Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

海外OVERSEAS

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

ワールドカップ開催国のブラジルでも肥満問題が悪化

カテゴリー:海外 / 雑学/健康・ダイエット

ワールドカップ開催国のブラジルでも肥満問題が悪化

2014年FIFAワールドカップ開幕目前!開催国であるブラジルに、全世界の注目が集まっています。

2014年FIFAワールドカップ開催国であるブラジルに、全世界の注目が集まっています。

ブラジルといったら、やはりリオのカーニバルのイメージが強いですよね。女性たちは露出度の高いカーニバルの衣裳が良く似合う、健康的なメリハリボディの持ち主ばかりと思いきや、近年ブラジルでも肥満人口が増え、問題となってきているようです。
ブラジルの駅には、なんと「肥満優先席」まで設けられているとか。
http://microdiet.net/abroad/000224.html

ブラジルの国民の半数以上が標準体重を上回り、約17%が肥満といいます。

ちなみに、肥満大国アメリカの肥満率は30%超、長寿世界一の日本は3%ほど(OECD 「肥満と予防の経済学:肥満ではなく健康を(FIT, NOT FAT)」より)。
※WHO基準ではBMI30以上が肥満

ブラジルをはじめとする途上国は、近年の目覚ましい発展と共に、飢餓から肥満へと問題がシフトしていきました。特に肥満率の上昇が著しい国としては、アメリカを抜いて世界トップの肥満国となったメキシコや、ブラジル、中国などです。

このように肥満が増加した背景には、乗り物の普及や労働環境の変化によって、身体を動かす機会が減ったこと、高カロリーの油脂、動物性食品(肉類,魚,卵,乳製品)が安価で手に入るようになったこと、ジャンクフードや砂糖がたくさん入った炭酸飲料が普及したことなどがあります。

途上国や貧困層では、健康の知識や意識がそれほど高くない傾向があり、このことが肥満問題をさらに増長させているようです。これは途上国だけの問題ではなく、安価で高カロリーな食べ物を大量に供給する、先進国側にも原因があると言えます。

ブラジルのソウルフード、豆の煮込みをご飯にかけて食べる「アホス・エ・フェイジョン」。日本で言えばご飯とみそ汁のような存在と言ってよいと思います。

ブラジルのソウルフード「フェイジョン」

先進国から輸入した高カロリーで安価な食事よりも、昔からの食文化が健康的な食生活には欠かせません。
ブラジルの食卓に欠かせないのは、「Arroz e Feijao」(アホス・エ・フェイジョン)という豆料理。ブラジルの公用語であるポルトガル語でアホスは米、フェイジョンは豆という意味で、豆の煮込みをご飯にかけていただく、素朴な家庭料理。元はといえば、植民地支配をしていたポルトガルの料理のようですが、現在ではブラジルのソウルフードとなっています。アホス・エ・フェイジョンは、日本で言えばご飯とみそ汁のような存在と言ってよいと思います。

この豆料理には、白・黒インゲン豆、うずら豆、カリオカ豆などが使われることが多いそう。豆は良質な植物性たんぱく質やビタミン・ミネラル、食物繊維が含まれる、栄養価の高いヘルシーな食べ物。日本人が日常的に食べている豆腐や納豆、味噌などの大豆製品は、世界でもヘルシーフードとして有名ですが、ブラジルでも種類は違えど豆が日常食。お米が主食である点も同じです。

ジャンクフードなどの台頭により食生活が変化、そして運動量の低下。主にこれらの要因によりブラジルの肥満率が増加していると考えられています。
世界の他の国々や日本においても肥満率が増加しているのは、概ね同じ理由です。
体を動かし、体に良いものを食べることが大切なのは言うまでもありません。

今回のまとめ

“食べる”ということは、ただ満腹になれば良いわけではなく、体に必要な栄養を摂るための行為。食べた物で体が作られ、そして維持されています。
毎日の食事を大切に考えてみてくださいね。

Category : 海外 / 雑学/健康・ダイエット

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

注目のキーワード

この記事を読んだひとはこんな記事も読んでいます