MICRODIET.netとは?サイトマップ

RSSMICRODIET Online

microdiet.netは、女性のキレイを応援するダイエット・美容のニュースサイトです。

ダイエット・健康・美容のアレ・コレがわかるマイクロダイエットネット

雑学/健康・ダイエット


Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

愛好者急増中の「グリーンジュース」ってどんなもの?

モデルや芸能人、美容に関心の高い女性の間で愛好者が急増中のグリーンジュース。

 肌がキレイになる、お通じが良くなる、デトックス効果、むくみ解消、ダイエット効果など様々なメリットがあるとされ、今話題のグリーンジュース

生のほうれん草や小松菜など緑の葉野菜とフルーツ、水などをミキサーで混ぜた飲みもののことで、モデルや芸能人、美容に関心の高い女性の間で愛好者が急増中です。

こうした類のジュースには「グリーンスムージー」や「酵素ドリンク」等と呼ばれているものもありますが、少しずつレシピやルールが違っています。

今回こちらでご紹介するのは、すぐに始められ面倒なルールなしの、シンプルなフレッシュグリーンジュース!

グリーンジュースに使う材料は葉野菜とフルーツですから、美容と健康に欠かせない酵素やフィトケミカル(参考記事:http://microdiet.net/diet/000305.html)、ビタミンなどがたっぷり含まれています。

しかも歯で噛んで食べる以上に、ミキサーでより細かく粉砕されたジュース状態のほうが、食物の栄養素をダイレクトに体内に吸収できると言われています。

更に、お腹が空いている状態のほうが栄養はより身体に吸収されやすいので、これを朝食代わりにしたり、又は朝食前に飲んだり、間食時など他の食べ物がお腹に入っていない時に飲みます。
 
では、市販の野菜ジュースでも良いのでは?と思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし市販のものと大きく違う点があります。

それは、グリーンジュースは野菜とフルーツを丸ごと使うためフィトケミカルや食物繊維が豊富に含まれ、ダイレクトに吸収できることです。抗酸化作用や美肌、便秘解消・腸内環境などの改善に役立ちます。

ジュースの材料は、旬の安い時期にたくさん買っておき、冷凍して適宜使うのも可です。

また、通常の食事からでも野菜を摂ることはできますが、塩分やドレッシング、油分、糖分も同時に摂ることになりますし、何より量をいただくのはなかなか難しいもの。

ミキサーでジュースにしてしまえば、余計な調味料を使うことなく、1日に必要な栄養分をしっかり吸収することができます。

量は、1日1リットルが最終目標。このぐらい飲むと効果が実感しやすいそうです。一気に1リットルは飲めないので、1日の中で分散して飲んでみてください。

持ち歩くことも可能なので、漏れないタンブラーなどに入れて会社や外出先へ持っていき、好きなタイミングで自分のペースで飲めばOKです。

初めはコップ1杯でも構いません。まずは毎日の習慣とすることを目標にしてみましょう。

■グリーンジュースの作り方

基本の材料は、生のフルーツと葉野菜、水だけ!お好みで水の代わりに牛乳や豆乳、ヨーグルトを加えてみても良いです。

新鮮な葉野菜とフルーツを用意しましょう。それらをミキサーで滑らかになるまで混ぜるだけ!!初心者は、「フルーツ6:葉野菜4」の割合で作りましょう。

緑色の青汁的なビジュアルとは裏腹に、味は甘みととろみのあるおいしいジュース。意外なほどおいしく飲むことができます。

ただ、初めから葉野菜を入れすぎると飲みにくいので、葉っぱ1枚からでも良いです。少しずつ増やしてみてください。

使う葉野菜やフルーツの種類は合計4種類ぐらいまでが良いです。そのほうが胃腸の負担になりにくいです。また一度に作る量は1日で飲みきれる分だけにしましょう。


■葉野菜

小松菜、ほうれん草、水菜、パセリ、チンゲン菜、かぶの葉、モロヘイヤなど緑の葉野菜

■フルーツ

バナナ、りんご、いちご、キウイ、みかん、パイナップル、アボカドなどなんでもOK!初めはバナナを入れるととても飲みやすいです。りんごやぶどう、いちじくなどはよく洗って皮ごと使用します。旬の安い時期にたくさん買っておき、冷凍して適宜使うのも可です。
 

