雑学/健康・ダイエットTRIBIA/HEALTH-DIET

Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする
Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

何をどれだけ食べれば「バランスの良い食事」に?今すぐ分かる「手ばかり」で簡単に!

簡単かつ無料「何をどれだけ」食べるかを量ることのできる、『手ばかり』をオススメ!
簡単かつ無料「何をどれだけ」食べるかを量ることのできる、『手ばかり』をオススメ!

身体にイイとされる、「適量をバランスよく食べましょう」というよく聞くセリフ。

そう言われても、何をどのぐらいの量を食べるのが適量なのか、バランスの善し悪しなんてなんとなくしかわからない…。

そこで、簡単かつ無料!今すぐ実践できる「何をどれだけ」食べるかを量ることのできる、『手ばかり』をオススメしたいと思います。

ダイエットの豆知識

体格や性別、年齢などよって手の平の大きさは人それぞれ。
一般的に身長の高い人は手の平も大きく、低い人は手の平も小さいもの。

そこで、自分の手の平を参考に食べる量の目安にしようという方法です。
これならすぐに覚えられますし、いつでも手を見てチェック可能!

■ご飯

主食となるご飯は、身体や脳のエネルギー源となる炭水化物が主な成分。

1食の目安量は、卵を軽く握ったときのこぶし一個分

ご飯以外の炭水化物の場合、パンやパスタ、うどん、そばなどはご飯と同量~1.3倍程度。
炭水化物は不足すると疲れやすくなり、思考力が低下してしまうので、「炭水化物抜きダイエット」はオススメできません。

パンはバターや砂糖を多く使用しているものは避けましょう。ご飯は、外食の場合多く盛られることがほとんどのため、あらかじめ少なめに盛ってもらうか残しましょう。
■魚・肉・卵・豆腐

タンパク質を主成分とするこれらの食品は食事のメイン。
筋肉や血液を作るのには欠かせません。
不足するとメリハリのない身体になり、体力も低下します。

1食の目安は厚みも大きさも、指を除く手のひら1枚分。

1日にいろいろな種類のタンパク質を摂りましょう。
朝は卵や納豆など、昼、夜で魚、肉、豆腐を摂るように心がけると無理なく取り入れられると思います。
自然とそういう食生活になっている人も多いことでしょう。

ほうれん草や白菜など葉物野菜は加熱するとかさがかなり減ります。お惣菜や外食で適量をはかるときは、「片手に山盛り乗る量」を目安にしましょう。

■野菜・海草・きのこ

加熱前の量で、両手に山盛りに乗る量が1食の目安。

身体の調子を整え、便通を良くしたり、肌や髪、爪にツヤやハリを与えます。
不足すると便秘、肌荒れ、貧血などになります。

色、形、食感の異なるものを組み合わせ、生野菜だけでなく加熱した野菜も取り入れましょう。
汁物にたっぷり入れると摂りやすいですよ。
サラダには高カロリーのドレッシングやマヨネーズではなく、低カロリーやノンオイルドレッシングを選びましょう。ポン酢もオススメ。

ほうれん草や白菜など葉物野菜は加熱するとかさがかなり減ります。
お惣菜や外食で適量をはかるときは、「片手に山盛り乗る量」を目安にしましょう。

・油脂
1食の中で油を使った料理は1品にしましょう。

・乳・乳製品
少量でも高カロリーです。1日のうち1品までにしましょう。

・糖質の多い野菜
じゃがいも、さつまいも、かぼちゃ、れんこんなどは糖質を多く含みます。ぎゅっと握ったときのこぶし1個分が1日の目安。

・果物
果糖を多く含みます。ぎゅっと握ったときのこぶし1個分が1日の目安。

今回のまとめ

自分の手の大きさを基準にすれば、適量・バランスが簡単に分かるこの「手ばかり」。
面倒なカロリー計算は必要なし!

ちょっと覚えればずっと使える方法なので、この機会にやってみてくださいね。

Category : 雑学/健康・ダイエット

注目のキーワード

この記事を読んだひとはこんな記事も読んでいます