Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

雑学/健康・ダイエットTRIBIA/HEALTH-DIET

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

「大股早歩き」でダイエット効率アップ!

カテゴリー:雑学/健康・ダイエット

「大股早歩き」でダイエット効率アップ!

過ごしやすい春は、外で運動をするのに絶好の季節!手軽にできるダイエット定番の運動といえばウォーキングですよね。同じウォーキングをするなら、より効率よく、よりメリハリボディになれる、「大股早歩き」が断然オススメ!!

過ごしやすい春は、外で運動をするのに絶好の季節!

手軽にできるダイエット定番の運動といえばウォーキングですよね。
今回ご紹介するウォーキングは、「大股早歩き」。同じウォーキングをするなら、より効率よく、よりメリハリボディになれる、こちらの方法が断然オススメ!!

ダイエットの豆知識

やり方は簡単!
背筋を伸ばしていつもよりも歩幅を大きくし、速度を上げるだけ!ダラダラ歩くのと、サッサと歩くのとではダイエット効果が違います。
もちろんダラダラ歩きでも効果がないことはありませんが、どうせやるならより高い効果を得たいですよね。

普段からウォーキングをしている人でも、この方法にシフトするだけで筋肉痛になることでしょう。
大股で歩くと、使われる筋肉の領域が広がるためです。

普通に歩くだけであれば主に下半身の筋肉が中心ですが、大股で歩くと使われる領域が上半身にも及びます。
歩幅が広がることで上半身はバランスを取ろうと腹筋や脇腹あたりの筋肉まで稼動域が広がるのです。このあたりの筋肉が鍛えられるとウエストの引き締め効果が期待できます。

使う筋肉が広がるということは、そのぶん消費カロリーも増えるということです。
しかも、ふくらはぎの筋肉が大きく伸びたり縮んだりするため、血流もよくなります。

ふくらはぎは「第二の心臓」と呼ばれていることをご存知ですか?

ウィンドウショッピングも少し大股、早歩きにしてみるだけでダイエット効果がアップ!

人間の身体は、心臓がポンプの役目をしていて、全身に新鮮な血液を送っています。そして脚の方まで送られた血液が、重力に逆らって静脈を上り心臓まで戻るには、相当な力が必要になります。

そこで、ふくらはぎの筋肉が第二の心臓として、ポンプの役目をして血液を心臓に押し戻してくれているのです。

しかしふくらはぎが充分に動かされていないと、血液やリンパ液が脚にたまって、むくみや冷え性の原因になったり、全身の血行が悪くなってしまいます。
長時間座っているなど同じ姿勢を取っていると脚がむくむのはこのため。流れが滞っているからです。

大股早歩きでウォーキングをすると、ふくらはぎが大きく伸び縮みして、ポンプとしての役割をしっかり果たしてくれるようになります。
そうなれば、血行も代謝も良くなって、むくみ、冷え性、便秘が解消されるのはもちろん、基礎代謝量も上がって、消費カロリーのアップにつながります。

歩くときは、かかとから着地し、つま先で地面をしっかり蹴るイメージでしてみましょう。
そしてふくらはぎが動いていることを意識しながらやってみましょう。普通に歩くよりも筋肉が活発に動かせるようになります。

ただ、大股ウォーキングは脚への負担が大きいです。足腰が弱い人やヒールの高い靴では無理しないことが大切です。

今回のまとめ

少し大股に、少し早歩きということを意識するだけで、効果がアップ!わざわざ運動する機会を作らなくても、これなら普段の移動に取り入れられるので習慣化してしましましょう。続けていれば「太りにくい身体づくり」に役立ちます。

Category : 雑学/健康・ダイエット

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

注目のキーワード

この記事を読んだひとはこんな記事も読んでいます