Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

雑学/健康・ダイエットTRIBIA/HEALTH-DIET

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

ニンニクの健康パワーはやっぱりすごい

カテゴリー:雑学/健康・ダイエット

ニンニクの健康パワーはやっぱりすごい

あの特有のにおいの元となっているのが「アリシン」です。強い抗菌・抗カビ作用をもつ化合物です。

ニンニクといえば、なんと言ってもあの特徴的なにおい!料理に使われているとおいしいのだけれど、自分のも他人のも口臭が非常に気になるものですよね。

繊細な和食に使われることはそう多くはありませんが、世界の国々では古くから様々な効能がある重要な食材として位置づけられ、欠かせないものとして存在してきました。
ニンニクの原産地は中央アジアと推定されていますが、紀元前3200年頃には古代エジプトなどで栽培・利用されていたようです。現存する最古のエジプト医学書『エーベルス・パピルス』 には薬としても記載されています。

現代のニンニク消費量世界一は韓国です。その年間消費量は日本人の300gに対し、約20倍というデータがあり、1人当たりなんと6~7kgほど!ちなみに世界平均では0.8kgだそう。キムチや合わせ調味料、焼き肉になど、韓国料理には欠かせません。他に良く食べる地域は中国、インド、南ヨーロッパなどが挙げられ、これらの地域の料理にもニンニクが多用され大事にされています。

ニンニクパワーの成分

①においの元、アリシン

あの特有のにおいの元となっているのが「アリシン」です。
強い抗菌・抗カビ作用をもつ化合物で、ニンニクに特に多く含まれていますが、ネギなどユリ科の香りの強い野菜にも含まれています。

アリシンは丸のままのニンニクには含まれず、細胞を壊されることで発生します。生ニンニクに含まれる「アリイン」が切るなどの調理の工程で「アリナーゼ」という酵素により分解されることによって、アリシンへと変化します。

アリシンの殺菌作用は強力で、食中毒予防に薬味として利用されたり、風邪をはじめとする感染症の予防に有効とされています。他に、コレステロール低下、血液サラサラ効果による血栓や動脈硬化の予防、血行を促進し冷え性や肩こりの軽減、美肌、血圧低下などにも効果的だと考えられています。
また、ニンニクを低温でじっくりと加熱することでアリシンが無臭成分「アホエン」に変化し、強い抗血栓作用やコレステロール低下、ストレス軽減、など様々な効果があるとされています。

DATSはニンニクを潰したりみじん切りにしてオイルで低温加熱すると効果的に得られるので、ガーリックオイルが調理の基本とも言えるイタリアンやスペイン料理などは最適な調理法です。

②ビタミンB1の活性化

日本人の主なエネルギー源は糖質。糖質を体内でエネルギーに変換させるのに必須なのがビタミンB1です。これが欠けていると糖質の分解が促進されず、疲労物質が溜まりやすく、疲れやすい体になってしいます。
①のアリシンはビタミンB1と結びつくことで、より体に吸収されやすい「アリチアミン」に変化。ビタミンB1と同様の働きをし、その効果は更にパワーアップします。何故なら、ビタミンB1に比べアリチアミンは体に吸収されやすく、しかも血液中に長く残る性質があるためです。疲労回復、滋養強壮、糖質の代謝アップよるダイエット効果などに力を発揮します。

ニンニクは疲労回復やスタミナ源に効果があると一般的に認識されていますが、それはこの働きに由来するものでしょう。ビタミンB1の多い食品の代表である豚肉とニンニクを合わせて食べるのがおすすめです。

③アメリカでは「デザイナーズフーズ」の頂点に

1990年にアメリカ国立ガン研究所が発表した、「デザイナーフーズ計画」というものがあります。これは研究データに基づいて、重要度の高い食材をリスト化したものです。127種類の野菜のうち頂点に立ったのはニンニク!この発表以降、アメリカのニンニク消費量は、なんと3倍になったとか。

アリシンが変化し生まれるDATSはニンニクを潰したりみじん切りにしてオイルで低温加熱すると効果的に得られるので、ガーリックオイルが料理の基本とも言えるイタリアンやスペイン料理などは最適な調理法です。

食べ過ぎに注意!

いくら健康に良いと言っても、ニンニクの食べ過ぎは害になることもあります。もちろん個人差はありますが、生ニンニクなら1片、酢漬けやしょうゆ漬け、加熱されたものなら2~3片程度が目安。胃腸が弱い人は少なめにしましょう。一度にとり過ぎると胃粘膜を傷つけたり、貧血をおこしてしまうことも。

疲労回復や美肌、生活習慣病の予防などニンニクの様々な効能を最大限に生かすなら、このような食べ方がオススメです。やはり低温加熱することがポイント!

1.火を付ける前にフライパンにオイルを引き、そこに潰したりみじん切りにしたニンニクを入れてから弱火でじっくり加熱します。
2.香りが立ってきたらニンニクを除き、中火にして豚肉を投入。
3.豚肉に焼き目が付いたら1のニンニクを入れて、豚肉と一緒にいただきます。豚肉の味付けはシンプルに塩こしょうや、トマト缶で軽く煮込むなど、お好みの方法でどうぞ。

Category : 雑学/健康・ダイエット

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

注目のキーワード

この記事を読んだひとはこんな記事も読んでいます