Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

雑学/健康・ダイエットTRIBIA/HEALTH-DIET

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

春の七草でお正月モードの体をリセット!

カテゴリー:雑学/健康・ダイエット

春の七草でお正月モードの体をリセット!

年末から年始にかけてはごちそうが続きお酒を飲む機会も多く、誰もが体重が増えやすい時期です。

年末から年始にかけてはごちそうが続きお酒を飲む機会も多く、誰もが体重が増えやすい時期です。
そんな時期、お正月太りを体に優しくヘルシーに回復してくれるのが七草粥。

春の七草「セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ」を具材とする塩味のあっさりしたお粥で、その一年の無病息災と五穀豊穣を願って食べられます。1月7日に食べる習わしがあり、お正月のご馳走やお酒で弱った胃を休める為や、平常の食生活に戻す区切りとされています。

七草はどれも昔から薬効があり、胃腸を整えたり、咳やたんを鎮めるなどの効能があります。また、ビタミン、ミネラルの豊富な若菜を食べることで、栄養のバランスを整える効果もあります。

【春の七草】

●芹(セリ)・・・若菜は香りが良く、日本のハーブと言えるセリ。カルシウム、ビタミンA,B,Cを含み、血圧を下げ解毒作用があり、古来より健胃生薬といわれています。

●薺(ナズナ)・・・いわゆる「ぺんぺん草」のことです。野菜特有のアクがなく、鉄分を含み、貧血ぎみの人や肝臓にもよく、利尿効果があると言われています。

●御形(ゴギョウ)・・・昔から若芽を七草粥にしたり、草団子や草餅の原料にしていましたが「ヨモギ」の方が、緑の色が濃く好まれ、ゴギョウの利用は減っていったようです。母子草(ハハコグサ)と呼ばれています。鎮咳作用があり、風邪や気管支炎にも良いです。

七草はどれも昔から薬効があり、胃腸を整えたり、咳やたんを鎮めるなどの効能があります。また、ビタミン、ミネラルの豊富な若菜を食べることで、栄養のバランスを整える効果もあります。

●繁縷(ハコベラ)・・・ハコベのこと。利尿効果、止血作用があり、汁で歯磨きすると歯にも良いです。アクが少ないので、お浸し、和え物、バター炒めなどで食べてもおいしいです。

●仏の座(ホトケノザ)・・・現在の「ホトケノザ」ではなく、「タビラコ(田平子)」を指します。ホトケノザはシソ科ですが、タビラコはキク科です。解熱、鎮痛作用があります。

●菘(スズナ)・・・カブの葉のこと。カブの白い部分の形が鈴のように見えることからついた名だと言われています。葉にはカルシウム、鉄などのミネラルや、ビタミンA、C、K、白い部分は消化酵素が豊富に含まれています。酵素は生食することで効果を発揮し、胃腸の調子を整える効果に優れています。

●蘿蔔・清白(スズシロ)・・・スズシロナの略で、大根の葉のこと。葉も白い部分も、栄養的にはカブとよく似ています。大根もやはり胃腸の不調に効果的です。
■七草粥の作り方

7種類がセットになった「七草粥セット」がパックで売られていることもあり、そうしたものを利用するのも手軽ですが、一般的に手に入れやすい葉物で代用しても良いでしょう。
三つ葉、セリ、大根の葉、カブの葉、春菊、ほうれん草、小松菜、菜の花などでOKです。

① 米を研いで水を切り、5~6倍の水をと米を鍋に入れ30分ほど浸水させる。
② ふたをして強火にかける。
③ 沸騰したらごく弱火にし、40分ほど煮る。
④ 七草又は代わりの葉物を洗って細かく刻む。アクの強いものは、さっと茹でてから細かく切り、水気を絞る。
⑤ お粥を塩で味を整え、④を加えてさっと混ぜる。

Category : 雑学/健康・ダイエット

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

注目のキーワード

この記事を読んだひとはこんな記事も読んでいます