやすく、これまでのように生活習慣に多少気を配るだけでは不十分だと指摘。一方で、集中的に改善することで回復に向かうことも多いと助言しました。

クリントン氏は「ロシアン・ルーレットを続けていたようなものだと自覚した」と振り返っています。
現在は肉や乳製品、卵をまったく口にせず、油もほとんど取らないそうです。

あれほどドーナツやジャンクフードなどアメリカ的な食べ物が好きだった彼が、今では「野菜や果物、豆類などをおいしく食べている」と発言するなど別人のよう。
検査の数値は良好で「驚いたことに以前よりも活力がある」と本人は満足している様子です。徹底した改善が、この結果をもたらしたのでしょう。

同氏は健康的な食生活を子どもたちにも広げようと、新たな事業にも乗り出しました。
クリントン財団は米心臓協会(AHA)と協力し、全米1万2000校で運動と栄養バランスの良い給食を推進するプログラムを支援しています。

Category : 雑学/健康・ダイエット

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

注目のキーワード

この記事を読んだひとはこんな記事も読んでいます