雑学/健康・ダイエットTRIBIA/HEALTH-DIET

Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする
Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

夏バテしないための生活とは?

暑いときに食べるからこそおいしい食べ物といえば、冷やし中華、そうめん、アイスクリームなど冷たいもの。しかし、こうした冷たい食べ物は夏バテを助長します。
暑いときに食べるからこそおいしい食べ物といえば、冷やし中華、そうめん、アイスクリームなど冷たいもの。しかし、こうした冷たい食べ物は夏バテを助長します。

暑いときに食べるからこそおいしい食べ物といえば、冷やし中華、そうめん、アイスクリームなど冷たいものですよね。

こうした冷たい食べ物は夏バテを助長してしまいます。
『夏バテ』とは正式な病名ではありませんが、夏の暑さからくる体調不良はまとめて夏バテと呼ばれています。

その症状は、全身の倦怠感、食欲の低下、体重減少、胃腸の働きの低下、便秘・下痢、意欲や体力低下、頭痛、めまいなど、多岐に渡ります。
暑さによる睡眠不足や冷房病なども、大きく分ければ夏バテに含まれます

昔から夏バテという症状は存在してきましたが、暑さによる食欲の低下や栄養の偏り、多量の発汗による水分不足、睡眠不足といったものが主な原因でした。そして暑さのため冷たい食べ物、飲み物ばかりを摂り、内臓の機能が低下、食欲も落ちるといった悪循環が起こるのが特徴でした。

しかし昨今の夏バテの原因は暑さによるものだけではなく、冷房によるものもまた原因のひとつとなっています。

冷房の効いた涼しすぎる室内と酷暑の屋外とでは温度差が非常に大きく、体がうまく対応できないのです。室内と外気との温度差が5度以上になると自律神経のバランスを崩すと言われており、体調不良が生じやすくなります。

就寝中に一晩中冷房をつけっぱなしにすることも、体調不良の原因になります。

夏バテの症状は、全身の倦怠感、食欲の低下、体重減少、胃腸の働きの低下、便秘・下痢、意欲や体力低下、頭痛、めまいなど、多岐に渡ります。

寝る前に部屋を冷房で冷やしておき、1~2時間程度でオフになるようタイマーにしておきましょう。
夏はシャワーで済ませがちな入浴も、ぬるめのお湯にゆっくり浸かれば自律神経が落ちつきバランスが整いますので、夏バテ予防や改善に効果的です。

夏バテに効く食べ物は?

夏は暑さで多量の汗をかきます。その汗によって多くのビタミンやミネラルが身体から排出されます。
ビタミンやミネラルをきっちり補給しないと、ますます体力が落ちていき、やがては夏バテとなってしまいます。

夏バテの解消法として有効とされているのが、ビタミンB1、B2とクエン酸です。
これらは、ご飯や麺類、パンなどの炭水化物をエネルギーに変え、疲労物質を身体に溜め込ませないために必要な栄養素です。

●ビタミンB1、B2を豊富に含む食材

豚肉(特にもも、ヒレなど赤身)、レバー、枝豆、納豆、豆腐、うなぎ(ビタミンB1)、いわし、全粒粉パンなど
ビタミンンB1、B2は「アリシン」と一緒に摂ると吸収がアップします。
アリシンを含むのはネギ、にんにく、にら、たまねぎなどがあり、上記の食材と合わせて、例えばネギを薬味にした豚しゃぶや、レバニラ炒め、枝豆と玉ねぎのかき揚げなどが夏バテ予防や疲労回復にオススメです。

手軽に食べるなら、冷やっこにネギを乗せるだけでも。

●クエン酸を豊富に含む食材

お酢、ゆずやレモン、グレープフルーツなどかんきつ類、梅干など、酸味のある食べ物にはほぼ含まれています。
酢の物や梅干を日常的に取り入れてみましょう。

夏の食事で気をつけたいのは、偏りのない規則正しい3度の食事です。
少量でもいろいろな種類を食べましょう。

食欲を刺激する香辛料(しょうが、わさび、唐辛子、山椒、カレーなど)をきかせたメニューも良いです。
食欲がなく、肉や魚などの主菜をあまり食べたくない時は、豆腐がオススメ。

高タンパク・低脂質で、あっさり食べられ消化も良いです。

上述のように、ぜひネギを薬味に添えてみてくださいね。

今回のまとめ

暑いとそれだけで体力を消耗します。体調の変化を感じたら、日常生活全般において無理をせず、ペースダウンを心がけてみましょう。 

Category : 雑学/健康・ダイエット

注目のキーワード

この記事を読んだひとはこんな記事も読んでいます