MICRODIET.netとは?サイトマップ

RSSMICRODIET Online

microdiet.netは、女性のキレイを応援するダイエット・美容のニュースサイトです。

ダイエット・健康・美容のアレ・コレがわかるマイクロダイエットネット

雑学/健康・ダイエット


飲みすぎがちな忘年会シーズンに選びたい体に優しいおつまみ5選

お酒を飲む際には適量に留めておくことはもちろんのこと、肝臓の機能を高めくれて、アルコールの代謝を助けてくれるおつまみを選ぶと良いでしょう。

年末年始は忘年会、クリスマスパーティー、新年会と、お酒を飲む機会が多いシーズンですよね。
お酒の席が続くと気になるのが、まずダイエットのことですが、もう一つ気にかけなくてはならないものがあります。
それは、肝臓です。
アルコールの代謝を担っている肝臓は、飲酒量が増えるほど負担が増えます。

特に女性の場合は男性に比べてより少ない飲酒量、より短期間(男性の半分と言われる)でアルコールの害を受け、アルコール依存症や肝臓障害、すい臓障害など、アルコール性の内臓疾患になってしまいます。女性のほうが男性よりも肝臓のサイズ自体が小さいため、女性にとっての適量は、男性よりも少ないという認識を持ちましょう。

お酒を飲む際には適量に留めておくことはもちろんのこと、肝臓の機能を高めくれて、アルコールの代謝を助けてくれるおつまみを選ぶと良いでしょう。
    
【肝臓に優しいおつまみ5選】

●しじみ

肝臓に良い食品と言ったら、まず思い浮かぶのがしじみではないでしょうか。
しじみにはアラニン、グルタミン、タウリン、オルニチンなど様々なアミノ酸がたくさん含まれていて、これらが肝臓の働きを良くし、アルコールの解毒促進や疲労回復にも役立ちます。特にオルニチンは、他の食品の中でもしじみはトップクラスの含有量です。
アミノ酸の他にも、肝機能を高めるビタミンB12も含まれるなど、肝臓にとってしじみはとても優秀な食品です。しじみのエキスを丸ごと摂れるしじみの味噌汁を、お酒の締めに飲むと良いです。身も残さず食べましょう。

●イカ、タコ、貝類

栄養ドリンクで知られている「タウリン」を多く含むこれらの食品は、肝臓のアルコール分解を促進します。しじみにも多く含まれている成分です。
 

しじみのエキスを丸ごと摂れるしじみの味噌汁を、お酒の締めに飲むと良いです。身も残さず食べましょう。

●魚、低脂肪の肉、卵、大豆・大豆製品、

これらのタンパク質からは、肝臓の修復や再生に必要な、必須アミノ酸を摂ることができます。この中では特に大豆・大豆製品がオススメです。必須アミノ酸だけでなく、アルコールの代謝を助けるビタミンB群や、その他のミネラルも豊富に含まれているためです。しかも植物性食品ですので、コレステロールを含んでいない点も◎。
大豆製品である納豆や豆腐は消化に良いので胃腸に負担をかけない点でも優れています。大豆の若い実である枝豆も、おつまみに最適です。
脂肪分の多い肉は、胃腸にも肝臓にも負担をかけてしまうので、避けたほうが良いでしょう。

●ゴマ

ゴマに含まれる「セサミン」の抗酸化作用は、肝機能を高め、肝臓の負担を減らしてくれます。
ゴマ油を多用する韓国料理や、ゴマ和えなどをおつまみに選ぶと良いでしょう。

●海藻類

わかめや昆布、もずくなど海藻類に含まれているぬめり成分「フコダイン」は二日酔い防止に役立ちます。海藻サラダ、わかめの酢の物、もずく酢、おでんなら昆布を食べるようにするなど、お酒と好相性なものが案外多いので取り入れやすいと思います。

【番外編:ウコン】
ウコンはしょうが科の植物で、漢方にも使われるほど薬効が高く、肝機能を高めてくれます。
ウコン入りのドリンクやサプリメントが市販されていますので、そうした商品を利用してみるのも良いと思います。

