Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

雑学/健康・ダイエットTRIBIA/HEALTH-DIET

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

約8割の大人が歯周病!歯ぐきの出血を放置すると恐ろしいことに…

カテゴリー:雑学/健康・ダイエット

約8割の大人が歯周病!歯ぐきの出血を放置すると恐ろしいことに…

人類史上最も感染者数の多い感染症とされ、ギネス・ワールド・レコーズに載っているほど罹患者数の多い病気です。

歯を失う原因の第一位は歯周病です。

歯周病とは、歯を支えている組織(歯ぐき・歯根膜・歯槽骨・セメント質)に起こる、さまざまな症状の総称で、約80%もの成人が程度の差はあれ歯周病であるといわれています。
人類史上最も感染者数の多い感染症とされ、ギネス・ワールド・レコーズに載っているほど罹患者数の多い病気です。

その一方で、歯周病を気にしている人の割合は低く、歯茎からの出血がきっかけで初めて意識するようになる人が多いようです。

歯周病は、歯と歯ぐきのすき間である歯周ポケットに溜まった歯垢(プラーク)に含まれる細菌が原因となって発症します。口内環境や生活習慣によっても、歯周病を誘発したり悪化させたりするリスクがあります。
その原因となるのが歯石。歯垢にカルシウムやリン酸などが沈着すると歯石になります。また、この歯石にはさらに歯垢がつきやすいため、炎症などの症状が悪化する場合もあります。

また、歯並びが悪いと歯磨きが不十分になりがちですから、そこに歯垢が溜まり、炎症が起こりやすくなります。歯に合っていない歯科治療のかぶせ物などの周りにも、歯垢が付きやすくなります。
口で呼吸する癖がある場合、歯ぎしりなどもまた歯垢が付きやすくなったり、炎症に繋がります。

■歯周病の進行

歯周病の症状には段階があります。

まず、初期段階では「歯肉炎」と呼ばれます。

歯肉のみに炎症が起きている状態です。歯ぐきが腫れてきて、歯の周りに歯周ポケット(仮性ポケット)と呼ばれる溝ができ、歯垢が溜まりやすくなっている状態です。

歯みがきで歯ぐきから血が出る、痛む、朝に口内がネバネバするなどの症状があります。
軽い炎症程度なら、正しい方法で歯みがきをすることで治ります。

歯周病の症状には段階があり、初期段階では「歯肉炎」と呼ばれます。歯肉のみに炎症が起きている状態です。歯ぐきが腫れてきて、歯の周りに歯周ポケット(仮性ポケット)と呼ばれる溝ができ、歯垢が溜まりやすくなっている状態です。

次に「軽度歯周炎」です。

炎症が内部にまで広がり、歯と歯の間に深さ3mmほどの歯周ポケット(真性ポケット)が現われ、そこにたまった細菌は毒素が強く、歯の周りの組織(歯周組織)に炎症が進みます。あごの骨の歯の付け根の部分(歯槽骨)が破壊され始めます。

歯ぐきやその内側の組織に膿が溜まり、見た目で分かる程度に歯ぐきが腫れ痛みを伴う場合も。歯ぐきの炎症が進行するにつれ、歯ぐきの内側にある歯を支えている骨も溶かされ、歯が動くようになります。

この状態になると、食べ物がよく歯に挟まるようになります。
歯周ポケット内に付着している歯石や歯垢は、歯科で除去してもらう必要があります。

そして後期段階、「中程度歯周炎」。

歯周ポケットが4~6mmとさらに深くなります。歯槽骨は3分の1から2分の1ほどが破壊され、歯がグラグラとよく動くようになります。硬い食べ物を噛むと痛むように。
歯周病がかなり進行している状態です。

末期段階は「重度歯周炎」といいます。

歯周ポケットが7mm以上にもなり、歯槽骨は2分の1以上破壊されてしまいます。そのため歯の付け根がむき出しになり、その歯はやがて抜け落ちてしまいます。
歯茎が下がり、歯が長くなったように見えます。
こうなると、歯ぐきを切開して汚れを取り除かなければなりません。場合によっては歯を抜く必要が出てくる可能性も。

 

■歯周病を発症・進行させるリスク

歯周病を防ぐため、進行させないためには、正しい歯磨きを毎日行うことが最善策です。
歯周病や虫歯の原因となる歯垢は、生きた細菌の塊です。水に溶けにくく、歯の表面に粘着しているため、うがいをするだけでは取り除くことはできません。しっかりブラッシングをすることで取り除くことができます。

また、甘いもの・やわらかいものは歯につきやすく、こうした食品を食べる機会の多い人は歯垢の増殖に拍車をかけます。
歯周病を防ぐために、また現状より進行させないためには、生活習慣を改善し歯磨きを徹底するしかありません。

食事の度に磨くのが難しければ、夕食後だけでも構いません。10分ほどかけて歯ぐきをマッサージするように、歯の表側、裏側、噛み合わせの面と隈なくしっかりと磨くようにしましょう。磨き残しを防ぐため、磨く順番を決めておくと良いでしょう。

Category : 雑学/健康・ダイエット

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

注目のキーワード

この記事を読んだひとはこんな記事も読んでいます