MICRODIET.netとは?サイトマップ

RSSMICRODIET Online

microdiet.netは、女性のキレイを応援するダイエット・美容のニュースサイトです。

ダイエット・健康・美容のアレ・コレがわかるマイクロダイエットネット

雑学/健康・ダイエット


ダイエットにも健康にも大注目の食材「チアシード」とは

チアシードとココナッツミルク、はちみつを混ぜるだけでできる、超簡単プディング!

美容やダイエットに良い食べ物として、最近日本での認知度も少しずつ上がってきている「チアシード」というものがあります。
アメリカでは既にかなり注目されており、数多のセレブの中でも、美意識が高く知識も豊富なミランダ・カーも取り入れているとか!

チアシードは「チア」という植物の種で、元々はメキシコを中心とした南米で栽培されてきました。シソ科ミント属の植物の種で、ごまよりも少し小さい粒です。

水に浸すと数時間で10倍程度に膨らみ、ゼリー状になるのが特徴です。古くから高栄養のスタミナ源として現地でも重要視されてきました。
このチアシードが今注目されるその理由は、現代人に不足しがちな栄養素が豊富で、様々な健康効果やダイエットに有効だとされているため。

チアシードの栄養成分は、食物繊維が約40%、必須脂肪酸が約30%、タンパク質約20%、その他の10%はビタミン、ミネラル、抗酸化物質などで構成されており、カロリーは50kcal/10g。
※メーカーにより多少数値表示が異なります。

チアシードに含まれる成分で特に注目したいのが、「必須脂肪酸」です。
必須脂肪酸とは、体内で合成できず食品から摂る必要のある脂肪のこと。
チアシードには、この必須脂肪酸である「オメガ3脂肪酸」が非常に豊富に含まれているのです。

オメガ3はアマニ油、さんま、さば、さけ、いわしなどの青魚に特に豊富に含まれることで有名で、いわゆる"体に良い油"と呼ばれる種類の脂肪です。

オメガ3脂肪酸は、体内に入ると「DHA」や「EPA」に変化し、健康効果を発揮します。

チアシードは「チア」という植物の種で、元々はメキシコを中心とした南米で栽培されてきました。シソ科ミント属で、ごまよりも少し小さい粒です。

【オメガ3脂肪酸の働き】

 ・吸収された中性脂肪やコレステロール値の上昇を抑制する
 ・血液中に溜まった中性脂肪やコレステロール値を下げる
 ・血管をしなやかにして血流を改善する
 ・血小板の凝集を抑える
 ・赤血球を軟らかくして血管を通りやすくする
 ・月経前症候群(PMS)の緩和
 ・免疫力を高める
 ・心や脳の健康を維持
 
オメガ3脂肪酸の摂取目標量は成人1日あたり1.8~2.4g(厚労省)ですが、チアシードにはたったの10gで1.7gのオメガ3脂肪酸が含まれているので、簡単にこの目標をクリアすることが可能なのです。

また、オメガ3脂肪酸の含有量もかなり豊富ですが、ミネラルや食物繊維もかなり多く含まれています。特に、現代人に不足しがちなミネラルである、カルシウム、鉄、マグネシウム、亜鉛、カリウムはその他の食品と比較しても、トップクラスの含有量です。

ダイエットにおいて欠かせない食物繊維は、10gあたり4gもの量を含みます。

食物繊維は、糖質の吸収を抑え血糖値の上昇を緩やかにすることから、ダイエット効果が期待できます。チアシードの食物繊維は、不溶性食物繊維がほとんどで、水溶性食物繊維はわずか。不溶性食物繊維は便のかさ増しにはなりますが、便が硬くなりがち。ですので便通の改善をを狙うなら、チアシードを食べる際には水分をたくさん摂るようにしましょう。

■チアシードはどうやって食べるの?

