MICRODIET.netとは?サイトマップ

RSSMICRODIET Online

microdiet.netは、女性のキレイを応援するダイエット・美容のニュースサイトです。

ダイエット・健康・美容のアレ・コレがわかるマイクロダイエットネット

雑学/健康・ダイエット


ダイエットには睡眠も必要

睡眠が足りていないと、日中の眠気や集中力の低下、疲労感が取れないなどの影響があることは体感的にもご存知の方が多いと思いますが、実はダイエットにも深い関係があります。

ダイエットには睡眠も必要

睡眠が足りていないと、日中の眠気や集中力の低下、疲労感が取れないなどの影響があることは体感的にもご存知の方が多いと思いますが、実はダイエットにも深い関係があります。

米シカゴ大学の調査によると、「適切な睡眠時間を確保することにより、脂肪の燃焼を増加させるだけではなく、食欲も抑えられる」という、「寝る子はやせる」と言わんばかりの結果があるのです。

調査対象は、カロリー制限がされている肥満体型の35~49歳の10人。

まずは一晩の睡眠時間を8.5時間にして2週間。
その後の2週間は5.5時間に減らし、体重の変化を調査しました。

その結果、睡眠8.5時間の期間は、たった2週間の間に10人全員が約3kgの減量に成功しました。
ところが、後の5.5時間睡眠の2週間の間に、彼らの半数以上がリバウンドしたということです。

実験中の食生活は、栄養バランスの良いメニューを摂っていたとのことで、1日あたりの摂取カロリーは約1,450kcal。

運動をしなくても体重をキープし続けられるカロリーに設定されていました。
また、日中はオフィスワークやレジャー活動をするなど、普段と同じような生活を送っていたそう。

朝日を浴びることで体内時計が正確になり、体が目覚めます。

食欲を増進させる働きを持つホルモンに「グレリン」というものがあるのですが、睡眠8.5時間の期間中はグレリンの数値に変化はなかったのに対し、5.5時間の期間中のグレリンレベルは上昇の傾向にあったといいます。

反対に、毎日きちんと7.5時間以上の睡眠が取れていれば、食欲を抑えるレプチンが分泌され、食欲を増進するグレリンが抑えられますので、やたらに空腹を感じることはありません。また、代謝もアップし脂肪が燃焼されやすい体質になっていきます。

さらには、米コロンビア大による睡眠と肥満の関係性についての研究でも同様の結果が出ているようです。

肥満度は日常的に7~9時間眠る人が最も低く、それと比較すると5時間だと肥満率が50%高く、4時間以下のグループでは73%も高いという結果が報告されているのです。

睡眠は90分間を1サイクルとしてレム睡眠(浅い眠り)とノンレム睡眠(深い眠り)を繰り返していて、入眠から最初の3時間はノンレム睡眠の占める割合が高く、その後はレム睡眠の時間が長くなって徐々に目覚めていきます。
ダイエット効果を考える場合、5サイクル分の7時間半が理想的。長く眠れば眠るほど良いというワケではないのです。


美肌づくりにも睡眠が有効

睡眠は美肌づくりのためにも重要な時間です。
美肌のための睡眠のポイントは、まず寝始めの3時間。お肌の再生を促す成長ホルモンは、この時間に最も盛んに分泌され、お肌の内部では細胞分裂が活発に行われます。まずこの時間帯に質の良い眠りを得ることが大切です。遅くても12時までには眠りにつくようにすると、効果的です。


■質の良い睡眠にするためには?
●成長ホルモンは体内時計の影響を受けます。スムーズな分泌のために、規則正しい生活を心がけ、就寝時間が一定になるようにしましょう。

●夜になり、目に入る光が少なくなると、メラトニンという眠りを促すホルモンが分泌されます。就寝の1時間くらい前から部屋の照明を落とし、体を睡眠の準備に向けましょう。