◆ビギナーにオススメの飲みやすいレシピ例

・バナナ1本/みかん3個/キウイ1個/ほうれん草1/4束/水1カップ

・バナナ1本/りんご1/2個/キウイ1個/小松菜1/4束/水1カップ

・梨2個/ぶどう1/2房/いちじく2個/水菜1/4束/ヨーグルト100cc/水1/2カップ

 

お好みでアレンジして楽しんでみてくださいね!

今回のまとめ

薬ではないので即効性はあまり期待せずに、毎日の習慣として続けてみてくださいね。
継続は力!

Category : 雑学/健康・ダイエット

カテゴリTOPへ戻る

TOPページへ戻る

サニーヘルス公式オンラインショッピング

カテゴリー

雑学/
健康・ダイエット

本当に体に良いオリーブオイルの選び方を知っていますか?

掲載日:2019.02.15

雑学/美容

今からでも遅くない!O脚を直して美脚&脚長に

掲載日:2017.02.06

ニュース

マイクロダイエットリゾット&パスタシリーズニューアル

掲載日:2013.12.16


人気記事ランキング

  1. ウィンタースポーツの消費カロリーが

    スキー、スノーボード、スケートなどウィンタースポーツは、楽しく滑るだけでランニン

  2. ヨーグルトは夜がオススメ!夜ヨーグ

    ヨーグルトには乳酸菌などの善玉菌がたっぷり含まれています。 善玉菌の働きは、悪玉

  3. 食事代わりにお菓子を食べている人は

    やせたい。でもお菓子やスイーツがどうしても食べたい...じゃあ、いっそのこと食事

  4. 太るサラダとダイエット向きサラダ 

    美容や健康、ダイエットなどのために、積極的にサラダを食べる人は多いと思いますが、

  5. パスタの太りにくい食べ方

    みんな大好きなパスタ! でも炭水化物だしオイリーだから太りそう...と、ダイエッ

人気記事ランキング

  1. その老け顔...レンジの使い過ぎで

    電子レンジをよく使う、揚げ物好き、野菜や海藻を食べる量が少ない、インスタント食品

  2. 本当に体に良いオリーブオイルの選び

    健康食ブームやイタリア料理の人気などにより、オリーブオイルの輸入量は平成元年と2

  3. ダイエット中に太らないアイスの選び

    アイスの美味しい季節となってまいりました! でも冷たくて甘いアイスには、多量の砂

  4. 運動後もカロリーが消費され続ける「

    運動には負荷の少ない「有酸素運動」とハードな「無酸素運動」があり、体脂肪を燃やす

  5. お肌のお手入れ摂るならどっち?!

    女性なら誰でも(最近では男性でも?)気になるお肌のお手入れ。お肌に良い成分として

  1. 「もち麦」がメタボに有効と話題に!
  2. 体脂肪を燃焼させる!?「ケトン体ダ
  3. 「固太り」ってどうしたらいいの?原
  4. 冬のランチにぴったり!スープジャー
  5. 栄養なんてある?と思われがちな「ジ
  6. キャベツの葉2、3枚で1日分のビタ
  7. 漬物がダイエットにも美容にも効果的
  8. もやしダイエットは低カロリーで栄養
  9. 成功する糖質制限ダイエットのポイン
  10. ピーナッツバターにダイエットと美容


サニーヘルス公式オンラインショッピング

サニーヘルス 口コミ・レビュー

みんなの体験談

画像で記事を探す









カロリーセーブスーパー公式サイトはこちら

ダイエット体験談



[PR]

話題のダイエット方法ならe-dietnavi「イーダイエットナビ」

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

SSL グローバルサインのサイトシール

(C) Copyright 2018 Sunny Health. All Rights Reserved.