MICRODIET.netとは?サイトマップ

RSSMICRODIET Online

microdiet.netは、女性のキレイを応援するダイエット・美容のニュースサイトです。

ダイエット・健康・美容のアレ・コレがわかるマイクロダイエットネット

雑学/健康・ダイエット


カラダに入ったお酒はどうやって分解される?女性は適度なアルコール摂取を!

適量なら「酒は百薬の長」と呼ばれるように、身体にも心に良い効果が得られますが、飲みすぎれば言うまでもなく悪影響ばかりが残ってしまいます。

適量のお酒は、楽しい気持ちにさせる効果や、緊張感を和らげたり、人とのコミュニケーションを取ったり、ストレスを解消させたり、など多様な効果がありますよね。

適量なら「酒は百薬の長」と呼ばれるように、身体にも心に良い効果が得られますが、飲みすぎれば言うまでもなく悪影響ばかりが残ってしまいます。

身体の中に取り込まれたアルコールはどのような経路で吸収され、体内を巡り、分解されていくのでしょうか?

ダイエットの豆知識

お酒は種類も味わいも千差万別ですが、体や脳に影響を及ぼしている正体はアルコール=エチルアルコール(C2H5OH)です。

体内に入ったアルコールはどう分解される?

口から入ったアルコールは胃から約20%、小腸から残りが吸収されます。
そして血液に入ったのち大半が肝臓で代謝され、有害なアセトアルデヒドを経て酢酸に分解されます。

血液に入ったアルコールが脳に到達すると、アルコールが脳の神経細胞に作用し、酔った状態になります。

肝臓で分解しきれなかったアルコールは、肝静脈を通って心臓に送られ、ここから脳を含め全身へと巡っていき、再び肝臓に戻って分解されます。

肝臓でできた酢酸は、全身を巡るうちに水と炭酸ガスに分解され、最後には体の外に出ていきます。
体に入ったアルコールの数%は体内で代謝されないまま尿や汗、呼気となって、体の外に出ていきます。

肝臓はいわばアルコールの処理工場です。その代謝スピードには個人差はありますが、平均すると体重60~70キロの人で1時間におよそ7グラム程度といわれています。

女性の場合は男性に比べてより少ない飲酒量、より短期間(男性の半分と言われる)でアルコールの害を受け、アルコール依存症や肝臓障害、すい臓障害など、アルコール性の内臓疾患になってしまいます。

この理由は、女性は体も肝臓のサイズも男性よりも小さいことにあります。

また、体脂肪は男性より多いため、その分だけ水分が少ないといえます。
アルコールは脂肪には溶けにくいため、お酒を飲んだときの血中アルコール濃度が男性よりも高くなります。
さらに、女性ホルモンにはアルコールの分解を抑える作用があるといわれています。
女性にとっての適量は、男性よりも少ないという認識を持ちましょう。

ウコンは漢方にも使われ、高い薬効が期待されています。いくつか種類がありますが、春ウコンはコレステロールの低下、秋ウコンは肝臓の機能を向上し、紫ウコンは胃腸をサポートすると言われています。

アルコールの適量とは?

アルコール摂取量の基準とされるお酒の1単位とは、純アルコールに換算して20gです。
この1単位を各種アルコール飲料に換算すると以下になります。

ビール : 中びん1本(500ml)
日本酒 : 1合(180ml)
ウイスキー : ダブル1杯(60ml)
焼酎  : 0.6合(110ml)
ワイン : 1/4本(180ml) 

以上が目安となります。

例えば、体重約60kgの人が1単位のお酒を30分以内に飲んだ場合、アルコールは約3~4時間体内にとどまります。

2単位の場合ではアルコールが体内から消失するまで約6~7時間かかります。
これにはもちろん個人差があるため、体質的にお酒に弱い人や女性はもっと長い時間がかかります。

