Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

雑学/健康・ダイエットTRIBIA/HEALTH-DIET

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

黒酢のクエン酸&アミノ酸のダブルパワーでダイエット効率UP!

カテゴリー:雑学/健康・ダイエット

黒酢のクエン酸&アミノ酸のダブルパワーでダイエット効率UP!

最近では「飲むお酢」が一般的になってきていることから、プルーン酢やざくろ酢など、酸味が少なくフルーティーな「果実酢」がたくさん並んでいます。

スーパーのお酢売り場には、実にたくさんの種類のお酢が陳列されています。

最近では「飲むお酢」が一般的になってきていることから、プルーン酢やざくろ酢など、酸味が少なくフルーティーな「果実酢」がたくさん並んでいます。
果実酢とは、その名の通り果実を原料にしたものです。

それに対し、普段の料理に使うのは穀物酢や黒酢、ワインビネガーやバルサミコ酢などが主流。

黒酢においては味わいがまろやかなだけでなく、サプリメントやダイエットドリンクにも用いられているだけあり、その栄養価は他のお酢に比べて優れていることで知られています。
今回はそんな「黒酢」に注目してみましょう。

黒酢はJAS規格によると、穀物酢のうち、原材料として米(白米ではなく、玄米など糠がついたもの)又はこれに小麦若しくは大麦を加えたもののみを使用したもので、米の使用量が穀物酢1Lにつき180g以上であって、かつ、発酵及び熟成によって褐色又は黒褐色に着色したものを「黒酢」としています。

黒酢は熟成が進むほどに黒味が増していきます。
本来黒酢の製造は何年もかけて熟成させるものでしたが、2003年の黒酢に関するJAS法が制定されてからは、近代的な設備による「速醸法」や「連続法」と呼ばれる発酵方法によって、24~48時間という短時間で作られるようになりました。そして安価で販売されるようになり、これが現在の黒酢の主流になっています。

連続法で作られた黒酢は、時間をかけて熟成された昔ながらの製法の黒酢に比べると、そのアミノ酸の含有量は比較にならないほど少ないそうです。
そうはいっても一般のお酢と比べると、黒酢のほうがアミノ酸量はかなり多いです。

食酢100ml中、アミノ酸の含有量は穀物酢で約50~80mg、黒酢は約600mg。
原料に精白されていない丸ごとの米(玄米)を使用し醗酵・熟成させているので、アミノ酸など有機酸、ビタミンB群やミネラルが豊富に含まれているのです。

やはり黒酢は侮れません!

酢の物だけでなく、煮込み料理や炒め物、和え物、オイルと合わせてドレッシングにするなど、何にでも使えます。

【黒酢の効果】

●クエン酸サイクルで脂肪燃焼、疲労回復!

黒酢の主成分は「酢酸」で、摂取して体内に入るとクエン酸へと変化するのですが、このクエン酸は体内のエネルギー産出において重要な役割を担っています。

食事から摂った糖質、タンパク質、脂質のエネルギーや、疲労の原因物質である乳酸などを分解しエネルギーに変換するサイクルの事を「クエン酸サイクル」といいます。

クエン酸サイクルが潤滑に回っていないと、糖質や脂質の代謝がスムーズに行われず、また疲労物質の乳酸が溜まり、やせにくくなったり、疲れが取れない、疲れやすいといった体質になってしまいます。

逆にクエン酸サイクルが潤滑になると、エネルギーが効率よく消費されるようになり、疲れにくく、太りにくい体質になります。
また、クエン酸の力により体内でカルシウムや鉄などのミネラルが吸収されやすくなります。

●豊富なアミノ酸が脂肪蓄積を抑える

黒酢は他のお酢と比べアミノ酸がかなり多く含まれていて、人の体に必要な必須アミノ酸・非必須アミノ酸の両方の計20種類が網羅され、しかもバランスよく含まれています。

アミノ酸には全身を活性化させ代謝をアップする作用があり、脂肪の吸収抑制や燃焼に役立ちます。有酸素運動と組み合わせるとダイエット効果が高まります。

●アルカリ性食品

お酢はアルカリ性食品です。
肝臓や腎臓の負担を減らして内臓の働きを活発にし、体調を整えたりむくみを解消します。

●高血圧予防

お酢に含まれる物質がACEという酵素の働きを阻害し、血圧の上昇を抑えることが知られています。お酢のなかでも、黒酢が最も高血圧抑制効果が高いことが研究により分かっています。
特に中高年に多いコレステロール過多のタイプには、黒酢が良いと言われています。

●便秘改善

黒酢は大腸の働きを活発にしますので、美容やダイエットに大敵な便秘予防には最適です。黒酢を飲みすぎると下痢になってしまう人もいるほどですので、摂取過多には気を付けましょう。

●血流改善

お酢の血液サラサラ効果に黒酢に豊富なアミノ酸効果が加わることで、血流改善効果が期待できます。

■黒酢の取り入れ方

薄めて飲用する方法もありますが、普通のお酢と同様に調味料として摂るのが好ましいです。
酢の物だけでなく、煮込み料理や炒め物、和え物、オイルと合わせてドレッシングにするなど、何にでも使えます。
肉料理に使うと柔らかくしっとりとした仕上りになり、おいしくいただけます。
お酢には殺菌作用があるので、日持ちの面でも優等生です。
一食に一品は黒酢を使ったメニューにしてみてはいかがでしょうか。

■注意点

・便秘解消効果が強いため、過剰摂取避けましょう。
・血液の流れを良くする効果があるので、ごくまれに手術などの時に血が止まりにくいといった報告もあります。
・アレルギーによる紅斑が出るケースも報告されています。
・そのまま飲むと胃を痛めることがあります。飲用するなら必ず10倍以上に薄めてください。

Category : 雑学/健康・ダイエット

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

注目のキーワード

この記事を読んだひとはこんな記事も読んでいます