MICRODIET.netとは?サイトマップ

RSSMICRODIET Online

microdiet.netは、女性のキレイを応援するダイエット・美容のニュースサイトです。

ダイエット・健康・美容のアレ・コレがわかるマイクロダイエットネット

雑学/健康・ダイエット


モデルや女優も多数実践!ダイエット中に水をたくさん飲むと良いのはなぜ?

多くのモデルや女優たちが、美しさやスタイルを維持するために実践しているのは、水をたくさん飲むこと。これはかなりよく聞かれる方法ですが、水を多く飲むことが何故良いのでしょうか?

多くのモデルや女優たちが、美しさやスタイルを維持するために実践しているのは、水をたくさん飲むこと。
これはかなりよく聞かれる方法ですが、水を多く飲むことが何故良いのでしょうか?水分で空腹が紛れる...?もちろん、それだけではありません。

①代謝が上がる

体脂肪を燃焼させるには、体の代謝がスムーズに行われていることが非常に重要です。水をたくさん飲むことで、血液やリンパなど体液の循環が良くなり、代謝を高めることに繋がります。代謝が高まるということは、エネルギー消費量が増えますので、その分脂肪を燃焼させやすくなります。
反対に水分が不足すると、血液の濃度が高まり血流は悪くなります。すると体全体に栄養素や酸素が十分に行き渡りにくくなり、代謝はもとより体の機能自体が低下してしまいます。

②腸内環境が良くなる

腸内環境は、美容・健康・ダイエットの観点で非常に重要なファクターです。
便秘になるとお腹が張るなどの不快感だけでなく、腸内の悪玉菌が増え有害物質を発生させ、腸内環境が悪化します。これが腸から吸収され血液によって全身に巡り、肌荒れや様々な病気の原因となったり、代謝が低下してやせにくい体にもなってしまいます。


便秘の予防や解消には、水分を十分量摂る必要があります。便秘で硬くなった便が水分を含むので排出しやすくなり、また、水分によって便のかさが増し、腸のぜん動運動を促進。便通を起こさせます。

1日を通じてこまめに水分補給をすることを基本に、朝起きたらまずコップ1杯の常温の水を飲むと、より効果的です。

③デトックス効果

血液により回収された体の老廃物は、腎臓でろ過され、不要なものは尿から排出されます。水分をたくさん摂ると尿量が多くなり、自然にデトックスに繋がります。

この一連の働きを促進するには、やはり水分が必要です。

人間は汗や尿などから、1日約1.5リットルの水分が出ていきます。これを補うためには、やはり食事や飲み物から水分を摂るほかありません。

水や、砂糖の入っていないノンカフェインのお茶(麦茶、ルイボスティー、ハーブティーなど)を飲みましょう。温かいハーブティーは特にオススメです。

■水太りする人は?

「水太りするタイプだから」と言って、水を控えるのは厳禁です。
体に必要な水分を補給しないことが代謝を落とし、便秘の原因や、暑い時期なら熱中症や脱水症状などを引き起こしかねません。

体の仕組みとしては、水を飲んでそれが体内で脂肪に変わるということはまずありません。代謝機能が正常な人であれば、飲んだ分は汗や尿として排泄されます。

水太りやむくみは、体内の塩分が多くカリウムが少ない場合に起こります。カリウムを多く含む野菜や果物を積極的に食べるようにしましょう。代謝が落ちている人も水太りやむくみが起きやすいです。水分をこまめに摂り、体を動かし血行を促進したり、体を温めることを心掛けてみてください

【水分の摂り方】

●水分と言っても、飲み物なら何でも良いわけではありません。

糖分を含むジュースやカフェイン飲料(コーヒー、紅茶、緑茶など)、アルコールはNG。カフェインやアルコールは利尿作用があるため、体の水分が必用以上に出て行ってしまいます。

水や、砂糖の入っていないノンカフェインのお茶(麦茶、ルイボスティー、ハーブティーなど)を飲みましょう。

●浄水器の水、又は市販の水にしましょう。軟水・硬水はお好みでOK。常温であれば炭酸水も良いでしょう。

●一般的な運動量の人は、1日に飲む量は2リットルを目安に。多いほど良いわけではありません。また、一気飲みは腎臓に負担がかかるためNG。起床時、食事中や食間、運動の前後、入浴前後など、こまめに分けて飲むようにします。

