Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

海外OVERSEAS

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

ハリウッドセレブの間で話題の「アルカリ性ダイエット」とは?

カテゴリー:海外 / 雑学/健康・ダイエット

ハリウッドセレブの間で話題の「アルカリ性ダイエット」とは?

海外セレブが実践するダイエット法は数多ありますが、今話題になっているのは『アルカリ性ダイエット』。

やり過ぎと言われるほど健康マニアのハリウッド女優、グウィネス・パルトロウをはじめ、ブラピ元妻のジェニファー・アニストンキルスティン・ダンストヴィクトリア・ベッカムら美の追求に余念のないセレブたちが、とあるダイエット法にハマっているようです。

海外セレブが実践するダイエット法は数多ありますが、今話題になっているのは『アルカリ性ダイエット』。

このダイエット法は食べ物を酸性とアルカリ性に分類し、食事の大半をアルカリ性の食品にすることで肝臓や腎臓の負担を減らし腸の働きを活発にするなどによって、やせやすい体質になるというもの。

逆に酸性の食事は肝臓や腎臓に負担を与えると言われています。

ダイエット効果はもちろんのこと、頭痛や心臓病、筋肉痛、不眠症の予防など様々な健康効果まであるとされ、この方法で10kgもの減量に成功した人もいるとか!

アルカリ性と酸性の分け方は、その食品自体で区別されるのではありません。
最終的にどのようなミネラルが残るかによって区別されます。

その測定は、食品を燃やした灰を水中に入れて溶出成分を含む水溶液を調製し、その水溶液のpH値を計測します。

例えば野菜や果物は、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルが残ります。これらのミネラルはアルカリ性ですのでアルカリ性食品と呼ばれています。

肉や魚、お米などを燃やした灰の成分は硫黄、塩素、リンなどで、これらのミネラルは体内に入ると、リン酸、硫酸、塩酸になりますので、これらの食品は酸性食品と呼ばれています。

アルカリ性と酸性の分け方は、その食品自体で区別されるのではありません。最終的にどのようなミネラルが残るかによって区別されます。例えばお酢は酸性ですが、体内に入り分解されるとアルカリ性に変化します。

食品の分類はだいたい以下のように分けられます。

アルカリ性 ⇒ 野菜、果物、海藻、きのこ、大豆など
酸性 ⇒ 肉、魚介類、卵、砂糖、小麦、米など

◆アルカリ性ダイエットのルール

アルカリ性ダイエットでは、食事の70%をアルカリ性の食品にして、体のpHバランスを理想的な値にするという事を目標にしています。
pH値は0が完全に酸性でpH14が完全なアルカリ性。
pH 7が中性です。人体では、胃の中は1.35~3.5程度のpH値で酸性、血液は7.45~7.35の弱アルカリ性です。

このダイエット法では、でんぷん質を多く含む穀物や野菜、白米やパンなどの小麦製品、乳製品、肉や魚、貝類などの酸性の食物は摂り過ぎないようにします。また、紅茶、コーヒー、砂糖、甘味飲料、アルコールはNGです。

つまりアルカリ性ダイエットのルールは、野菜と果物など植物性の食品が中心になります。
控えるべき食品は、高タンパク・高脂肪・糖質過多になりがちなものばかりですから、ダイエットの基本やベジタリアンの食事とも相通ずるものがありますよね。

そう考えるとダイエット効果があるのも納得です。

ただしアルカリ性の食品ばかりを食べていれば、体のpHバランスが整うという訳ではありません。
血液が弱アルカリ性に保たれているのは、様々な生体機能が複雑に絡み合って調整されているからであり、食べた物によって左右されることはありません。

常に体内ではあるべきpH値が保たれているのです。ですので、よく聞くような「体が酸性に傾く」ことも「アルカリ性で中和」されるといったことにはなりません。

野菜を多く摂るのはもちろん良いのですが、いろいろな食品を食べることで体はうまく機能します。
酸性の食品もアルカリ性食品も体にとってはどちらも必要です。
偏った考えのダイエット法・健康法に踊らされないためには、正しい知識を身に付けなければなりませんね。

Category : 海外 / 雑学/健康・ダイエット

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

注目のキーワード

この記事を読んだひとはこんな記事も読んでいます