Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

雑学/健康・ダイエットTRIBIA/HEALTH-DIET

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

低体温は肥満の元!現代人に多い低体温の改善方法

カテゴリー:雑学/健康・ダイエット / 雑学/美容

低体温は肥満の元!現代人に多い低体温の改善方法

低体温とは平熱が35℃台のことを指し、自覚症状がない人もいますが、風邪をひきやすい、手の指先や足のつま先が冷える、疲れやすい、生理痛が重い、などの症状が出る人も多くいます。

「冷えは万病の元」と昔から言われているように、平熱が低体温だと体に不調が現れやすくなります。
1日の中で体温は1℃ほど前後しますが、日本人の平均体温は36.6℃と言われており、この程度~37℃が、体内酵素が最も活発に働くと考えられています。

低体温とは平熱が35℃台のことを指し、自覚症状がない人もいますが、風邪をひきやすい、手の指先や足のつま先が冷える、疲れやすい、生理痛が重い、などの症状が出る人も多いです。

低体温人口が昔に比べて増えてきており、"生活習慣病"と言っても過言ではありません。体温は体の免疫力に関わる重要な要素で、わずか1℃下がるだけで免疫力は30~40%程度低下すると言われています。

そして低体温の悪影響は、免疫力の低下や体の不調だけではありません。
太りやすい、むくみやすい、しみ・シワができやすい、くすみなど、美容面での影響も大きいのです。
低体温の原因はいくつかあります。思い当たる人は生活習慣を見直してみましょう。

●運動・筋力不足

昔に比べ便利な世の中になった反面、現代では運動量の低下に伴い筋肉量も減ってきています。実際、現代人に低体温の人が多い理由に、これが挙げられます。

運動で筋肉を動かすことで代謝が良くなり、熱が産生されやすくなります。
筋肉を動かすことで体の末端まで血液が循環しますので、末端冷え性の人は日常的に体を動かすようにすると良いでしょう。

ジム通いやランニングなど、特別な運動をする必要はありません。
なるべく多く歩き、その際は大股で早歩き、エレベーターやエスカレーターをなるべく使わず階段を上る、テレビを見るときにはストレッチをしながらなど、まずは生活の中でできることを実行してみてください。

シャワーだけで済ませずに、温かいお風呂にゆっくり浸かり体を芯から温めましょう。リラックスして副交感神経が高まりますので、体を温める相乗効果が得られます。

●栄養の偏り、食生活の乱れ

食事量が少なかったり、不規則な生活で食生活が乱れてはいませんか?
食生活の乱れは低体温の原因となり、やせるどころか肥満の原因にもなります
実は食事をするだけでも熱は生まれます。食後に体が温まることは経験上ご存知だと思いますが、これは食べた物を消化する際に熱が発生する、「食事誘発性熱産生/DIT」というものです。

そして、体を温める作用のある食品・血行を良くする食品を選ぶことも大切です。特に、熱を産生する筋肉を作る元となるタンパク質(魚・肉・卵)や、血液を作る鉄(レバー、赤身肉、貝類、小松菜など)は、毎日適量を摂るようにしましょう。

【体を温める食べ物】

野菜 → ねぎ、しょうが、にんにく、れんこん、ごぼう、にんじんなど
色の濃いもの → 小豆、紅茶、赤ワイン、黒ゴマ、黒豆、玄米など
動物性食品 → ヒレやももなど赤身の部位の肉、レバー、鮭、いわし、チーズなど

●ストレス

体温調整には自律神経とホルモンが大きく関わっています。これらのバランスを崩すのは、やはりストレスです。

自律神経には、交感神経と副交感神経があり、前者は日中など活発に活動している時に優位になり、後者は夜やリラックスしている時に働く神経です。
強いストレスを受けるとこれらのバランスが崩れ、血流が悪くなったり体内酵素が活発に働かなくなるなど、低体温化に繋がります。
また、睡眠不足や不規則な生活も、自律神経のバランスを崩す原因になります。

●体を冷やさないようにする

シャワーだけで済ませずに、温かいお風呂にゆっくり浸かり体を芯から温めましょう。リラックスして副交感神経が高まりますので、体を温める相乗効果が得られます。

外側から温めることも大切ですが、内側からも温めると尚良いです。冷たい食べ物や飲み物はもちろん体を冷やしますが、食品自体にも体を温めるものと冷やすものがあります。

体を冷やすのは、白砂糖、コーヒー、砂糖の入ったジュース、暑い地域が原産の果物や夏野菜などです。
白砂糖よりも黒糖やはちみつ、野菜・果物なら秋から冬が旬の物を積極的に取り入れてみましょう。

今回のまとめ

低体温は健康だけでなくダイエットの大敵です。
運動、食事は体質改善の基本ですので、意識して変えていきましょう。
ただ、通常の低体温であれば生活習慣次第で改善できますが、なかなか改善できない場合は甲状腺機能が低下している可能性もあります。
そうした場合は、病院を受診し医師にご相談ください。

Category : 雑学/健康・ダイエット / 雑学/美容

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

注目のキーワード

この記事を読んだひとはこんな記事も読んでいます