チアシード自体に味はないので、どんな食材にでも合わせやすいです。
スープやジュース、ヨーグルトに加えたり、水で膨張させてサラダに入れるのも良いでしょう。
オメガ3脂肪酸は酸化しやすい性質がありますので、なるべく非加熱で摂ることをおすすめします。
チアシードは幅広くお料理に取り入れられると思いますので、お好みの食べ方を見つけてみてはいかがでしょうか。

【チアシードで超簡単プディング!】

材料 チアシード1/4カップ、牛乳又はココナッツミルク 1カップ、はちみつ1/4カップ
これらの材料を混ぜ数時間冷蔵庫に入れて出来上がり!
お好みで季節のフルーツをトッピングすれば彩りも鮮やかになります。

今回のまとめ

オメガ3脂肪酸をこんなに簡単に摂ることができて、しかもミネラル、食物繊維も豊富!
チアシードが「スーパーフード」と呼ばれるのも納得です。

Category : 雑学/健康・ダイエット

カテゴリTOPへ戻る

TOPページへ戻る

マイクロダイエット公式

サニーヘルス公式オンラインショッピング

カテゴリー

雑学/
健康・ダイエット

6月16日は麦とろの日 美腸力アップや夏バテ予防に最適!

掲載日:2017.06.15

雑学/美容

今からでも遅くない!O脚を直して美脚&脚長に

掲載日:2017.02.06

リサーチ

2017年も60.8%もの人がお正月太りに!あなたは何kg増えた?アンケ

掲載日:2017.01.20

ニュース

マイクロダイエットリゾット&パスタシリーズニューアル

掲載日:2013.12.16

人気記事ランキング

  1. 炭水化物を多く含む食品食材のジャン

    「炭水化物抜きダイエット」「糖質オフダイエット」など呼び方はいくつかありますが、

  2. ダイエットに使い分けたい「水溶性食

    五大栄養素と呼ばれている、①タンパク質、②脂質、③糖質、④ビタミン、⑤ミネラルの

  3. 炭水化物と糖質ってどう違うの?

    ダイエット中には脂質と糖質はなるべく控えめにしたいものです。脂質とはつまり油のこ

  4. 体脂肪を燃焼させる!?「ケトン体ダ

    炭水化物抜きダイエット、もしくは低炭水化物ダイエットについては、以前こちらのサイ

  5. ヨーグルトは夜がオススメ!夜ヨーグ

    ヨーグルトには乳酸菌などの善玉菌がたっぷり含まれています。 善玉菌の働きは、悪玉

人気記事ランキング

  1. 太るサラダとダイエット向きサラダ 

    美容や健康、ダイエットなどのために、積極的にサラダを食べる人は多いと思いますが、

  2. 野菜ジュースを飲めば、野菜を食べる

    美容や健康に関心があっても、忙しくてなかなか十分な野菜を食べられない。そんな現代

  3. パスタの太りにくい食べ方

    みんな大好きなパスタ! でも炭水化物だしオイリーだから太りそう...と、ダイエッ

  4. 何をどれだけ食べれば「バランスの良

    身体にイイとされる、「適量をバランスよく食べましょう」というよく聞くセリフ。

  5. 生食すれば医者いらず!大根おろしの

    昔から「大根おろしに医者いらず」という言葉があるように、大根おろしは様々な面から

  1. ダイエット中に太らないアイスの選び
  2. 体に良い油・悪い油、種類を知ってキ
  3. 太っている人とやせている人の違い、
  4. ダイエット中のお酒はやっぱりダメ?
  5. もやしダイエットは低カロリーで栄養
  6. 食事代わりにお菓子を食べている人は
  7. ヘルシーな鶏むね肉はダイエットや疲
  8. 囲碁将棋一局で体重2、3キロ減!?
  9. バターとマーガリンどっちを選ぶべき
  10. ダイエット中の朝ごはん、パンとご飯


サニーヘルス公式オンラインショッピング

サニーヘルス 口コミ・レビュー

みんなの体験談

画像で記事を探す









カロリーセーブスーパー公式サイトはこちら

ダイエット体験談



[PR]

話題のダイエット方法ならe-dietnavi「イーダイエットナビ」

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

SSL グローバルサインのサイトシール

(C) Copyright 2015 Sunny Health. All Rights Reserved.