MICRODIET.netとは?サイトマップ

RSSMICRODIET Online

microdiet.netは、女性のキレイを応援するダイエット・美容のニュースサイトです。

ダイエット・健康・美容のアレ・コレがわかるマイクロダイエットネット

雑学/健康・ダイエット


油をもって脂肪を制す!セレブたちがこぞって取り入れている「ココナッツオイルダイエット」とは?

今でこそココナッツオイルは体に良い油とされていますが、少し前までは体に悪い油だと言われていました。

アメリカの人気モデル、ミランダ・カーが火付け役となり、アンジェリーナ・ジョリーをはじめとするハリウッドセレブの間でも取り入れる人が続々の「ココナッツオイルダイエット」

料理に使ったり飲み物に混ぜたり、そのまま飲んだりなど、好きな方法で毎日ココナッツオイル(=ヤシ油)を摂り、脂肪をエネルギーに変えて太りにくい体にしてくれるというダイエット法です。

オイルといったらやせるどころか一段と太りそうなイメージがありますが、ココナッツオイルはダイエットに有効なオイルだといいます。

ココナッツオイル自体あまり馴染みがない人が多いと思いますが、世界で最も健康的なオイルだと言われており、その名の通りココナッツから作られるオイルです。

ココヤシ果実の種子にあたる核果の中の胚乳を乾燥したものから圧搾または溶剤抽出により原油が得られ、精製工程を経て製品化されます。

無色または淡い黄褐色のオイルで、摂氏23度から25度程度で液状になります。それ以下の温度では、白く固まった状態です。

ココナッツオイルの主成分はもちろん脂肪で、「飽和脂肪酸」が約9割を占めています。

飽和脂肪酸はバターなど動物性脂肪に多く含まれ、コレステロール値が上がることで知られ、健康志向の人には敵視されている種類の脂肪。

ではなぜその脂肪が主体となっているココナッツオイルがダイエットに役立つのでしょうか。

ココナッツオイルは加熱による酸化にも強いですから、炒め物や揚げ物にはうってつけと言えるでしょう。このオイルなら、ダイエッターには嬉しい「太りにくい揚げ物」なんて都合の良いものも、叶えてくれるかもしれません。

実は飽和脂肪酸といってもいくつかの種類に分類され、体に蓄積されるタイプと、効率よくエネルギーに代謝されて体に溜まらないタイプがあります。

ココナッツオイルは後者のタイプ。この飽和脂肪酸は「中鎖脂肪酸」と呼ばれています。中鎖脂肪酸を自然界で最も多く含んでいるのが、ココナッツオイルなのです。

母乳や牛乳などの脂肪分にも3~5%含まれています。

脂肪は体内に入るとエネルギーとして燃焼されるか、中性脂肪として体内に蓄積されます。

一般的な植物油と比べてココナッツオイルが優れているのは、この「エネルギーとして燃焼」される効率が非常に良い点です。

一般的な植物油に多い「長鎖脂肪酸」と比べて中鎖脂肪酸は、消化吸収は約4倍、代謝は約10倍も速いため、中性脂肪になりにくいのです。

この効果により、脂肪が吸収されにくく、しかも体に付いている脂肪は燃えやすくなるとされています。

中鎖脂肪酸は善玉コレステロールの働きを助け、悪玉コレステロールを減少させる働きがあります。中性脂肪の循環がスムーズになり、血管内の中性脂肪とコレステロールのバランスを保ちダイエットにも健康にも役立ちます。

また、血中の悪玉コレステロールを上昇させ、同じく動脈硬化や心臓疾患の等のリスクがあると言われるトランス脂肪酸を全く含んでいません。

こうした特性から、ココナッツオイルは油にもかかわらず太りにくくやせやすい油だと言われています。

更にココナッツオイルの特徴として挙げておきたいのは、「ラウリン酸」が約50%含まれている点です。この成分は体の免疫力を高め病原菌から体を守る働きがあり、母乳にも数%含まれているものです。

母乳で育った赤ちゃんが病気になりにくいのは、ラウリン酸の働きで免疫力をつけているとためと考えられています。

ココナッツオイルダイエットの火付け役であるミランダ・カーは、直接飲んだりお茶に混ぜたりする方法でココナッツオイルを摂取しているそうですが、お勧めの方法としては、料理に使う油をこのオイルに変えるだけ!