●寝る直前までパソコンや携帯の画面を見ることは、脳が活発に働いたまま床に付くことにもなり、よい睡眠に入る妨げとなります。

●締め付けの強い下着は、血行の妨げになります。リラックスできるものを選びましょう。

●寝具は適度な固さのものを選び、ベッドマットは同じ箇所がへこまないように、時々回転させるとよいでしょう。

●枕も大切です。仰向けに寝たときの首のカーブが、姿勢よく立っている状態と同じになるような枕の高さが理想的といいます。

今回のまとめ

睡眠は美肌やダイエットだけでなく、なんと薄毛や抜け毛の原因にも深い関係を持っています。
成長ホルモンの分泌量が増える、22:00~02:00の間に眠りについている事が大切です。
また、間違っても髪を洗わず眠るなんていうことはしないで下さい。毛穴に汚れが詰まって、新生毛が生えづらくなります。
睡眠は体を回復させる時間。質の良い睡眠を取るよう心がけたいものですね。

Category : 雑学/健康・ダイエット

カテゴリTOPへ戻る

TOPページへ戻る

マイクロダイエット公式

サニーヘルス公式オンラインショッピング

カテゴリー

雑学/
健康・ダイエット

「酸化」と「糖化」が老化を促進!防ぐ方法とは?

掲載日:2017.10.20

雑学/美容

今からでも遅くない!O脚を直して美脚&脚長に

掲載日:2017.02.06

リサーチ

2017年も60.8%もの人がお正月太りに!あなたは何kg増えた?アンケ

掲載日:2017.01.20

ニュース

マイクロダイエットリゾット&パスタシリーズニューアル

掲載日:2013.12.16

人気記事ランキング

  1. 炭水化物を多く含む食品食材のジャン

    「炭水化物抜きダイエット」「糖質オフダイエット」など呼び方はいくつかありますが、

  2. ダイエットに使い分けたい「水溶性食

    五大栄養素と呼ばれている、①タンパク質、②脂質、③糖質、④ビタミン、⑤ミネラルの

  3. 体脂肪を燃焼させる!?「ケトン体ダ

    炭水化物抜きダイエット、もしくは低炭水化物ダイエットについては、以前こちらのサイ

  4. ヨーグルトは夜がオススメ!夜ヨーグ

    ヨーグルトには乳酸菌などの善玉菌がたっぷり含まれています。 善玉菌の働きは、悪玉

  5. 野菜ジュースを飲めば、野菜を食べる

    美容や健康に関心があっても、忙しくてなかなか十分な野菜を食べられない。そんな現代

人気記事ランキング

  1. 太るサラダとダイエット向きサラダ 

    美容や健康、ダイエットなどのために、積極的にサラダを食べる人は多いと思いますが、

  2. 炭水化物と糖質ってどう違うの?

    ダイエット中には脂質と糖質はなるべく控えめにしたいものです。脂質とはつまり油のこ

  3. 秋冬においしい牡蠣!女子に嬉しい栄

    秋冬においしくなる牡蠣! 英語圏では「May(5月)」や「July(7月)」など

  4. パスタの太りにくい食べ方

    みんな大好きなパスタ! でも炭水化物だしオイリーだから太りそう...と、ダイエッ

  5. 食事代わりにお菓子を食べている人は

    やせたい。でもお菓子やスイーツがどうしても食べたい...じゃあ、いっそのこと食事

  1. その老け顔...レンジの使い過ぎで
  2. 生食すれば医者いらず!大根おろしの
  3. 体に良い油・悪い油、種類を知ってキ
  4. 何をどれだけ食べれば「バランスの良
  5. 太っている人とやせている人の違い、
  6. ダイエット中に太らないアイスの選び
  7. ピーナッツバターにダイエットと美容
  8. もやしダイエットは低カロリーで栄養
  9. ヘルシーな鶏むね肉はダイエットや疲
  10. ダイエット中の朝ごはん、パンとご飯


サニーヘルス公式オンラインショッピング

サニーヘルス 口コミ・レビュー

みんなの体験談

画像で記事を探す









カロリーセーブスーパー公式サイトはこちら

ダイエット体験談



[PR]

話題のダイエット方法ならe-dietnavi「イーダイエットナビ」

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

SSL グローバルサインのサイトシール

(C) Copyright 2015 Sunny Health. All Rights Reserved.