MICRODIET.netとは?サイトマップ

RSSMICRODIET Online

microdiet.netは、女性のキレイを応援するダイエット・美容のニュースサイトです。

ダイエット・健康・美容のアレ・コレがわかるマイクロダイエットネット

雑学/健康・ダイエット


妊娠中の体重管理

1980年以降、2,500g未満で生まれる低体重児が徐々に増えてきています。研究によると、こうした子は将来生活習慣病になる可能性が高いことが分かってきました。

妊婦が「二人分食べなさい」と言われていたのは、栄養事情が今ほど良くなかった昔の話。

現在では医師による体重管理が厳しく、食事量はあくまでも適量にすることが勧められています。
中には妊娠中にも関わらず、体重が増加することを恐れダイエットする人までいるようです。

妊娠中に体重が増えすぎることは、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)や妊娠糖尿病などのトラブルに繋がるので気を付けなければなりません。

1980年以降、2,500g未満で生まれる低体重児が徐々に増えてきています。
研究によると、こうした子は将来生活習慣病になる可能性が高いことが分かってきました。

低体重で生まれてくる理由は、妊娠中でも体重増加をできるだけ抑えようとするあまり、十分な食事量・栄養が摂れていないことが主な原因と考えられています。
しかし体重増加を抑えすぎると、赤ちゃんの発育の面で好ましくありません。

このように過剰な体重管理をする女性がいる反面、妊娠中は食欲が増すために食欲を抑えられずかなり体重が増加する人も多くいます。

女性は妊娠するとホルモンの働きが変わり、体に栄養を蓄えようとして脂肪が蓄積されやすい状態になります。
それに加え妊娠中は運動不足になりがちなため、どうしても太りやすくなってしまうのです。
そこで、体重を無理に抑えたりするのではなく、健康的に体重を管理するためにはどうしたら良いのか、ポイントをご紹介します。

①体重測定を毎日する

時々測って体重の増加に驚くよりも、毎日体重を測り自分の状態を把握しましょう。
日々の食事内容にも気を配れるようになり、極端な体重増加を防ぎやすくなります。

塩分摂取量は1日あたり7.5g以下になるようにしましょう。塩分を摂り過ぎると浮腫(むくみ)がひどくなったり、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)になることもあります。ラーメンのスープはくれぐれも飲み干さないように。

②塩分に注意

塩分摂取量は1日あたり7.5g以下になるようにしましょう。塩分を摂り過ぎると浮腫(むくみ)がひどくなったり、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)になることもあります。
もし食事に塩味が足りないと感じたら、塩を足すより酸味のあるレモン汁やお酢などを利用すると良いでしょう。

③バランス良く食べる

ご飯、味噌汁、主菜1品、副菜2品の"一汁三菜"の和食を基本とします。
お米は朝・昼でしっかり食べ、夕食では軽めに。肉の脂身はカットして調理しましょう。鶏肉なら皮も取ります。
油を使った調理は1食に1品までにし、なるべく茹で、蒸し、オーブン焼きなど油を使わない調理方法にして余計な油をカットすると良いでしょう。
甘い物の食べ過ぎは体重が増加するだけでなく、妊娠糖尿病という病気の発症リスクが高まると言われています。

妊娠中、何キロまでなら増えてもOK?

1日に必要なカロリーは20~40歳の一般的な女性の場合、約2,000Kcalと言われていますが、妊娠中の場合は、初期50kcal、中期250kcal、後期500Kcal前後をプラスします。

プラスする分のエネルギーはお菓子やスイーツからではなく、食事から摂ってください。その際、例えばお米だけなど一種類を増やすのではなく、全体をかさ増ししましょう。

厚生労働省から、妊娠前の体格区分別推奨体重増加量が発表されていますので、ひとつの目安としてみてください。

 ・低体重(やせ) BMI 18.5未満 → 9~12kg増
 ・ふつう BMI 18.5以上25.0未満 → 7~12kg増
 ・肥満 BMI 25.0以上  → 5kg増

BMIの計算式 体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)
たとえば体重が60kg、身長160cmの人のBMIは、60kg÷1.6m÷1.6m=23.4です 。

今回のまとめ

妊娠中には積極的に食べるべきでないものや、食べないほうが良いものがあります。
詳細はこちらをご参照ください。

厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/06.html

Category : 雑学/健康・ダイエット

カテゴリTOPへ戻る

TOPページへ戻る

サニーヘルス公式オンラインショッピング

カテゴリー

雑学/
健康・ダイエット

クリスマスの肉料理・ケーキのカロリーと選び方

掲載日:2018.12.07

雑学/美容

今からでも遅くない!O脚を直して美脚&脚長に

掲載日:2017.02.06

ニュース

マイクロダイエットリゾット&パスタシリーズニューアル

掲載日:2013.12.16


人気記事ランキング

  1. 「もち麦」がメタボに有効と話題に!

    「もち麦」のダイエットバワーが今注目を集めています。 もち麦とは大麦の一種で、米

  2. 食事代わりにお菓子を食べている人は

    やせたい。でもお菓子やスイーツがどうしても食べたい...じゃあ、いっそのこと食事

  3. ヨーグルトは夜がオススメ!夜ヨーグ

    ヨーグルトには乳酸菌などの善玉菌がたっぷり含まれています。 善玉菌の働きは、悪玉

  4. 太るサラダとダイエット向きサラダ 

    美容や健康、ダイエットなどのために、積極的にサラダを食べる人は多いと思いますが、

  5. 冬が旬の根菜類には体を温める作用が

    食品には体を温めるもの・冷やすものがあります。 体を温めてくれる食品は、にんじん

人気記事ランキング

  1. 知っておきたい!太らないケーキの食

    クリスマスや誕生日には絶対に外せないケーキ! 年に一度のせっかくのイベントですか

  2. 野菜ジュースを飲めば、野菜を食べる

    美容や健康に関心があっても、忙しくてなかなか十分な野菜を食べられない。そんな現代

  3. お肌のお手入れ摂るならどっち?!

    女性なら誰でも(最近では男性でも?)気になるお肌のお手入れ。お肌に良い成分として

  4. パスタの太りにくい食べ方

    みんな大好きなパスタ! でも炭水化物だしオイリーだから太りそう...と、ダイエッ

  5. ダイエット中に太らないアイスの選び

    アイスの美味しい季節となってまいりました! でも冷たくて甘いアイスには、多量の砂

  1. ウィンタースポーツの消費カロリーが
  2. 生食すれば医者いらず!大根おろしの
  3. 秋冬においしい牡蠣!女子に嬉しい栄
  4. その老け顔...レンジの使い過ぎで
  5. クリスマスの肉料理・ケーキのカロリ
  6. ダイエットに使い分けたい「水溶性食
  7. 「固太り」ってどうしたらいいの?原
  8. 1日10分で脂肪燃焼!なわとびダイ
  9. 栄養なんてある?と思われがちな「ジ
  10. 体脂肪を燃焼させる!?「ケトン体ダ


サニーヘルス公式オンラインショッピング

サニーヘルス 口コミ・レビュー

みんなの体験談

画像で記事を探す









カロリーセーブスーパー公式サイトはこちら

ダイエット体験談



[PR]

話題のダイエット方法ならe-dietnavi「イーダイエットナビ」

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

SSL グローバルサインのサイトシール

(C) Copyright 2018 Sunny Health. All Rights Reserved.