Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

雑学/健康・ダイエットTRIBIA/HEALTH-DIET

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

秋の夜長にストレッチでやせやすい体づくり!

カテゴリー:雑学/健康・ダイエット

秋の夜長にストレッチでやせやすい体づくり!

ストレッチの魅力は、激しい運動や無理な食事制限をしなくても、体質が変わること。

秋の夜長を利用して、寝る前に少しのストレッチ!

やってみれば太りにくい体づくりに役立つこと間違いなし!!
日ごろ運動する時間を取れない人にこそオススメしたいのがストレッチです。

ストレッチと聞けば、運動前に行うもの、また体を伸ばしてコリをほぐしたり等の為のものだと思ってはいませんか?

もちろん体は動かさなければ筋肉はこり、活動量や消費エネルギーも落ちてきます。
血行は悪くなり、肩こりやむくみ、冷え性を招くこともあり、ストレッチはそれらの解消にはぴったり。

しかしそれ以外にも、ストレッチにはダイエットの効果もあるのです。
血行が良くなるので新陳代謝が活発になり脂肪が燃焼されやすくなるほか、部分的な引締め効果も期待できます。

ストレッチの利点は無理な食事制限をすることなく、やせやすい体質に変わることです。
ストレッチ自体の消費カロリーは多くはありませんが、体を伸縮させることで筋肉がほぐれるため、自然と体の稼動域が増えます。
すると日常生活での消費エネルギー増に繋がります。

また、体はよく動かしている部分ほど脂肪がつきにくいです。
気になる部分があれば、意識的に動かしてみると良いでしょう。

日ごろ運動する時間を取れない人にこそオススメしたいのがストレッチです。ジムに通わなくてもやせやすい体に!

やせるカラダを作るストレッチ法

●脂肪燃焼に、肩甲骨ストレッチ

肩甲骨周辺には、脂肪を燃焼させる褐色脂肪細胞がたくさん存在します。刺激して活性化させましょう!(参考記事http://microdiet.net/diet/000319.html

1.両手を体の横に付け、脚を肩幅に広げて立ちます。そして両手を広げ、頭の上に持っていき、手のひらを合わせます。
2.頭の上の両腕を肘からできるだけ後ろに引きます。息を止めず、できるだけ肩甲骨が中央に寄るように意識して行います。
3.肩を前回り・後ろ回りさせます。ゆっくり行ってください。
4.最後は、深い深呼吸をしながら、両手のひらを背中で合わせ合掌させます。

●むくみを解消してすっきり脚に!

1.あぐらの姿勢で、片方の足裏を両手でつかみましょう。腹筋を意識し、猫背にならないようにします。
2.息を吐きながら、かかとを前方へ押し出すようにして、脚の裏側を伸ばしていきます。つかんでいる手を足首やふくらはぎに変えてもOKです。
3.伸ばせる範囲で脚裏を伸ばしたら、5回深呼吸。両足行います。

●くびれ対策

1.脚を肩幅ぐらいに広げ、両手を組んで頭の真上に持っていき、手のひらを上に向けます。
2.頭の真上になっていることを確認し、下半身動かさないようにしながら、上半身だけを左右に10秒ずつ倒します。気持ちの良い位置でキープし、脇腹の筋が伸びていることを意識しましょう。これを数セットほど行います。

●背中のたるみに!背中ストレッチ

1.うつ伏せになり、両手で肩幅ぐらいの広さで地面を支えます。
2.ゆっくり息を吐きながら、腰が床から浮かないように、少しずつゆっくりと上体を反らしていきます。
3.背中の筋肉を意識し、15~30秒程度キープ。これを数セット行います。

★ストレッチのポイント

・動かしている筋肉を意識しましょう。どこを動かしているのかを意識することで、より効果があります。
・勢いや反動をつけず、ゆっくり行いましょう。
・気持ちがいい程度にしておくこと。無理なく行いましょう。
・呼吸を止めずに行います。伸ばす時は息をゆっくりと吐き、元の体勢に戻る時はゆっくり息を吸いましょう。

Category : 雑学/健康・ダイエット

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

注目のキーワード

この記事を読んだひとはこんな記事も読んでいます