Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

雑学/健康・ダイエットTRIBIA/HEALTH-DIET

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

文学に見る、明治期日本の質素な「食」事情

カテゴリー:雑学/健康・ダイエット

文学に見る、明治期日本の質素な「食」事情

「雨ニモマケズ 風ニモマケズ」で始まる、宮沢賢治の「雨ニモマケズ」は、文中に「一日に玄米四合と味噌と少しの野菜を食べ」というくだりが出てきます。

「雨ニモマケズ 風ニモマケズ」で始まる、宮沢賢治の「雨ニモマケズ」は、誰もが知る文学作品です。

この作品は正確には遺作のメモだったのですが、代表作として広く認知されていますよね。

冒頭部は有名ですが、この後の文中に「一日に玄米四合と味噌と少しの野菜を食べ」というくだりがあります。

現代の感覚からすると、1日にご飯4合(女性用の茶碗で8膳ほど)は量が多すぎるのでは?と疑問が湧きますが、宮沢賢治が生きた明治~昭和初期の食事情ではむしろその逆。

「4合」というのは控えめな量で質素であるという表現なのです。

当時の日本は少しのおかずや漬物で大量の米を食べるという食事内容が一般的でした。

その頃の日本陸軍の食事規定では、主食として1人1日6合の麦飯が基本で、副食として朝食は汁物と漬物、昼食・夕食は肉や魚を含んだ少量のおかず一品。

ところが「雨ニモマケズ」では、現代と違い肉体労働が日常的である環境で、副食は3食とも汁物か漬物程度であり、粗食の極みとも言えるほどです。

現代のようにメインのおかずがボリューム満点などということはまずなく、体に必要なエネルギーのほとんどは、米や雑穀などの炭水化物から得ていました。

カロリーは玄米と白米はほぼ同じで、1膳(140g)で231kcal、生米1合で525kcalです。

カロリーは玄米と白米はほぼ同じで、1膳(140g)で231kcal、生米1合で525kcalです。

この計算によると、陸軍の6合は3150kcal、宮沢賢治の4合は2100kcalということになりますが、活動量の多い成人男性に必要な摂取カロリーは3400~3500kcal。活動量が少なくても2200kcalは必要とされています。

エネルギー源はほぼ米のみだと考えると4合ではもちろんのこと、6合の軍隊でも足りないほどです。

玄米の栄養素には、炭水化物以外にマンガン、ナイアシン、マグネシウム、銅、ビタミンB1、B2、リンが多く含まれます。また、食物繊維は白米の約9倍もの量が含まれています。

日本人の食物繊維の目標摂取量は1日あたり20~25gとされています。

実際の摂取量は平均で5~10g程度不足しているといわれますが、毎日の食事を白米から玄米に変えるだけでも、その不足分を十分に補える計算になります。

玄米をおいしく炊くには?

炊飯器でももちろん炊くことができますが、圧力鍋のほうがモチモチした食感が強まりおいしくなります。圧力鍋炊きの玄米を食べてハマる人も多いです。

●炊飯器での炊き方

玄米は白米のように研ぐ必要がありません。2~3度水を替えながらもみ洗いをして水を切り、炊飯器に移します。
玄米モードがついている炊飯器ならば、水加減は目盛より気持ち多目にします。玄米モードがない場合は、玄米の1.7~2倍程度の水を入れます。
6~7時間ほど浸水させ、炊飯します。

炊き上がってから少し芯が残っているようであれば、もう一度少し水を入れてスイッチを入れれば柔らかく炊けます。

●圧力鍋での炊き方

2~3度水を替えながらもみ洗いをして水を切り、玄米の1.5倍ほどの量の水に30分~1時間水に漬けます。
最初は中火~強火にして、圧力がかかったらその圧力をキープする程度の弱火で20分。火を止めたら圧力が完全に下がるまで放置します。

今回のまとめ

世界でも日本食は健康長寿食であるということで有名ですが、昭和30~40年頃の日本の食事が最も優れていたと言われています。炭水化物、たんぱく質、脂質が非常に良いバランスでした。その頃と比較すると、現代は脂質の摂取量が増えています。油を使った調理を減らしたり、肉よりも焼き魚や煮魚を食べる機会を増やすなど少し気をつけてみてはいかがでしょうか?

Category : 雑学/健康・ダイエット

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

注目のキーワード

この記事を読んだひとはこんな記事も読んでいます