Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

雑学/健康・ダイエットTRIBIA/HEALTH-DIET

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

「やせる」と話題沸騰中のサバ缶、食べるだけでやせるというのは誤解

カテゴリー:雑学/健康・ダイエット

「やせる」と話題沸騰中のサバ缶、食べるだけでやせるというのは誤解

「サバを食べるとやせる」とテレビで放送された効果により、サバの水煮缶が全国のスーパーで品薄状態が続いているそうです。

バナナ、納豆、トマトに豆乳...今回は「サバ」です。
サバの水煮缶が全国のスーパーで品薄状態が続いているそうです。

理由は、「サバを食べるとやせる」とテレビの健康系情報番組で放送されたため。
サバは「やせるホルモンの分泌を促す食品」であり、ダイエットに効果があると紹介され、これに食いついた視聴者たちやその口コミなどで需要が急増、メーカーの生産も追いつかない状況だといいます。

番組で紹介されたのが水煮缶だったためか、サバのみそ煮やかば焼きより圧倒的に売れているそう。

番組では、サバに含まれる不飽和脂肪酸「EPA」が、食欲抑制効果や、糖質が腸で緩やかに吸収される働きを持ち、血糖値を下げる「GLP-1」というホルモンの分泌を促進させると紹介されました。

確かにGLP-1の分泌量が多い人、EPAの摂取量が多い人ほどやせやすい体質だと言われています。日本人は欧米人よりもスリムな人が多く肥満率が低いですが、それはEPAが多く含まれる魚をよく食べていることが一因であるという説もあるほどです。

■サバ缶を食べるだけでやせるというのは誤解

必ずしもサバ缶でなくても、GLP-1を増やすことはできます。
小腸の下の方(大腸に近い部分)に、GLP-1を分泌する細胞が多く存在しており、その部分まで届く食材を摂取することでGLP-1を増やすことができます。

これからの季節は、サバ同様にEPAの豊富なおいしいサンマが安く出回ります。旬のものを食べておいしくダイエットしましょう♪

その食材の成分が、EPAと食物繊維。これらがGLP-1を増やす手助けをしてくれ、特にEPAが有効だとされています。
EPAは不飽和脂肪酸の一種で、サバに豊富に含まれています。「魚の脂は身体にいい脂」とよく言われますが、この脂とは同じく不飽和脂肪酸のDHAとEPAのこと。

確かにEPA含有量はサバがトップクラスですが、マグロ(トロ)、イワシ、ブリ、サンマなど脂ののった他の青魚にもたくさん含まれています。青魚100gの摂取で1日の必要量が満たされるとされており、サバ缶にこだわる必要はありません。

サバ缶に限らず、ある一つの食品のやせる成分をアテにして、同じ食品ばかりを食べてダイエットするのではなく、食事内容を見直すきっかけにしてみましょう。
例えば今回ブレイクした「サバ」であれば、週に2、3回はサバもしくは他の青魚も含めてコンスタントに取り入れるように変えてみるというのはいかがでしょうか。

ダイエットだからと言って、やせるとされる特定の食品ばかりを食べていても根本的な解決にはなりません。食は毎日のことでずっと続くものですから、食習慣自体を"健康的で太りにくいもの"へとシフトできるのが理想的です。できることから始めてみましょう。

Category : 雑学/健康・ダイエット

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

注目のキーワード

この記事を読んだひとはこんな記事も読んでいます