Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

雑学/健康・ダイエットTRIBIA/HEALTH-DIET

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

間違いだらけの炭水化物抜きダイエット

カテゴリー:雑学/健康・ダイエット

間違いだらけの炭水化物抜きダイエット

炭水化物は太りやすい、ということで、できるだけ炭水化物を摂らないようにするダイエット方法は有名ですよね。

炭水化物は太りやすい。
...というイメージが先行して「炭水化物抜きダイエット」を実践しているひともよく見聞きします。

このダイエット法は間違いで、できるだけ炭水化物を摂らないようにするダイエットというのが正しい方法です。
炭水化物というのは、米、パン、麺類、じゃがいも、さつまいもなどに多く含まれている栄養素です。

炭水化物は体の中で分解されると糖質に変わり、摂りすぎると脂肪として体内に貯えられてしまいます。

しかしながら、太るからといって炭水化物を摂らなかったり極端に減らしてしまうことは、身体にとっては危険を伴う行為。

炭水化物が分解された状態である「糖質」は脳の唯一の栄養素であり、全く摂らなければ脳が正常に働かず、ボーっとした感じが続いたり、集中力の低下や無気力を引き起こしますし、肝臓に負担をかけることにもなってしまいます。

そうならないためには、炭水化物を全て抜くのではなくて、炭水化物があまり含まれていない食品を選んだり、量を減らしたりすることを推奨します。

つまり「炭水化物抜きダイエット」ではなく、「低炭水化物ダイエット」ということですね。

糖質は脳の唯一の栄養素であり、全く摂らなければ脳が正常に働かず、ボーっとした感じが続いたり、集中力の低下や無気力を引き起こします。つまり、仕事の効率も低下に!!

低炭水化物ダイエットのメリットとしては、炭水化物の量にさえ気をつければ、肉や魚なども食べられますし、他にもこれといった制限がないことです(もちろん何にせよ量の摂りすぎはNG)。

ただ、炭水化物を元の量に戻してしまったら体重も元どおりに…なんてリバウンドしたという声もまた多いのがこのダイエットのデメリットでもあります。

また、このダイエットで失敗するパターンとしては、空腹感によるストレスにより必要以上に間食したり、食べすぎてしまうことが多いことが挙げられます。さらに便秘にもなりやすくなるので、食物繊維を多く含む野菜などをバランスよく食べることが必要になります。

低炭水化物ダイエットをするのであれば、成功のポイントは夜の炭水化物を減らすこと。
睡眠中は、脳が日中のように活発に活動することがありませんし、エネルギーの消費量も少なくなります。

逆に、朝、昼は通常通りに食べたほうが脳に栄養が補給されますので、仕事も勉強も効率が落ちませんよ!

Category : 雑学/健康・ダイエット

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

注目のキーワード

この記事を読んだひとはこんな記事も読んでいます