Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

雑学/健康・ダイエットTRIBIA/HEALTH-DIET

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

体に脂肪を溜めこませないビタミンB群

カテゴリー:雑学/健康・ダイエット

体に脂肪を溜めこませないビタミンB群

体に余計な脂肪を付けないこと、また、余分な体脂肪を減らすことがダイエットの基本ですが、その為には欠かせない栄養素があります。それは、ビタミンB1、B2、B6です。

マイクロダイエットネットをいつもご覧の皆様ならもうご存知かと思いますが、ダイエットは闇雲な食事制限だけでは成功せず、摂るべき栄養をきちんと摂ることが大切です。

体に余計な脂肪を付けないこと、また、余分な体脂肪を減らすことがダイエットの基本ですが、その為には欠かせない栄養素があります。

それは、ビタミンB1、B2、B6です

ダイエットのポイントは、摂取した食物の代謝を効率的に行うことです。
これらのビタミンは体に入った糖質、脂質、タンパク質がエネルギーに変換されるのを補助・促進して、脂肪として体に蓄えられることを妨いでくれる働きがあります。

例えば、同じ分だけのカロリーを摂取した時に、これらのビタミンが多く含まれる食事の方がエネルギーとして使われやすくなる分、体に脂肪が蓄積しにくくなります。

これらのB群のビタミンは相互作用があり、様々な物質の代謝に関わっています。
どれか一つでも欠けるとその働きは低下してしまいますので、各種をバランスよく摂取することでその力を発揮します。

それぞれの働きを見てみましょう。

【ビタミンB1】

主に糖質の代謝を助けてエネルギーを産生するほか、抹消神経のはたらきを正常に保ち、脚気(かっけ)を防ぎます。不足すると、脚気、手足のしびれ、腰痛など反射神経の異常がみられます。また、食欲不振、消化不良、下痢などをおこしやすくなります。
多く含まれる食品:豚肉(ヒレなど赤身)、鶏レバー、鰻、小麦胚芽、玄米、大豆など

【ビタミンB2】

脂質を中心に糖質、タンパク質の代謝に関わります。健康な肌や髪をつくり、粘膜を保護します。口内炎や口角炎、目や舌、唇の粘膜異常、肌荒れ、髪のトラブルは、ビタミンB2の欠乏が原因と考えられています。
多く含まれる食品:豚・牛・鶏レバー、鰻、小麦胚芽、納豆、チーズ、卵など

おつまみには豚肉の料理や生ハム、枝豆、チーズ、焼鳥ならレバーなどを食べてB群を補いましょう。

【ビタミンB6】

タンパク質の代謝に大きく関わっており、糖質、脂質の代謝にも関連しています。
中でも筋肉、血液、ホルモン、免疫にかかわる抗体などの材料になるタンパク質の合成を促す働きと、タンパク質の成分であるアミノ酸の合成を促す働きが特に重要です。
脂質の代謝を良くし、脂肪肝を予防する働きもあります。他にも、月経前症候群(PMS)の症状をやわらげる効果や、つわりを和らげるといった女性に関係の深いビタミンでもあります。不足すると、神経炎、神経過敏、不眠、つわりがひどくなるなどの症状が現れます。
多く含まれる食品:にんにく、マグロ、カツオ、牛肉、豚・牛・鶏レバー、バナナなど

■ビタミンB群を摂って太りにくい体になる食生活

ビタミンB群が不足しがちに!体に脂肪が溜めこまれやすくなる食習慣と改善方法

・お菓子やインスタント食品をよく食べる
⇒ 間食はナッツやドライフルーツなどB群の含まれるものを。インスタント食品なら卵やハムなどをプラス。

・飲酒量が多い
⇒ アルコールの代謝にB群、特にB1が大量に消費されます。酒量は適量にし、おつまみには豚肉の料理や生ハム、枝豆、チーズ、焼鳥ならレバーなどを食べてB群を補いましょう。

・魚・肉・卵・大豆などタンパク源を食べる量が少ない
⇒ これらの食品には総じてB群が多く含まれるほか、タンパク質が不足すると代謝が下がりダイエット効率が低下します。必ずメインのおかずも食べるようにしましょう。

・白米や白いパンをよく食べる
⇒ 白米は玄米や麦ご飯や雑穀米に、パンは胚芽パンがオススメです。

・そばよりもうどん派
⇒ そばにはビタミンB1、B2が比較的多く含まれます。カロリーは大差ありませんが、血糖値の上がり方の面でも、うどんよりそばのほうが太りにくいです。

ビタミンB群は、水溶性のため体内に蓄積することができません。
ですから、毎回の食事で摂取する必要があります。

水溶性ビタミンなので水に溶けやすいです。食材を調理するときは、煮汁ごと利用すると良いでしょう。
また、加熱によって、3割~5割程度失われてしまいます。生で食べられるものは、なるべく加熱せずに食べるようにしましょう。

短時間に多量に摂取してもそのまま体外へ排出されてしまいますので、食事の度にバランスよく摂取するのが理想的です。

そんなに食べていないはずのにやせない、という方は、ビタミンB群が十分に足りているか見直してみてはいかがでしょうか?

今回のまとめ

ビタミンB群は疲労回復や、ストレスに負けない強い体づくりにも役立ちます。
ストレスがたまりがちなダイエット中でも、メンタル面においてダイエットをサポートしてくれるでしょう。

Category : 雑学/健康・ダイエット

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

注目のキーワード

この記事を読んだひとはこんな記事も読んでいます