ココナッツオイルは加熱による酸化にも強いですから、炒め物や揚げ物にはうってつけと言えるでしょう。

このオイルなら、ダイエッターには嬉しい「太りにくい揚げ物」なんて都合の良いものも、叶えてくれるかもしれません。

今回のまとめ

現在の学説ではココナッツオイルは体に良い油とされていますが、
いくら摂っても太らない魔法の油、などといった拡大解釈で過大評価するのは考えものです。
また、中鎖脂肪酸の植物油も市販されていますが、なるべく加工されていない100%天然の商品をお勧めします。

Category : 雑学/健康・ダイエット

カテゴリTOPへ戻る

TOPページへ戻る

マイクロダイエット公式

サニーヘルス公式オンラインショッピング

カテゴリー

雑学/
健康・ダイエット

連休明けの緊急ダイエット法のポイント3つ

掲載日:2017.08.21

雑学/美容

今からでも遅くない!O脚を直して美脚&脚長に

掲載日:2017.02.06

リサーチ

2017年も60.8%もの人がお正月太りに!あなたは何kg増えた?アンケ

掲載日:2017.01.20

ニュース

マイクロダイエットリゾット&パスタシリーズニューアル

掲載日:2013.12.16

人気記事ランキング

  1. 炭水化物を多く含む食品食材のジャン

    「炭水化物抜きダイエット」「糖質オフダイエット」など呼び方はいくつかありますが、

  2. ダイエットに使い分けたい「水溶性食

    五大栄養素と呼ばれている、①タンパク質、②脂質、③糖質、④ビタミン、⑤ミネラルの

  3. 炭水化物と糖質ってどう違うの?

    ダイエット中には脂質と糖質はなるべく控えめにしたいものです。脂質とはつまり油のこ

  4. 体脂肪を燃焼させる!?「ケトン体ダ

    炭水化物抜きダイエット、もしくは低炭水化物ダイエットについては、以前こちらのサイ

  5. 太るサラダとダイエット向きサラダ 

    美容や健康、ダイエットなどのために、積極的にサラダを食べる人は多いと思いますが、

人気記事ランキング

  1. 何をどれだけ食べれば「バランスの良

    身体にイイとされる、「適量をバランスよく食べましょう」というよく聞くセリフ。

  2. パスタの太りにくい食べ方

    みんな大好きなパスタ! でも炭水化物だしオイリーだから太りそう...と、ダイエッ

  3. ヨーグルトは夜がオススメ!夜ヨーグ

    ヨーグルトには乳酸菌などの善玉菌がたっぷり含まれています。 善玉菌の働きは、悪玉

  4. ダイエット中に太らないアイスの選び

    アイスの美味しい季節となってまいりました! でも冷たくて甘いアイスには、多量の砂

  5. 野菜ジュースを飲めば、野菜を食べる

    美容や健康に関心があっても、忙しくてなかなか十分な野菜を食べられない。そんな現代

  1. 生食すれば医者いらず!大根おろしの
  2. 体に良い油・悪い油、種類を知ってキ
  3. 太っている人とやせている人の違い、
  4. もやしダイエットは低カロリーで栄養
  5. ダイエット中のお酒はやっぱりダメ?
  6. ヘルシーな鶏むね肉はダイエットや疲
  7. 食事代わりにお菓子を食べている人は
  8. 体に脂肪を溜めこませないビタミンB
  9. 秋冬においしい牡蠣!女子に嬉しい栄
  10. バターとマーガリンどっちを選ぶべき


サニーヘルス公式オンラインショッピング

サニーヘルス 口コミ・レビュー

みんなの体験談

画像で記事を探す









カロリーセーブスーパー公式サイトはこちら

ダイエット体験談



[PR]

話題のダイエット方法ならe-dietnavi「イーダイエットナビ」

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

SSL グローバルサインのサイトシール

(C) Copyright 2015 Sunny Health. All Rights Reserved.