雑学/健康・ダイエットTRIBIA/HEALTH-DIET

Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする
Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

ダイエットには睡眠も必要

睡眠が足りていないと、日中の眠気や集中力の低下、疲労感が取れないなどの影響があることは体感的にもご存知の方が多いと思いますが、実はダイエットにも深い関係があります。
睡眠が足りていないと、日中の眠気や集中力の低下、疲労感が取れないなどの影響があることは体感的にもご存知の方が多いと思いますが、実はダイエットにも深い関係があります。

ダイエットには睡眠も必要

睡眠が足りていないと、日中の眠気や集中力の低下、疲労感が取れないなどの影響があることは体感的にもご存知の方が多いと思いますが、実はダイエットにも深い関係があります。

米シカゴ大学の調査によると、「適切な睡眠時間を確保することにより、脂肪の燃焼を増加させるだけではなく、食欲も抑えられる」という、「寝る子はやせる」と言わんばかりの結果があるのです。

調査対象は、カロリー制限がされている肥満体型の35~49歳の10人。

まずは一晩の睡眠時間を8.5時間にして2週間。
その後の2週間は5.5時間に減らし、体重の変化を調査しました。

その結果、睡眠8.5時間の期間は、たった2週間の間に10人全員が約3kgの減量に成功しました。
ところが、後の5.5時間睡眠の2週間の間に、彼らの半数以上がリバウンドしたということです。

実験中の食生活は、栄養バランスの良いメニューを摂っていたとのことで、1日あたりの摂取カロリーは約1,450kcal。

運動をしなくても体重をキープし続けられるカロリーに設定されていました。
また、日中はオフィスワークやレジャー活動をするなど、普段と同じような生活を送っていたそう。

朝日を浴びることで体内時計が正確になり、体が目覚めます。

食欲を増進させる働きを持つホルモンに「グレリン」というものがあるのですが、睡眠8.5時間の期間中はグレリンの数値に変化はなかったのに対し、5.5時間の期間中のグレリンレベルは上昇の傾向にあったといいます。

反対に、毎日きちんと7.5時間以上の睡眠が取れていれば、食欲を抑えるレプチンが分泌され、食欲を増進するグレリンが抑えられますので、やたらに空腹を感じることはありません。また、代謝もアップし脂肪が燃焼されやすい体質になっていきます。

さらには、米コロンビア大による睡眠と肥満の関係性についての研究でも同様の結果が出ているようです。

肥満度は日常的に7~9時間眠る人が最も低く、それと比較すると5時間だと肥満率が50%高く、4時間以下のグループでは73%も高いという結果が報告されているのです。

睡眠は90分間を1サイクルとしてレム睡眠(浅い眠り)とノンレム睡眠(深い眠り)を繰り返していて、入眠から最初の3時間はノンレム睡眠の占める割合が高く、その後はレム睡眠の時間が長くなって徐々に目覚めていきます。
ダイエット効果を考える場合、5サイクル分の7時間半が理想的。長く眠れば眠るほど良いというワケではないのです。

美肌づくりにも睡眠が有効

睡眠は美肌づくりのためにも重要な時間です。
美肌のための睡眠のポイントは、まず寝始めの3時間。お肌の再生を促す成長ホルモンは、この時間に最も盛んに分泌され、お肌の内部では細胞分裂が活発に行われます。まずこの時間帯に質の良い眠りを得ることが大切です。遅くても12時までには眠りにつくようにすると、効果的です。

■質の良い睡眠にするためには?
●成長ホルモンは体内時計の影響を受けます。スムーズな分泌のために、規則正しい生活を心がけ、就寝時間が一定になるようにしましょう。

●夜になり、目に入る光が少なくなると、メラトニンという眠りを促すホルモンが分泌されます。就寝の1時間くらい前から部屋の照明を落とし、体を睡眠の準備に向けましょう。

●寝る直前までパソコンや携帯の画面を見ることは、脳が活発に働いたまま床に付くことにもなり、よい睡眠に入る妨げとなります。

●締め付けの強い下着は、血行の妨げになります。リラックスできるものを選びましょう。

●寝具は適度な固さのものを選び、ベッドマットは同じ箇所がへこまないように、時々回転させるとよいでしょう。

●枕も大切です。仰向けに寝たときの首のカーブが、姿勢よく立っている状態と同じになるような枕の高さが理想的といいます。

今回のまとめ

睡眠は美肌やダイエットだけでなく、なんと薄毛や抜け毛の原因にも深い関係を持っています。
成長ホルモンの分泌量が増える、22:00~02:00の間に眠りについている事が大切です。
また、間違っても髪を洗わず眠るなんていうことはしないで下さい。毛穴に汚れが詰まって、新生毛が生えづらくなります。
睡眠は体を回復させる時間。質の良い睡眠を取るよう心がけたいものですね。

Category : 雑学/健康・ダイエット / 雑学/美容

注目のキーワード

この記事を読んだひとはこんな記事も読んでいます