また、深夜まで飲んでいると翌朝起床時にアルコールの代謝が終わらず体内に残っているため、二日酔いとなってしまいます。

お酒を飲んだ後、就寝している間も肝臓は黙々と働いているのです。
この肝臓を毎日連続して酷使すると障害が出てきます。

お酒を飲むと、肝臓には中性脂肪が蓄積されます。

胃や腸などの消化管の粘膜も荒れてきます。これら臓器の修復のためにも休肝日を作ることが必要です。週に2日は休肝日を設けましょう。

この際に気をつけたいのが、週5日続けて飲酒して2日連続で休むのではなく、2~3日飲んで1日休む、という習慣をつくることです。

休肝日を作ることはアルコール依存症を防ぐことにもつながります。

アルコールが毎日の習慣化すると飲まずにはいられなくなり、その結果アルコール依存症になってしまう危険性が高まります。

しかし自身で休肝日を設けることによって、「自分の意思で飲酒をしない」と自己管理できる自信がつき、精神的な意味でも重要です。

アルコール代謝の要となる「肝機能」が高まるということで、お酒を飲むときは「ウコン」を含むサプリメントを利用する人も増えてきています。

ウコンは漢方にも使われ、高い薬効が期待されています。

いくつか種類がありますが、春ウコンはコレステロールの低下、秋ウコンは肝臓の機能を向上し、紫ウコンは胃腸をサポートすると言われています。

より健康的にお酒を飲みたい人は、こうしたサプリメントを取り入れるのも良いかもしれませんね!

今回のまとめ

今回の記事を読んで「いつも飲みすぎ?」と思った人は、適量とされる量を意識してみましょう。

Category : 雑学/健康・ダイエット

カテゴリTOPへ戻る

TOPページへ戻る

マイクロダイエット公式

サニーヘルス公式オンラインショッピング

カテゴリー

雑学/
健康・ダイエット

ハロウィンといえばかぼちゃ!丸ごと食べて美肌や風邪予防に

掲載日:2018.10.19

雑学/美容

今からでも遅くない!O脚を直して美脚&脚長に

掲載日:2017.02.06

ニュース

マイクロダイエットリゾット&パスタシリーズニューアル

掲載日:2013.12.16


人気記事ランキング

  1. 低糖質・高タンパクの煮干しダイエッ

    カタクチイワシなどの小魚を煮て干す工程を経て作られる、煮干し。 出汁用やおつまみ

  2. 食事代わりにお菓子を食べている人は

    やせたい。でもお菓子やスイーツがどうしても食べたい...じゃあ、いっそのこと食事

  3. ヨーグルトは夜がオススメ!夜ヨーグ

    ヨーグルトには乳酸菌などの善玉菌がたっぷり含まれています。 善玉菌の働きは、悪玉

  4. 「もち麦」がメタボに有効と話題に!

    「もち麦」のダイエットバワーが今注目を集めています。 もち麦とは大麦の一種で、米

  5. ダイエットに使い分けたい「水溶性食

    五大栄養素と呼ばれている、①タンパク質、②脂質、③糖質、④ビタミン、⑤ミネラルの

人気記事ランキング

  1. 太るサラダとダイエット向きサラダ 

    美容や健康、ダイエットなどのために、積極的にサラダを食べる人は多いと思いますが、

  2. 野菜ジュースを飲めば、野菜を食べる

    美容や健康に関心があっても、忙しくてなかなか十分な野菜を食べられない。そんな現代

  3. ダイエット中に太らないアイスの選び

    アイスの美味しい季節となってまいりました! でも冷たくて甘いアイスには、多量の砂

  4. 生食すれば医者いらず!大根おろしの

    昔から「大根おろしに医者いらず」という言葉があるように、大根おろしは様々な面から

  5. 冬が旬の根菜類には体を温める作用が

    食品には体を温めるもの・冷やすものがあります。 体を温めてくれる食品は、にんじん

  1. 体脂肪を燃焼させる!?「ケトン体ダ
  2. 女優やモデルも「白湯」の虜に!飲む
  3. 栄養なんてある?と思われがちな「ジ
  4. 体に良い油・悪い油、種類を知ってキ
  5. 「固太り」ってどうしたらいいの?原
  6. 1日10分で脂肪燃焼!なわとびダイ
  7. 「やせる」と話題沸騰中のサバ缶、食
  8. もやしダイエットは低カロリーで栄養
  9. 長寿日本一の沖縄が首位から急転落!
  10. バターとマーガリンどっちを選ぶべき


サニーヘルス公式オンラインショッピング

サニーヘルス 口コミ・レビュー

みんなの体験談

画像で記事を探す









カロリーセーブスーパー公式サイトはこちら

ダイエット体験談



[PR]

話題のダイエット方法ならe-dietnavi「イーダイエットナビ」

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

SSL グローバルサインのサイトシール

(C) Copyright 2018 Sunny Health. All Rights Reserved.