●常温か白湯を飲むようにします。冷たいと胃腸の機能が低下してしまいます。

●喉が渇いたと感じる前に飲むようにします。起床時、就寝前、午後の休憩タイム、入浴前後、などのタイミングで補給しましょう。

●常温の水では飲みにくいと感じたら、レモン汁やミントを浮かべてみてください。カロリーゼロでも風味が付けられます。

今回のまとめ

水をたくさん飲むだけの超簡単な美容法、これはすぐにでもチャレンジしてみたいもの!
ただし、腎機能や体調に不安のある人は、自己判断せずに必ず医師にご相談くださいね。

Category : 雑学/健康・ダイエット

カテゴリTOPへ戻る

TOPページへ戻る

マイクロダイエット公式

サニーヘルス公式オンラインショッピング

カテゴリー

雑学/
健康・ダイエット

リバウンド率の高いダイエット法とは

掲載日:2017.06.23

雑学/美容

今からでも遅くない!O脚を直して美脚&脚長に

掲載日:2017.02.06

リサーチ

2017年も60.8%もの人がお正月太りに!あなたは何kg増えた?アンケ

掲載日:2017.01.20

ニュース

マイクロダイエットリゾット&パスタシリーズニューアル

掲載日:2013.12.16

人気記事ランキング

  1. 野菜ジュースを飲めば、野菜を食べる

    美容や健康に関心があっても、忙しくてなかなか十分な野菜を食べられない。そんな現代

  2. 炭水化物を多く含む食品食材のジャン

    「炭水化物抜きダイエット」「糖質オフダイエット」など呼び方はいくつかありますが、

  3. ダイエットに使い分けたい「水溶性食

    五大栄養素と呼ばれている、①タンパク質、②脂質、③糖質、④ビタミン、⑤ミネラルの

  4. 炭水化物と糖質ってどう違うの?

    ダイエット中には脂質と糖質はなるべく控えめにしたいものです。脂質とはつまり油のこ

  5. 体脂肪を燃焼させる!?「ケトン体ダ

    炭水化物抜きダイエット、もしくは低炭水化物ダイエットについては、以前こちらのサイ

人気記事ランキング

  1. ヨーグルトは夜がオススメ!夜ヨーグ

    ヨーグルトには乳酸菌などの善玉菌がたっぷり含まれています。 善玉菌の働きは、悪玉

  2. 太るサラダとダイエット向きサラダ 

    美容や健康、ダイエットなどのために、積極的にサラダを食べる人は多いと思いますが、

  3. パスタの太りにくい食べ方

    みんな大好きなパスタ! でも炭水化物だしオイリーだから太りそう...と、ダイエッ

  4. 何をどれだけ食べれば「バランスの良

    身体にイイとされる、「適量をバランスよく食べましょう」というよく聞くセリフ。

  5. 囲碁将棋一局で体重2、3キロ減!?

    バレンタインデーは女子どうしでチョコを贈る「友チョコ」なんていうものも定着してい

  1. 体に良い油・悪い油、種類を知ってキ
  2. 生食すれば医者いらず!大根おろしの
  3. ヘルシーな鶏むね肉はダイエットや疲
  4. ダイエット中に太らないアイスの選び
  5. ダイエット中のお酒はやっぱりダメ?
  6. 太っている人とやせている人の違い、
  7. もやしダイエットは低カロリーで栄養
  8. 食事代わりにお菓子を食べている人は
  9. 今注目の海藻由来の成分「フコキサン
  10. ダイエット中の朝ごはん、パンとご飯


サニーヘルス公式オンラインショッピング

サニーヘルス 口コミ・レビュー

みんなの体験談

画像で記事を探す









カロリーセーブスーパー公式サイトはこちら

ダイエット体験談



[PR]

話題のダイエット方法ならe-dietnavi「イーダイエットナビ」

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

SSL グローバルサインのサイトシール

(C) Copyright 2015 Sunny Health. All Rights Reserved.