Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

雑学/健康・ダイエットTRIBIA/HEALTH-DIET

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

カラダに入ったお酒はどうやって分解される?女性は適度なアルコール摂取を!

カテゴリー:雑学/健康・ダイエット

カラダに入ったお酒はどうやって分解される?女性は適度なアルコール摂取を!

適量なら「酒は百薬の長」と呼ばれるように、身体にも心に良い効果が得られますが、飲みすぎれば言うまでもなく悪影響ばかりが残ってしまいます。

適量のお酒は、楽しい気持ちにさせる効果や、緊張感を和らげたり、人とのコミュニケーションを取ったり、ストレスを解消させたり、など多様な効果がありますよね。

適量なら「酒は百薬の長」と呼ばれるように、身体にも心に良い効果が得られますが、飲みすぎれば言うまでもなく悪影響ばかりが残ってしまいます。

身体の中に取り込まれたアルコールはどのような経路で吸収され、体内を巡り、分解されていくのでしょうか?

ダイエットの豆知識

お酒は種類も味わいも千差万別ですが、体や脳に影響を及ぼしている正体はアルコール=エチルアルコール(C2H5OH)です。

体内に入ったアルコールはどう分解される?

口から入ったアルコールは胃から約20%、小腸から残りが吸収されます。
そして血液に入ったのち大半が肝臓で代謝され、有害なアセトアルデヒドを経て酢酸に分解されます。

血液に入ったアルコールが脳に到達すると、アルコールが脳の神経細胞に作用し、酔った状態になります。

肝臓で分解しきれなかったアルコールは、肝静脈を通って心臓に送られ、ここから脳を含め全身へと巡っていき、再び肝臓に戻って分解されます。

肝臓でできた酢酸は、全身を巡るうちに水と炭酸ガスに分解され、最後には体の外に出ていきます。
体に入ったアルコールの数%は体内で代謝されないまま尿や汗、呼気となって、体の外に出ていきます。

肝臓はいわばアルコールの処理工場です。その代謝スピードには個人差はありますが、平均すると体重60~70キロの人で1時間におよそ7グラム程度といわれています。

女性の場合は男性に比べてより少ない飲酒量、より短期間(男性の半分と言われる)でアルコールの害を受け、アルコール依存症や肝臓障害、すい臓障害など、アルコール性の内臓疾患になってしまいます。

この理由は、女性は体も肝臓のサイズも男性よりも小さいことにあります。

また、体脂肪は男性より多いため、その分だけ水分が少ないといえます。
アルコールは脂肪には溶けにくいため、お酒を飲んだときの血中アルコール濃度が男性よりも高くなります。
さらに、女性ホルモンにはアルコールの分解を抑える作用があるといわれています。
女性にとっての適量は、男性よりも少ないという認識を持ちましょう。

ウコンは漢方にも使われ、高い薬効が期待されています。いくつか種類がありますが、春ウコンはコレステロールの低下、秋ウコンは肝臓の機能を向上し、紫ウコンは胃腸をサポートすると言われています。

アルコールの適量とは?

アルコール摂取量の基準とされるお酒の1単位とは、純アルコールに換算して20gです。
この1単位を各種アルコール飲料に換算すると以下になります。

ビール : 中びん1本(500ml)
日本酒 : 1合(180ml)
ウイスキー : ダブル1杯(60ml)
焼酎  : 0.6合(110ml)
ワイン : 1/4本(180ml)

以上が目安となります。

例えば、体重約60kgの人が1単位のお酒を30分以内に飲んだ場合、アルコールは約3~4時間体内にとどまります。

2単位の場合ではアルコールが体内から消失するまで約6~7時間かかります。
これにはもちろん個人差があるため、体質的にお酒に弱い人や女性はもっと長い時間がかかります。

また、深夜まで飲んでいると翌朝起床時にアルコールの代謝が終わらず体内に残っているため、二日酔いとなってしまいます。

お酒を飲んだ後、就寝している間も肝臓は黙々と働いているのです。
この肝臓を毎日連続して酷使すると障害が出てきます。

お酒を飲むと、肝臓には中性脂肪が蓄積されます。

胃や腸などの消化管の粘膜も荒れてきます。これら臓器の修復のためにも休肝日を作ることが必要です。週に2日は休肝日を設けましょう。

この際に気をつけたいのが、週5日続けて飲酒して2日連続で休むのではなく、2~3日飲んで1日休む、という習慣をつくることです。

休肝日を作ることはアルコール依存症を防ぐことにもつながります。

アルコールが毎日の習慣化すると飲まずにはいられなくなり、その結果アルコール依存症になってしまう危険性が高まります。

しかし自身で休肝日を設けることによって、「自分の意思で飲酒をしない」と自己管理できる自信がつき、精神的な意味でも重要です。

アルコール代謝の要となる「肝機能」が高まるということで、お酒を飲むときは「ウコン」を含むサプリメントを利用する人も増えてきています。

ウコンは漢方にも使われ、高い薬効が期待されています。

いくつか種類がありますが、春ウコンはコレステロールの低下、秋ウコンは肝臓の機能を向上し、紫ウコンは胃腸をサポートすると言われています。

より健康的にお酒を飲みたい人は、こうしたサプリメントを取り入れるのも良いかもしれませんね!

Category : 雑学/健康・ダイエット

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

注目のキーワード

この記事を読んだひとはこんな記事も読んでいます