MICRODIET.netとは?サイトマップ

RSSMICRODIET Online

microdiet.netは、女性のキレイを応援するダイエット・美容のニュースサイトです。

ダイエット・健康・美容のアレ・コレがわかるマイクロダイエットネット

雑学/健康・ダイエット


「もち麦」がメタボに有効と話題に!

米に「もち米」があるように、麦にも粘りのある「もち麦」があるんです。白米と比べて食物繊維は20倍も含まれています。

「もち麦」のダイエットバワーが今注目を集めています。

もち麦とは大麦の一種で、米にうるち米(普段食べている米)と、もち米があるように、大麦にもうるち麦と粘りのあるもち性の麦があります。もち麦は後者のことです。

名前の通り普通の大麦よりもっちりとした食感と、100gあたり10g以上もの食物繊維を含んでいるのが特徴です。
ちなみに白米の食物繊維は100gあたり0.5gですから、その含有量の多さが分かりますよね。
そのため、血糖値の上昇率は白米の半分程となっています。

最新の研究で、もち麦には、内臓脂肪やコレステロールを減少させてメタボリックシンドロームを改善する効果、更には糖尿病の予防や腸内環境を整える効果もあることも分かってきています。

もち麦で最も注目すべき点は、もち麦の食物繊維の大部分を占めている「β(ベータ)-グルカン」という粘りの強い成分です。
この成分はキノコや酵母にも含まれ、同じ大麦ならうるち麦よりもち麦のほうがより多く含まれています。

β-グルカンは、胃や腸の中で他の食べ物と混ざり合い、脂質や糖質の消化吸収を抑えるはたらきを持っています。
食後の血糖値抑制効果のほか、悪玉コレステロールを減らしながらも善玉コレステロールを減らさないという特徴も併せ持ちます。
また、腸の免疫力を高めて大腸ガンの予防効果もあるとされています。

白米や白いパン、白砂糖がたっぷり入ったお菓子やジュースなど、体に消化吸収されやすい糖質の摂り過ぎは、血糖値が急上昇しやすいです。この作用を「食後高血糖」といい、食後高血糖を誘発しやすい食品は「高GI食品」と呼ばれています。

現代の食習慣は、血糖値の上がりやすいものを多く摂っている傾向があります。
白米や白いパン、白砂糖がたっぷり入ったお菓子やジュースなど、体に消化吸収されやすい糖質の摂り過ぎは、血糖値が急上昇しやすくなります。
この作用を「食後高血糖」といい、食後高血糖を誘発しやすい食品は「高GI食品」と呼ばれています。

食後高血糖によって、糖を処理するためのホルモン「インスリン」がすい臓から多量分泌され、体に必要以上の糖は脂肪細胞として蓄積してしまいます。
ですので、白米を食べるなら食物繊維の豊富なもち麦を混ぜた麦ご飯にするほうが食後高血糖を抑え、インスリンの分泌量が少なくなる効果があります。
つまり白米よりも、もち麦ご飯にしたほうが太りにくいということになります。

もち麦は白米に混ぜてもち麦ご飯にするだけでなく、サラダやスープなど様々な料理に使うことができます。

調理方法は、沸騰したお湯にもち麦を入れ15分ほど茹でて使います。
茹でたもち麦はざるにあけて、そのままサラダやお汁粉、スープや麻婆豆腐に入れても良いです。米と同じ要領でリゾットに使っても美味です。

一度に多く茹でておいて、冷凍しておくことも可能です。小分けにしておけば、いつでも手軽においしいダイエットメニューを作ることができます。

もち麦が手に入りにくい場合は、普通の麦を使っても良いでしょう。β-グルカンはもち麦のほうが多く含まれますが、その他の栄養価は大きく変わりません。もち麦と同様に調理すればOKです。

今回のまとめ

日本人の食物繊維の摂取量は減ってきています。普段の白米にもち麦(大麦でも可)を3割ほど混ぜて常食すれば、不足分の解消に役立ちます。
ダイエット中は特に食物繊維が不足しがちになるので、積極的に麦を取り入れてみてはいかがでしょうか?

Category : 雑学/健康・ダイエット

カテゴリTOPへ戻る

TOPページへ戻る

マイクロダイエット公式

サニーヘルス公式オンラインショッピング

カテゴリー

雑学/
健康・ダイエット

食品添加物は体に悪い?摂り過ぎると太る?添加物の種類や体への影響は?

掲載日:2017.09.14

雑学/美容

今からでも遅くない!O脚を直して美脚&脚長に

掲載日:2017.02.06

リサーチ

2017年も60.8%もの人がお正月太りに!あなたは何kg増えた?アンケ

掲載日:2017.01.20

ニュース

マイクロダイエットリゾット&パスタシリーズニューアル

掲載日:2013.12.16

人気記事ランキング

  1. 炭水化物を多く含む食品食材のジャン

    「炭水化物抜きダイエット」「糖質オフダイエット」など呼び方はいくつかありますが、

  2. 体脂肪を燃焼させる!?「ケトン体ダ

    炭水化物抜きダイエット、もしくは低炭水化物ダイエットについては、以前こちらのサイ

  3. ダイエットに使い分けたい「水溶性食

    五大栄養素と呼ばれている、①タンパク質、②脂質、③糖質、④ビタミン、⑤ミネラルの

  4. ヨーグルトは夜がオススメ!夜ヨーグ

    ヨーグルトには乳酸菌などの善玉菌がたっぷり含まれています。 善玉菌の働きは、悪玉

  5. 炭水化物と糖質ってどう違うの?

    ダイエット中には脂質と糖質はなるべく控えめにしたいものです。脂質とはつまり油のこ

人気記事ランキング

  1. 太るサラダとダイエット向きサラダ 

    美容や健康、ダイエットなどのために、積極的にサラダを食べる人は多いと思いますが、

  2. パスタの太りにくい食べ方

    みんな大好きなパスタ! でも炭水化物だしオイリーだから太りそう...と、ダイエッ

  3. 野菜ジュースを飲めば、野菜を食べる

    美容や健康に関心があっても、忙しくてなかなか十分な野菜を食べられない。そんな現代

  4. ダイエット中のお酒はやっぱりダメ?

    ダイエット中のお酒はダメ!これは、医師やボディーコントロールの専門家をはじめ、ダ

  5. 生食すれば医者いらず!大根おろしの

    昔から「大根おろしに医者いらず」という言葉があるように、大根おろしは様々な面から

  1. 脂肪燃焼させるなら運動前にコーヒー
  2. 長寿日本一の沖縄が首位から急転落!
  3. 何をどれだけ食べれば「バランスの良
  4. 太らない炭水化物の食べ方とは?
  5. 食事代わりにお菓子を食べている人は
  6. ハリウッドセレブの間で話題の「アル
  7. お肌のお手入れ摂るならどっち?!
  8. モデルや女優も多数実践!ダイエット
  9. 人気沸騰中のアーモンドミルクが牛乳
  10. ピーナッツバターにダイエットと美容


サニーヘルス公式オンラインショッピング

サニーヘルス 口コミ・レビュー

みんなの体験談

画像で記事を探す









カロリーセーブスーパー公式サイトはこちら

ダイエット体験談



[PR]

話題のダイエット方法ならe-dietnavi「イーダイエットナビ」

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

SSL グローバルサインのサイトシール

(C) Copyright 2015 Sunny Health. All Rights Reserved.