雑学/健康・ダイエットTRIBIA/HEALTH-DIET

Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする
Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

ブルーベリーの300倍抗酸化力で大注目!ミラクルフルーツ「ボイセンベリー」とは

パソコンやスマホの見すぎですっかりお疲れの目。目のための栄養素「アントシアニン」「エラグ酸」を摂って目のケアを。
パソコンやスマホの見すぎですっかりお疲れの目。目のための栄養素「アントシアニン」「エラグ酸」を摂って目のケアを。

今、老化を予防する効果を持つ抗酸化物質の中で「目の抗酸化物質」が注目を浴びています。
視力をはじめとし身体の機能や肌など内面も外見も、年齢に伴い老化は避けられません。

そもそも老化とは何が原因で起こるのでしょうか。

老化の原因には主に2つの説があります。

ひとつは、最初から身体にプログラムされていて、細胞が50回分裂すると死んでいくという「プログラム説」。

もうひとつは、遺伝子が何らかの障害を受けることで老化が生じるという「分子障害説」です。
遺伝子に障害を与えるのは活性酸素だと言われています。

つまり、過剰に生成された活性酸素が障害を引き起こし細胞が酸化、老化が促されるのです。
そうした身体の酸化を予防するには、抗酸化物質が有効とされています。

今、特に注目されている抗酸化物質とは?

自然界の植物は、紫外線による酸化や害虫、病気などに耐えるため、様々な防御物質=抗酸化物質を持っています。

人間の老いや様々な不調も身体のサビつきなどが要因と考えられていますから、こうした植物由来の栄養素の摂取は健康維持にとても有益です。

中でも、近年研究者たちの間で注目されているのが「ボイセンベリー」に含まれている「エラグ酸」で、抗酸化力が大変強いことが特長です。他にも優れた特性が次々と解明されており、エラグ酸は大きな潜在能力を秘めた物質といえるでしょう。

このボイセンベリーとは果物の一種で、ブラックベリーとラズベリーの自然交配によってカリフォルニアで生まれた品種。

抗酸化物質であるポリフェノールが非常に豊富に含まれ、その一種「アントシアニン」はブルーベリーと同等以上、同じく「エラグ酸」はブルーベリーの約300倍も含まれています。アントシアニンは目に良い成分として既に有名ですよね。

エラグ酸は非常に強い抗酸化力があり、1~3時間ほどで血中の活性酸素を中和し、1度摂取すると酸化物質を解毒する酸素の働きを高める作用が、約72時間持続すると言われています。

目の老化や疲れに良いのはもちろんのこと、美容や身体のアンチエイジングに関心のある人には、ぜひおすすめしたい成分です。

エラグ酸はアントシアニンなど他の抗酸化成分と一緒に摂ると相乗効果が期待できます。

今回のまとめ

ボイセンベリーは欧米では「ミラクルフルーツ」と呼ばれ、ジャムやジュースなど加工食品としても人気の高い果物。
天然のサプリメントとも言えるボイセンベリーは、年齢を感じさせないキレイを目指す方に最適です。

Category : 雑学/健康・ダイエット

注目のキーワード

この記事を読んだひとはこんな記事も読んでいます