MICRODIET.netとは?サイトマップ

RSSMICRODIET Online

microdiet.netは、女性のキレイを応援するダイエット・美容のニュースサイトです。

ダイエット・健康・美容のアレ・コレがわかるマイクロダイエットネット

雑学/健康・ダイエット


日本人の摂取目標を定めている成分「DHA・EPA」とは?

「魚の脂は身体にいい脂」とよく言われますが、この脂とはDHA・EPAのこと。青魚100gの摂取で1日の必要量が満たされるといわれます。

世の中的には、油=太る、健康にも良くないという固定観念があるかもしれません。

油脂(脂質)は1gあたり9kcalですので、高カロリーなのは間違いありません。

しかしながら、脂質はエネルギー源となるばかりでなく、性ホルモンや細胞膜の大部分を形成する原料として、身体に必要不可欠な栄養素です。

脂質は体内で生成できるものとできないものがあり、生成できないものは、食べ物から摂取しなくてはなりません。
そうした身体に必要な脂質のことを「必須脂肪酸」と呼び、オメガ6とオメガ3の2つに分けられます。

オメガ6には、コーン油、ゴマ油、ひまわり油など一般的な植物油があり、主成分はリノール酸。

オメガ3は、DHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)、α-リノレイン酸の総称で、亜麻仁油、シソ油、キャノーラ油の他、さんま、さば、さけ、いわしなどの魚に特に豊富に含まれます。

オメガ6は日常の食事から十分すぎるほど摂れており、過剰摂取が問題視されていますが、反対に不足しがちになるのがオメガ3です。

ここで注目していただきたいのが、オメガ3の主成分である「DHA」と「EPA」です。

厚生労働省がまとめた「日本人の食事摂取基準」2010年版では、DHA・EPAの目標量を1日に1g(1000mg)としています。「オメガ3系脂肪酸」ではなく、その成分である「DHA・EPA」を摂取目標としているのです。

「魚の脂は身体にいい脂」とよく言われますが、この脂とはDHA・EPAのこと。
青魚100gの摂取で1日の必要量が満たされるといわれます。

DHA・EPAは、妊娠中の女性とお腹の中の赤ちゃんの健康にとっても欠かせない栄養素です。 妊婦さんがこれらを摂取すると、臍の緒を通じ赤ちゃんにも供給されます。

DHA・EPAは、学習・記憶能力、集中力向上の効果があるとされ、一時期とても話題になっていましたよね(魚・魚・魚~♪の歌が耳に新しいかと思います)。

これらの脂肪酸は、血栓を防ぎ、血中のLDL(悪玉)コレステロール値を低下させ、脳梗塞、心筋梗塞などの血管障害を予防するほか、花粉症をはじめとする様々なアレルギー反応を抑制する作用などがあります。

さらにDHAは、脳神経系に高濃度で分布し、情報の伝達をスムーズにするほか、脳の発育や視力の向上に関与しています。

DHA・EPAは、妊娠中の女性とお腹の中の赤ちゃんの健康にとっても欠かせない栄養素です。

妊婦さんがこれらを摂取すると、臍の緒を通じ赤ちゃんにも供給されます。
血液の流れをスムーズにする作用をもつEPAには、妊娠中に生じやすい血栓を防ぐ働きがあるとされています。
また、陣痛を起こす「プラスタグランジン」という物質のバランスを整える作用があり、早産の予防にもつながると言われています。

妊婦さんに注意していただきたいのが、魚に含まれる水銀など有害物質の問題です。
魚の種類によっては有害物質の濃度が高いものがありますので、こちらをご参照ください。

厚生労働省 妊婦への魚介類の摂食と水銀に関する注意事項
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syoku-anzen/suigin/dl/051102-2a.pdf

今回のまとめ

日本の食卓には欠かせない魚。しかし、食の欧米化により日本人の魚の摂取量は減り、肉の摂取量が増えています。魚は肉よりもずっとヘルシーですし、グリルで焼くだけで食べられる手軽なものでもあるので、積極的に食べるようにしたいものですね。

Category : 雑学/健康・ダイエット

カテゴリTOPへ戻る

TOPページへ戻る

マイクロダイエット公式

サニーヘルス公式オンラインショッピング

カテゴリー

雑学/
健康・ダイエット

食品添加物は体に悪い?摂り過ぎると太る?添加物の種類や体への影響は?

掲載日:2017.09.14

雑学/美容

今からでも遅くない!O脚を直して美脚&脚長に

掲載日:2017.02.06

リサーチ

2017年も60.8%もの人がお正月太りに!あなたは何kg増えた?アンケ

掲載日:2017.01.20

ニュース

マイクロダイエットリゾット&パスタシリーズニューアル

掲載日:2013.12.16

人気記事ランキング

  1. 炭水化物を多く含む食品食材のジャン

    「炭水化物抜きダイエット」「糖質オフダイエット」など呼び方はいくつかありますが、

  2. 体脂肪を燃焼させる!?「ケトン体ダ

    炭水化物抜きダイエット、もしくは低炭水化物ダイエットについては、以前こちらのサイ

  3. ダイエットに使い分けたい「水溶性食

    五大栄養素と呼ばれている、①タンパク質、②脂質、③糖質、④ビタミン、⑤ミネラルの

  4. ヨーグルトは夜がオススメ!夜ヨーグ

    ヨーグルトには乳酸菌などの善玉菌がたっぷり含まれています。 善玉菌の働きは、悪玉

  5. 炭水化物と糖質ってどう違うの?

    ダイエット中には脂質と糖質はなるべく控えめにしたいものです。脂質とはつまり油のこ

人気記事ランキング

  1. 太るサラダとダイエット向きサラダ 

    美容や健康、ダイエットなどのために、積極的にサラダを食べる人は多いと思いますが、

  2. パスタの太りにくい食べ方

    みんな大好きなパスタ! でも炭水化物だしオイリーだから太りそう...と、ダイエッ

  3. 野菜ジュースを飲めば、野菜を食べる

    美容や健康に関心があっても、忙しくてなかなか十分な野菜を食べられない。そんな現代

  4. ダイエット中のお酒はやっぱりダメ?

    ダイエット中のお酒はダメ!これは、医師やボディーコントロールの専門家をはじめ、ダ

  5. 生食すれば医者いらず!大根おろしの

    昔から「大根おろしに医者いらず」という言葉があるように、大根おろしは様々な面から

  1. 脂肪燃焼させるなら運動前にコーヒー
  2. 長寿日本一の沖縄が首位から急転落!
  3. 何をどれだけ食べれば「バランスの良
  4. 太らない炭水化物の食べ方とは?
  5. 食事代わりにお菓子を食べている人は
  6. ハリウッドセレブの間で話題の「アル
  7. お肌のお手入れ摂るならどっち?!
  8. モデルや女優も多数実践!ダイエット
  9. 人気沸騰中のアーモンドミルクが牛乳
  10. ピーナッツバターにダイエットと美容


サニーヘルス公式オンラインショッピング

サニーヘルス 口コミ・レビュー

みんなの体験談

画像で記事を探す









カロリーセーブスーパー公式サイトはこちら

ダイエット体験談



[PR]

話題のダイエット方法ならe-dietnavi「イーダイエットナビ」

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

SSL グローバルサインのサイトシール

(C) Copyright 2015 Sunny Health. All Rights Reserved.