雑学/健康・ダイエットTRIBIA/HEALTH-DIET

Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする
Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

美は内面から!腸内環境が美容と健康に

ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌は、ビタミンの合成、消化吸収の補佐、免疫刺激、悪玉菌の増殖を抑えるなどなど、人に有益な働きをしてくれる菌です。健康や美肌作りに役立ちます。
ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌は、ビタミンの合成、消化吸収の補佐、免疫刺激、悪玉菌の増殖を抑えるなどなど、人に有益な働きをしてくれる菌です。健康や美肌作りに役立ちます。

ヨーグルトなどの発酵食品に含まる乳酸菌は、善玉菌を増やして腸内環境を整えるだけでなく、抗肥満効果(ダイエット効果)にも期待できるのではという研究が進んでいるそうです。
腸の中に善玉菌が多い人は太りにくい傾向があるという研究結果があり、腸内環境が良いことがダイエットと健康の両立に役立つというのです。

美肌をつくる善玉菌

食べた物の栄養素をきちんと消化吸収して体を健康に保つためには、まずは腸内を健康に保つことが重要なポイントです。腸の健康を左右するのは、腸内にいる細菌です。代表的な腸内細菌は作用によって大きく3種類に分類されます。

◆善玉菌...ビフィズス菌や乳酸菌など。ビタミンの合成、消化吸収の補佐、免疫刺激、悪玉菌の増殖を抑えるなどなど、人に有益な働きをしてくれる菌です。健康や美肌作りに役立ちます。

◆悪玉菌...腸内腐敗、細菌毒素の発生、発ガン物質の産生、ガス発生など。肌荒れや病気の原因になったり、老化を促進させます。

◆日和見菌(ひよりみきん)...健康時は活動が少ないのですが、体が弱っていると悪玉菌と同じような働きをする性質を持っています。

腸を健康に保つには、善玉菌の働きが必要不可欠です。

善玉菌が減ると、腸内で有害物質やガスを発生させる悪玉菌が優勢になります。すると、腸壁から有害物質が吸収され、血液を通じて全身を巡ります。そして様々な形で体に悪影響を及ぼすのです。
例えば、便秘、下痢、頭痛、肌荒れ、口臭、体臭、代謝が低下して太りやすくなる といった症状だけでなく、大腸ガンのリスクが高まります。

善玉菌が減り悪玉菌が増える原因としては、便秘、加齢、ストレス、運動不足や不規則な生活などがありますが、何と言ってもやはり食べ物が大きく関わっています。

肉類、インスタント食品、お菓子など脂肪の多い食べ物の摂り過ぎは、十分に消化されないまま大腸に運ばれ、悪玉菌のエサとなってしまいます。悪玉菌はタンパク質や脂肪が大好物なのです。
また、豆類、海藻類、野菜の摂取量が少なかったり、水分をあまり摂らないことも悪玉菌を増やす原因に。

肉類や揚げ物など脂肪の多い食べ物の摂り過ぎは、十分に消化されないまま大腸に運ばれ、悪玉菌のエサとなってしまいます。悪玉菌はタンパク質や脂肪が大好物なのです。

善玉菌の上手な摂り方・増やし方

善玉菌の働きは、悪玉菌の増殖を抑えて腸を健康に保ち、有害物質の発生や病原性細菌の繁殖を抑える、免疫力アップ、風邪の予防、アレルギー症状の緩和、便通を良くする、肌荒れ改善、肥満予防など、全身の健康に繋がっています。

では、善玉菌を増やすにはどうしたら良いのでしょうか?

【1】発酵食品を食べる

ヨーグルト、チーズ、納豆、味噌、醤油、糠漬け、キムチなどの発酵食品には乳酸菌やビフィズス菌が多く含まれているので、食べることで善玉菌そのものを摂ることができます。胃酸で死滅してしまう菌もいますが、死んでしまった菌がまったく無意味になるわけではなく、間接的に腸内環境を良くすることに役立ちます。生きて腸まで届くかどうかはそれほど気にせず、積極的に発酵食品を取り入れましょう。

【2】食物繊維とオリゴ糖

食物繊維やオリゴ糖は腸内で善玉菌のエサとなって善玉菌を増やし、腸内環境のバランスを整えてくれる働きがあります。
食物繊維は野菜全般、果物、穀類、豆類、海藻、きのこなど植物性の食べ物に多く含まれています。

オリゴ糖は糖質の一種で、シロップや健康食品等の形で販売されているものもありますが、食品から十分に摂ることができます。アスパラガス、玉ねぎ、キャベツ、じゃがいも、ごぼう、バナナ、牛乳などのほか、大豆にも多く含まれています。大豆を発酵させた納豆、味噌、醤油は、善玉菌を増やすにはとても良い食べ物です。

【3】よく噛む

口の中でペースト状になるまで噛むことが理想的です。早食いや飲み物で流し込むような食べ方は、消化に悪いだけなく太りやすい食べ方でもあります。咀嚼は消化酵素の分泌が促されるので、消化吸収が良くなり、悪玉菌のエサを増やさないことに繋がります。
暴飲暴食は消化不良を起こす原因となるので、腸で悪玉菌のエサとなりやすいです。

今回のまとめ

やはり美は体の内側から作られるものなのですね。
高い化粧水や美容液を使っても、腸内が悪玉菌ばかりでは美しい肌にはなれません。

Category : 雑学/健康・ダイエット

注目のキーワード

この記事を読んだひとはこんな記事も読んでいます