■肝臓を疲れさせる食べ物

お酒だけでなく、食べ過ぎは肝臓を過労状態にしてしまいます。
揚げ物や脂質の高い肉、タンパク質の摂り過ぎは、特に肝臓に負担が多くかかります。高カロリーなものは避けましょう。
また、食品添加物も肝臓に負担がかかります。インスタント食品、ハム、ソーセージなど加工肉、その他の加工食品にも食品添加物が使われていることがほとんどです。なるべくナチュラルなものを食べるようにすると、体に優しく、そして病気のリスクを高めないことに繋がります。

今回のまとめ

毎日お酒を飲む習慣のある人は、週2日ほど休肝日を作るようにしましょう。
その際週5日続けて飲酒して2日連続で休むのではなく、2~3日飲んで1日休む、とすると尚良いです。

Category : 雑学/健康・ダイエット

カテゴリTOPへ戻る

TOPページへ戻る

マイクロダイエット公式

サニーヘルス公式オンラインショッピング

カテゴリー

雑学/
健康・ダイエット

ハロウィンといえばかぼちゃ!丸ごと食べて美肌や風邪予防に

掲載日:2018.10.19

雑学/美容

今からでも遅くない!O脚を直して美脚&脚長に

掲載日:2017.02.06

ニュース

マイクロダイエットリゾット&パスタシリーズニューアル

掲載日:2013.12.16


人気記事ランキング

  1. ヨーグルトは夜がオススメ!夜ヨーグ

    ヨーグルトには乳酸菌などの善玉菌がたっぷり含まれています。 善玉菌の働きは、悪玉

  2. 女優やモデルも「白湯」の虜に!飲む

    白湯(さゆ)というと、赤ちゃんや体の弱っている人が飲むものというイメージがあるの

  3. 「もち麦」がメタボに有効と話題に!

    「もち麦」のダイエットバワーが今注目を集めています。 もち麦とは大麦の一種で、米

  4. 食事代わりにお菓子を食べている人は

    やせたい。でもお菓子やスイーツがどうしても食べたい...じゃあ、いっそのこと食事

  5. 低糖質・高タンパクの煮干しダイエッ

    カタクチイワシなどの小魚を煮て干す工程を経て作られる、煮干し。 出汁用やおつまみ

人気記事ランキング

  1. ダイエット中に太らないアイスの選び

    アイスの美味しい季節となってまいりました! でも冷たくて甘いアイスには、多量の砂

  2. 太るサラダとダイエット向きサラダ 

    美容や健康、ダイエットなどのために、積極的にサラダを食べる人は多いと思いますが、

  3. 生食すれば医者いらず!大根おろしの

    昔から「大根おろしに医者いらず」という言葉があるように、大根おろしは様々な面から

  4. 「固太り」ってどうしたらいいの?原

    これらの項目に当てはまる人は、「固太り」をしているかもしれません。 ・太っていて

  5. 冬が旬の根菜類には体を温める作用が

    食品には体を温めるもの・冷やすものがあります。 体を温めてくれる食品は、にんじん

  1. 栄養なんてある?と思われがちな「ジ
  2. 体脂肪を燃焼させる!?「ケトン体ダ
  3. 野菜ジュースを飲めば、野菜を食べる
  4. 体に良い油・悪い油、種類を知ってキ
  5. パスタの太りにくい食べ方
  6. バターとマーガリンどっちを選ぶべき
  7. 1日10分で脂肪燃焼!なわとびダイ
  8. ダイエットに使い分けたい「水溶性食
  9. お肌のお手入れ摂るならどっち?!
  10. ハロウィンといえばかぼちゃ!丸ごと


サニーヘルス公式オンラインショッピング

サニーヘルス 口コミ・レビュー

みんなの体験談

画像で記事を探す









カロリーセーブスーパー公式サイトはこちら

ダイエット体験談



[PR]

話題のダイエット方法ならe-dietnavi「イーダイエットナビ」

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

SSL グローバルサインのサイトシール

(C) Copyright 2018 Sunny Health. All Rights Reserved.